甘木鉄道列車脱線事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甘木鉄道列車脱線事故(あまぎてつどうれっしゃだっせんじこ)は、2014年(平成26年)3月16日に発生した鉄道事故である。

午前9時16分頃、甘木鉄道西太刀洗駅前の踏切において、甘木基山行きの列車(AR300形1両編成)が踏切内に侵入してきた2tトラックと衝突した。列車は前輪が脱線し、トラックも大破した。この事故で列車の乗客5名とトラックの運転手1名の合わせて6名が重軽傷(列車の乗客5名が軽傷、トラックの運転手が重傷)を負った。列車の運転士や列車待ちをしていた人によるとトラックは遮断機の降りた踏切に侵入してきたという。列車の運転士は侵入してきたトラックに気付き、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。この影響で甘木鉄道はほぼ一日運転を見合わせた[1]

なお、この事故で被害を受けた車両は運用を離脱し、およそ半年後に運用復帰した。

脚注[編集]

  1. “保冷車と衝突、甘木鉄道脱線 福岡、一時不通”. 朝日新聞(西部朝刊) (朝日新聞社): p. 39(社会). (2014年3月17日 
鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故