琵琶湖線架線断線事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

琵琶湖線架線断線事故(びわこせんかせんだんせんじこ)は、2017年(平成29年)7月26日に発生した鉄道事故である。

22時32分頃、滋賀県大津市JR西日本琵琶湖線瀬田駅 - 石山駅間で、下り外側線の架線が断線し火花・小爆発の現象が発生した[1]。その付近を走行中の播州赤穂発野洲行き新快速電車(223系2000番台225系100番台12両編成、石山駅22時30分発・南草津駅22時33分着)の運転士が現場を発見し、非常ブレーキを扱うも間に合わず、パンタグラフや屋上機器などを破損しながら進入し、瀬田駅構内で停止した。列車の乗客約300人にケガは無く、列車は自走が出来ないと判断されたため全員が瀬田駅ホームに降車した。このため、米原駅 - 山科駅間の上下線で終日運転を見合わせ、乗客約62,000人に影響が出た[2]。架線や列車の復旧は当日までには処理できず、翌日の7時頃に復旧作業が終了し7時24分に運転を再開した。事故当該列車は事故翌日に、後続の列車に救援され20両編成となって13時頃に網干総合車両所宮原支所野洲派出所へと回送された。調査の結果、エアセクション区間において2組の吊架線の間を導電性の物体がまたぐように介在し、吊架線の相互を短絡し電流が流れ、不完全接触により吊架線が断線したと推定されている[3]

脚注[編集]

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故