帝都高速度交通営団

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帝都高速度交通営団(ていとこうそくどこうつうえいだん)は、1941年から2004年まで存在していた、鉄道を運営する団体である。日本国政府および東京都が出資していた特殊法人

Wikipedia-logo.pngウィキペディア帝都高速度交通営団の項目があります。

概要[編集]

今の東京地下鉄(東京メトロ)の前身。資産、車両等は現在の東京地下鉄に継承された。日露戦争中に国家による統制管理のために設置された経営財団(営団)の一つである。「営団」は地下鉄以外にも住宅営団や農地開発営団も実在していた。東京地下鉄道東京高速鉄道の運営を統合するために公共事業体として発足した。戦後GHQからの指導により、帝都高速度交通営団を除く営団は解散、一部は公団へ移行した。

民営化[編集]

21世紀に入ってから小泉内閣による「特殊法人改革の一環」として、2004年4月1日、運営が変わり、経営が東京地下鉄へと移行し、帝都高速度交通営団は解散となった。従業員、社屋、駅、車両、施設は東京地下鉄にそのまま引き継がれた。

路線[編集]

関連項目[編集]