黄色

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黄色のミヤコ様
黄色の看板の店(ラーメン二郎)

黄色(きいろ、英:yellow)とは、こんな色のこと。色の三原色(印刷インク)の一つであり、暖色の一つでもある。ヒマワリの花弁や熟したレモンの実などの色。RGBで表すと中間色に当たる色。有彩色の中で光の明るさ(輝度、brightness、luminance)が一番高く、膨張色で、暗いところでも人目を引きやすい色である。と組み合わせると配色としてよく目立つ色になる。色のイメージとしては、光、明るい、陽気、輝かしい、元気、派手、安値、注意、警告、温かさ、華やか、庶民的など。黄色の文字の由来は、くさかんむりではなく、先端で火が燃える火矢の形を描いたものからなる。

単独で、色を付けずに「黄」だけだと、ふりがなが1文字なので色を表していることが分かりにくく、色の見分けが付かないので、単独で表記・発音するときは「黄色」と表記する。ただし、複合語などの形態素では、「色」を付けずに「黄」と表記する場合も多い。


黄色の配色について

白地に黄色い文字で書くとわかりにくく、色の見分けがはっきりしない。

  • '''<span style="color:#FFF000">文字色は黄色</span>'''文字色は黄色と表示される


黒地に黄色い字、黒文字に黄色の背景色ならわかりやすく、色の見分けがはっきりしている。例:文字色は黄色背景色は黄色

JIS慣用色名における黄色

黄色(JIS慣用色名)…*RGB:255,217,0 *16進表記(カラーコード):#FFD900 *マンセル値:5Y 8/14

イエロー(JIS慣用色名)…*RGB:255,220,0 *16進表記(カラーコード):#FFDC00 *マンセル値:5Y 8.5/14

JIS慣用色名の黄色は、実際には山吹色黄色の中間ぐらいである。

Webcolorにおける黄色

黄色(Webcolor)…*RGB:255,255,0 *16進表記:#FFFF00 *マンセル値:8Y(?)

Webcolorの黄色(#FFFF00)は、光の三原色に基づいた黄色のことで、日常的に連想される色よりは光の明るさを持った黄色、全く赤みがからない輝かしい黄色で、固有色名で表すとレモン色みたいな色をしている。見た目としては確かに「わずかにみの黄色」である。簡単にいえば明るい黄色。光の三原色RGBの比率を1:1:0の割合で混合した色に該当する。やや薄く見えるため、派手さ・目立ちやすさが少しでも欠けていて、黄色系統の表現力が落ちている。山吹色には近くない気がする。

単に黄色だけだと、色合いが微妙に違うものが存在するので、山吹色っぽくなったり、レモン色っぽくなったり、いろんな黄色があるので紛らわしい気がする。つまり、黄色のさまざまな色合いであり、「この色この色この色」などといった、山吹色に近い色〜レモン色まであるものを含むような様々な色合いのばらつきがある。黄色に全く赤みがかっていない色とは、一般に、レモン色っぽい黄色のことである。ブライトイエロー、明るい黄色である。赤みが加われば、山吹色(黄金色)オレンジ色になる。

物体色としての黄色[編集]

プリンターのイエローインクの液体の色は理想的なイエローではなく、濃いオレンジ色=赤みがかった黄色をしている。イエローインクが濃いオレンジ色で、液体の上に広げたときに、濃い段階で少しみがかった黄色(黄橙色)になるのは、薄く伸ばした段階でも、黄色がほとんど薄くならないようにするためである。もし、赤みを帯びない黄色だったら、レモン色より更に薄くなってしまい、膨張して、黄色が出せないからである。食用色素の黄色の粉も同様、オレンジ色をしている。

液体がオレンジ色ではなく純粋な黄色=真っ黄色であるなら、かき氷用のレモンシロップがある。

蛍光色の黄色[編集]

ネオンイエロー、fluorescent yellowと呼ばれる。ネオンカラーと呼ばれる歓楽街の店の入り口のネオンサインの黄色のような蛍光色で、通常の黄色よりは緑みが強い。レモン色よりも更に緑みが強く、明るい黄緑に近い色をしているため、派手さが落ちている。こんな色である。マンセル値は、「明るい黄緑」「色相=2GY」である。

関連項目[編集]