東海道本線踏切衝突脱線事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東海道本線踏切衝突脱線事故(とうかいどうほんせんふみきりしょうとつだっせんじこ)は、2017年(平成29年)3月2日に発生した鉄道事故である。

経過[編集]

2017年(平成29年)3月2日6時55分頃、愛知県安城市JR東海東海道本線小薮踏切(西岡崎-安城駅間)で豊橋岐阜行き普通列車(313系5000番台Y102編成)と踏切に侵入していた乗用車が衝突して先頭車両が脱線し、乗用車が衝突の弾みで近くの電柱にぶつかって大破炎上した。この事故で乗用車を運転していた男性が多発性外傷即死した。列車には乗員、乗客約280名が乗車していたが、このうち乗客数人が体調不良を訴え、うち3名が病院に搬送された[1][2]。事故の影響により上下線で13時間運転を見合わせ、計123本が運休した[3]。死亡した男性は愛知県警保安課に勤務する43歳の警部補と判明。警部補は1月に個人的なトラブルで指導処分を受けており、これを苦に自殺を図ったものと見られている[4][5]

この事故の影響により、Y102編成は長期の運用離脱を余儀なくされ、この結果車両不足となった。このため、神領車両区から313系1100番台B6編成を転入する措置がとられた。

脚注[編集]

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故