名古屋市営地下鉄300形電車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名古屋市営地下鉄300形電車とは、1967年に登場した、東山線で運用されていた電車である。

概要[編集]

1967年の東山線東山公園駅星ヶ丘駅間開業と同時に運行が開始され、1975年までに計6両編成19本(300形38両、800形76両の計114両)が製造された。

後年になり、自動放送が導入された。

車体は名古屋市営地下鉄1000形電車を元にしているが、行先表示は1000形で採用された幕式ではなく、100形から続く系統板を採用していた。

2000年(平成12年)4月11日に全車が5050形に置き換えられて、廃形式となった。

800形[編集]

300形の中間車となる。電動中間車。

譲渡[編集]

関連項目[編集]