京浜東北線蕨駅ホーム転落事故

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京浜東北線蕨駅ホーム転落事故(けいひんとうほくせんわらびえきホームてんらくじこ)は、2017年(平成29年)1月14日に発生した鉄道事故である。

7時10分頃、埼玉県蕨市京浜東北線蕨駅ホームから、盲導犬を連れた全盲の男性がホームから転落し、入線してきた大宮大船行の南行電車の側面に接触。男性は全身打撲で同日正午過ぎに死亡確認。盲導犬は無事だった模様である。同駅では平日ダイヤではホーム上に駅員4名を配置しているが、同日は休日ダイヤであったため配置していなかった[1][2]。2020年現在、蕨駅にはホームドアが設置されている。

脚注[編集]

鉄道での事件・事故
新今宮駅突き落とし事件 - 近鉄大阪線河内国分駅ホーム転落事故 - 大邱地下鉄放火事件 - ルーヴェン列車脱線事故
甘木鉄道列車脱線事故 - 地下鉄サリン事件 - 東海道新幹線焼身自殺事件 - 相鉄本線天王町踏切事故
京急本線八丁畷駅前踏切人身事故 - 京浜東北線蕨駅ホーム転落事故 - 山陽本線作業員触車事故
JR福知山線脱線事故 - しなの鉄道線踏切衝突事故 - 上海列車事故 - 流鉄流山線踏切事故
常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故 - 東海道本線踏切衝突脱線事故 - 銀座線青山一丁目駅ホーム転落事故
琵琶湖線架線断線事故 - ケイシーアムトラック衝突事故