相鉄本線天王町踏切事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相鉄本線天王町踏切事故(そうてつほんせんてんのうちょうふみきりじこ)は、2005年(平成17年)4月27日に発生した鉄道事故である。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区相鉄本線天王町 - 星川間にある天王町1号踏切(警報機・遮断機付き)で、横浜二俣川行きの下り普通列車(7000系、8両編成)が踏切内を通過中に、軽自動車が下りていた遮断機を越えて進入、先頭から4両目の側面に衝突し軽自動車が大破した。

この事故で軽自動車を運転していた70代の男が重傷を負った。乗員乗客には死傷者なし[1]

先頭から2 - 4両目の7000系3両が廃車、車両が不足したため、運用から外れ休止扱いで唯一残っていた5000系1編成を整備した後に運用に復帰した。

脚注[編集]

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故