警察庁

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア警察庁の項目があります。

警察庁(けいさつちょう)とは、日本国の警察機関である。警視庁と警察庁は対等のように思われているが、実際には警視庁は警察庁の下部組織である。昭和29年(1954年)に設立された。構成人数はおよそ7500人。トップは警察庁長官。身分は国家公務員である。

警察庁の役割[編集]

  • 都道府県警への指揮・監督。
  • 警察行政の策定・法案の提出。
  • 警察官の教育制度の整備。
  • 統計資料の作成。

警察庁と警視庁[編集]

警視庁の人間は警察庁に対して対等の意識を持っている。これは警視庁の前身である東京警視庁が明治7年(1874年)設立と、警察庁に先駆けること80年に上り、さらに様々な事項が絡み合っているためである。また、警視庁は要人警護なども役割としているため、対等意識が非常に強い。

また、警察庁が暴走しないようにお目付け役として国家公安委員会が存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]