電空物語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電空物語』(でんくうものがたり)は、2020年令和2年)4月6日からNHK教育テレビジョンの子供向けバラエティ番組『天才てれびくんhello,』で放送された2020年(令和2年)度からの年間設定である「電空」を舞台にした同番組のドラマコーナーである[1][2]。『天才てれびくんhello,』のドラマコーナーのシリーズタイトルに相当するロゴはなく、番組説明のみ使用されている。2020年度と2021年度は月曜 - 水曜の冒頭(第67回 - 第75回は「電空リサーチ」放送後の中盤)の1話7分(最終話を除く)。2022年度は1話10分で月曜のオープニングトーク終了後に放送。

概要[編集]

2020年度と2021年度は『天才てれびくんhello,』の月曜日から水曜日の序盤に放送[1]。1話7分。また、ストーリーのあらすじやサブタイトル内ではてれび戦士の名前は漢字表記があっても片仮名表記に統一されている。

2022年度は月曜の冒頭に放送。1話10分から10分30秒[注 1]

ストーリーのあらすじやサブタイトル内では電キャおよび雷キャ所有者の表記が氏名どちらか(ギュナイ滝美は姓、他のてれび戦士は名)のカタカナに統一され、この表記はオープニングテーマ(2022年度のみ)、エンディングテーマ、木曜生放送でも使用される。「てれび戦士」全員に該当するほか、そのまは第25回、萌衣は第95回から使用されている。

時代設定は「ちょっと先の未来」であるが[1]、第13回における現在は「2020年」である。

第13回から第18回までは新型コロナウイルス対策により、テレビ電話にCGを合成した映像構成となっている。

Let's』『YOU』と比べて他の番組コーナーとの関係性が薄くなったが、第79回(2021年2月15日)以降、あどミンとみやぞんの出演コーナーがドラマの展開に合わせて変更になっている[注 2]。また、第85回では「電空リサーチ」の一部回の映像が使用された。

第109回ではドラマに繋げる形でてれび戦士2021の楽曲「また明日」が番組テーマ第2弾として初披露され、これ以降は毎週火曜日のエンディング曲として放映されている[3][4]

なお、放送当日のゲームコーナーは休止し、「ソニアのおたより紹介コーナー」に差し替える形で時間調整した。

あらすじ[編集]

2020年度[編集]

ちょっと先の未来。子供達だけが入れる仮想空間「電空」が壊れ、ログインできなくなってしまう。秘密基地「かくれガレージ」に集結した13人のてれび戦士がエンジ(エンジニア)のみやぞんと「電空」を取り戻すために奮闘する[1]

2021年度[編集]

消えたはずの子どもたちの楽園「電空」が復活した。電キャんぷベースに集められたてれび戦士達が、みやぞんエンジとともに電空の謎を解き明かす。

2022年度[編集]

電キャんぷベースに集められたてれび戦士達が、エネルギー源のタマ電Qを集めて電空を守るため、てれび戦士と電キャ・雷キャが活躍する。

ストーリーの構成[編集]

ドラマ冒頭の「これまでのあらすじ」は主役のてれび戦士(第141回のみ礼の電キャ)がナレーションを担当する。フウカが主役の回の時は演者の江原風花はてれび戦士を務めていないので、実際にてれび戦士を務めている者がナレーションを担当する。なお、以下の区分は全て便宜上のもの。

2020年度[編集]

「ユウマ編」は電空の謎に迫るメインストーリー。2学期以降はそのまが準主役となるが「これまでのあらすじ」は悠真が担当している。重要回は『hello,』メイン構成の佐藤大が脚本を兼任する。

「デンリキ回収編」は悠真とそのま以外のてれび戦士1名を主役にしたストーリー。主役てれび戦士のデンリキの発現からあどミンによる回収までを1週3話で描く。

再放送の「一気見」は1日の放送で1週3話分を連続放送する。「ユウマ編」は初回放送順に編成されるが、「デンリキ回収編」は初回放送と異なる順番で編成されることがある。

2021年度[編集]

「電キャ,レベルアップ編」は主役のてれび戦士があどミンからデンリキを与えられ、自身の電キャにデンリキを吸収されるまでを1週3話で描く。「電キャの目覚め編」は主役のてれび戦士とレベルアップを果たし話せるようになった自身の電キャの交流を1週3話で描く。「フウカと雷キャ編」はてれび戦士ではない準レギュラーのフウカと雷キャとの出会いを描く。

2022年度[編集]

「タマ電Q編」は序盤はてれび戦士とてれび騎士のタマ電Q争奪戦だったが、後にてれび騎士がてれび戦士に加入したためてれび戦士とくろミン、ライデェン、モモチーとのタマ電Q争奪戦とフウカを守る事に転換し2話完結で描く。

登場人物[編集]

電空関係者[編集]

みやぞの博士(みやぞのはかせ)
演 - みやぞん
本名は宮園博士ひろし。第51回で初登場時は写真。本格的な初登場は第81回。
DOSの基礎データをプログラムした人物であり、電空の開発者であどミンの生みの親でもある。そのまの父親。桜川の友人。みやぞんエンジは彼の電キャ。
名前の由来は演じたみやぞんの本名「宮園大耕」から。
桜川春一郎(さくらがわ しゅんいちろう)
演 - 前田公輝
初登場は第49回。電空の研究者。「ダンス・オブ・スカイ」(DOS)の開発者。みやぞの博士と同じ会社で働いていた。
ロン・モンロウ
演 - ロン・モンロウ
電空の大企業「モンロウ重工」のCEO。「電空コロシアム」の主催者である。口癖は「論より証拠」「論より実践」。

かくれガレージ・電キャんぷベース所有者[編集]

みやぞんエンジ
演 - みやぞん
電空のエンジ。みやぞの博士の電キャ。かくれガレージの所有者で、様々なアイテムを製作する発明家でもある。相手のことはさん付けで呼び、常に敬語で話す。

電空のAI[編集]

あどミン

詳細は「あどミン」を参照

てれび戦士[編集]

本作では「電空が壊れた際に飛び散ったエネルギーが宿り、デンリキを使えるようになった少年少女たち」と位置付けられている[1]。基本的に「デンリキ・〇〇」というコードを唱えると左手の甲に「電」の文字が浮かび上がり発動するが、無意識に発動する場合もある。

生・ゆら・芹奈・ギュナイは2018年度から、礼は2019年度から継続出演。また、2020年度で卒業した生・ゆら・理音の3人は「デンリキ回収編」ラスト3週(2021年1月)の主演を務めた。

本作ではてれび戦士のストーリー連動による加入が行われている。

てれび戦士名については梅田芹奈、マウスソニア以外は芸名をそのまま使用している。

※公式サイトの掲載順に基づく[5][6]

てれび戦士の電キャについては「電キャ」を参照

YOU時代から続投[編集]

冨士原生(ふじはら いく)〈中学2年生〉
通称はイク
2020年度に出演。
いつもモテたいと思っているが、周囲の女子からは全くモテない。また、大の小心者でもある。
使用するデンリキは「チャランピッカリンコ!」、「ガチャガラポン」。
デンリキ発動時のポーズはステップを踏みながら両腕を振ったあと、右手を膝に当て、左手を顔の前に置く。
佐々木ゆら(ささき ゆら)〈中学2年生〉→〈中学3年生〉
通称はユラ
2020年度に出演。
ドラムが特技。相手に気を遣うあまり疲れてしまうこともしばしば。
使用するデンリキは「カオカオスッポカン」、「デルデロダッシュ」。
デンリキ発動時のポーズは体の右側で腕を振ったあと、右手を横に、右手を前に伸ばし、左肘と左膝を曲げる。
梅田芹奈(うめだ せりな)〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
演 - 芹奈
通称はセリナ
2021年度まで出演。
帰国子女。実家は500年以上も続く忍者の家系「梅田流忍術」の末裔。才能はあるのだがそれをひけらかし、練習をサボろうとすることもしばしば。読書は嫌い。
使用するデンリキは「ブンシンダブルーン」、「ヒョイットヒョウイーン」。
デンリキ発動時のポーズは両腕を腰の横で動かしたあと、右手を頭の上に、左手を顔の前に置き、腰を捻り右足を少し曲げる。
ギュナイ滝美(ぎゅない らあら)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
通称はギュナイ
ピンク色が大好きで、小学校では「最新トレンド流行クラブ」の部長を務めている。中学校では「映画を作る部」に所属。
使用するデンリキは「ガーリー⤴︎⤴︎ピピピンク」、「デリシリトリヨッセン」、「ヘンシュウデワンスモア」。
デンリキ発動時のポーズは両腕を大きく回し、両手を体の前に突き出しつつ広げる。
筧礼(かけひ れい)〈小学5年生〉→〈小学6年生〉→〈中学1年生〉
通称はレイ
母親はニューヨークに単身赴任中。一人称は「礼」。
使用するデンリキは「メクルメク・メクール」、「ダレッポイント」、「ユキーツモ モドリーツ」。
デンリキ発動時のポーズは両手を顔の横で振ったあと、左足を上げて両手を体の右側に突き出す。

2020年度に新規加入[編集]

溝口元太(みぞぐち げんた)〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
通称はゲンタ
悠真とは仲がよく、一緒に行動することも多い。絵を描くのが好きで、学校では漫画部に所属している。
使用するデンリキは「スラスララクショウ」、「イッツショウワタイム」。
デンリキ発動時のポーズはジャンプしたあと、前傾姿勢になり足を広げ、右手を前に、左手を後ろに伸ばす。
阿比留照太(あびる しょうた)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
通称はショウタ
神戸出身のため、理音と同じく関西弁で喋る。自作のネズミの折り紙「ネズ太郎」と腹話術の要領でよく会話している。
使用するデンリキは「ドッゲラカーン」、「スッポリスンポール」、「ドッケラビーム」。
デンリキ発動時のポーズは四股を踏むような動作の後、両足を大きく広げ両腕を体の前側に突き出す。
坂上悠真(さかがみ ゆうま)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
通称はユウマ
本作のストーリーの実質的な主人公。ダジャレや宇宙、都市伝説が大好き。オカルト雑誌『月刊モー』を愛読している。頼りない。妹の風花には見下され、こき使われている。
使用するデンリキは「ヒャックリカエル」、「チョキチョキチョッキング」、「ツルツル ツール」。
デンリキ発動時のポーズは眼鏡を押さえながら後ろを向き、再び正面を見ながら左手で前方を指差す。
マウスソニア(マウス ソニア)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉→〈中学2年生〉
演 - ソニア
通称はソニア
人助けが大好きな心優しい性格。
使用するデンリキは「ヒソヒソヒアリング」、「スーハーストップルン」。
デンリキ発動時のポーズはしゃがんだあと、右腕を斜め上に出し、左手を顔の横に持っていき、脚を広げる。この時指は薬指と小指を曲げる。
稲毛眞生(いなげ まうな)〈小学5年生〉→〈小学6年生〉→〈中学1年生〉
通称はマウナ
ダンスが好きだが、周囲からはいじめられていたためやめようと考えていた。
使用するデンリキは「グルグルーブ」、「シモシモカメーヨ」、「パラレルレルパー」、「サトリンパッカーン」。
デンリキ発動時のポーズは右手を大きく回し、顔の前で止め、足を広げて両腕を斜め下に広げる。
大谷紅緒(おおたに べにお)〈小学5年生〉→〈小学6年生〉→〈中学1年生〉
通称はベニオ
黒縁メガネをかけている。父親譲りの非常にのんびりとした性格。
使用するデンリキは「マッハァハァ」、「ペラリンブックック」、「コピコピコピッぺ」。
デンリキ発動時のポーズはその場で一回転し、左手の人差し指を立て、体を左側に傾ける。
谷川理音(たにがわ りおん)〈小学5年生〉
通称はリオン
2020年度に出演。
大阪出身のため、照太と同じく関西弁で喋る。趣味は探偵小説を読むこと。
使用するデンリキは「テレテレポート」、「サイコグルメトリー」。
デンリキ発動時のポーズは右手人差し指を立て腕を振ったあと、右手で印を作り、左手を胸の前に持っていく。
松尾そのま(まつお そのま)〈小学4年生〉→〈小学5年生〉→〈小学6年生〉
通称はソノマ
初登場は第25回。風花のクラスに編入してきた女子児童。特技はあやとり。第54回でてれび戦士に加入。
使用するデンリキは「アヤ×2ツリングネットワーク」、「マイマイウーマ」。
デンリキ発動時のポーズは右手の平を前に出す。

2021年度に新規加入[編集]

勅使河原空(てしがわら そら)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉
通称はソラ
2021年度より登場。
DOSのトッププレイヤー・スカイハイ
使用するデンリキは「シュルシュルディスタンス」。
デンリキ発動時のポーズは抜刀するような動きをし、左腕を顔の後ろに、右腕を顔の前に構える(DOSでの攻撃時も空は前半と同じ動きをする)。
布施麻理亜(ふせ まりあ)〈小学6年生〉→〈中学1年生〉
通称はマリア
2021年度より登場。眞生とは同じ学校の同級生にあたる。
使用するデンリキは「キエルスケール」。
デンリキ発動時のポーズは左を向いて左手を出したあと、右腕を大きく回して両腕を顔の前で構え、左足を曲げる。
香月萌衣(かづき めい)〈小学4年生〉→〈小学5年生〉
通称はメイ
2021年度より登場。そのま、遥斗、風花の小学校の後輩で風花のことを「風花先輩」と呼ぶ。風花との仲は良いが、悠真を見下す風花とは対照的に悠真に対して好印象を持っており、その点に関して風花は半ば呆れている模様。戦国時代に詳しく、戦国武将に例えた喋り方をする。
使用するデンリキは「カードデダース」、「クルクルブショーン」。
デンリキ発動時のポーズは顔の横で手を振りながらその場で回り、両腕を上に広げる(この際電キャ・ぐり丸は髪飾りを手に持っている)。

2022年度に新規加入[編集]

くろミン・ライデェンに騙され、初期名義はてれび騎士だった。てれび戦士のことを「電空を脅かす邪悪な敵」だと思い込んでいた。くろミンが風花の雷キャ・モモチーを手先にした事を理由に捨てられ、自分達が電空に危害を及ぼしていた事実を知らされた後、正式にてれび戦士として加入。

2022年度に新規加入したてれび戦士の雷キャについては「雷キャ」を参照

大野遥斗(おおの はると)〈小学6年生〉
通称はハルト。初登場は第158回。そのまと風花の同級生でそのまと一緒に図書委員をしている男子児童。萌衣は学校の後輩にあたる。
丸山煌翔(まるやま てっしょう)〈小学6年生〉
通称はテッショウ。初登場は第168回。
盛武美音(もりたけ みお)〈小学6年生〉
通称はミオ。初登場は第168回。てれび騎士の中ではリーダー的存在。眼鏡をかけていて、常に敬語で話す。特技はハープの演奏。

敵キャラクター[編集]

2020年度の敵キャラクターは、暴走した電空のプログラムと関係者であった。

バックドアーズ
演 - NOPPO
デンリキのエネルギーを狙う謎の男。灰色の体のあちこちに四角いブロック(取り外しが可能で、そのまは「ブラックボックス」と呼ぶ)が付いたような外見。無言かつ無表情でパントマイムのような奇妙な動きを取る、数人に分身する、てれび戦士を追いかけ回すが気付かれると物陰に隠れる、などといった謎が多い。
視界を塞がれると動けなくなるらしい。
電空の管理プログラムの一部であり、電空管理部の監視プログラム管轄の電キャであり、デンリキを使うてれび戦士の監視。
名前の由来はコンピュータセキュリティの用語で「侵入口」の英語「バックドア」。
演じるNOPPOはパントマイムが得意だとしている[7]
巨大バグ
第52回から第54回までに登場。現実世界に侵食してきた電空のバグ。電空内に浮かぶバグは困り顔なのに対し、こちらは凶悪な表情をしている。デンリキの電流に弱い。
電空のハカイシャ(でんくうのハカイシャ)
演 - kekke / みやぞん(第79回・第81回)、声 - 徳石勝大
初登場は第64回。てれび戦士達やかくれガレージを執拗に攻撃する謎の男。黒い衣装を身にまとい、側面に黒い角が2本ついた赤い仮面を身に付けたような外見。指が4本ある右手の手のひらから黒いキューブを放つことで現実世界を黒く侵食させる攻撃を行う。てれび戦士のスマホから発された電波を辿りどこからともなく彼らの前に出現する。正体はみやぞの博士。
なお、「電空の破壊者」という漢字表記は誤りである。
電空のハカイシャの仮面(でんくうのハカイシャのかめん)
声 - 徳石勝大
第67回から第69回までに登場。てれび戦士を洗脳する謎の仮面。てれび戦士らが気付くと彼らの手の中にあり、自身を被るように仕向けながら手を顔の前に持っていかせる。被ってしまうと消滅した。
くろミン

詳細は「くろミン」を参照

クリプトオンズ
演 - NOPPO
2021年度より登場。雷キャ。バックドアーズに酷似しているが、こちらは差し色が黄色になっていて身体中にギリシャ文字が書かれているほか、ブラックボックスの形状も尖っている。電空に発生した新たなプログラムであり、拍手することで人や物を隠すことができ、その能力を使っててれび戦士、あどミン、風花を拐った。
名前の由来は「暗号」を意味するクリプト(crypto)から。
ライデェン

詳細は「ライデェン」を参照

準レギュラー[編集]

坂上風花(さかがみ ふうか)[注 3]〈小学4年生〉→〈小学5年生〉→〈小学6年生〉
演 - 江原風花[11]
通称はフウカ(第128回より使用)[8][9]
悠真の妹[11]。そのま、萌衣、遥斗と同じ学校に通う[8][12]。そのまと萌衣とは親友。第1回に初登場[11]。兄とは違い宇宙に興味はない。洋菓子店「カゲヤマ亭」の個数限定商品「ジュエルシュー」を食べたがっていて、悠真に買いに行かせている(しかし、毎回てれび戦士に先に食べられてしまう)。オセロの腕は強く、毎回兄を負かしている。このように悠真を格下扱いするような言動と行動が目立っている。
2020年度版では転入生のそのまとクラスメートになり親友になる[13][8][1]。あやとりも苦手なようでそのまに教わっていた[1]。電空の再起動により彼女もまた電空に夢中になり、あどミンの経験データの提供元の1人として利用されていた。電空消滅によりネット依存からは解放された。
2021年度版ではいじけながらDOSの大会を練習をしていたところ、電印に似た謎のマーク(雷印)が左手に出現しライリキに目覚めてしまう。ライリキ・クリアルウォールの威力によりライリキ、クリプトオンズに拐われた事、雷キャ・モモチーとライデェンに監禁された事の記憶も失ってしまう。
演じる江原はてれび戦士を務めてはいないが、てれび戦士の阿比留照太、松尾そのま、香月萌衣と親交があり、演者名で『天才てれびくんhello,』の特別企画「三陸 魅力さがし鉄道の旅!」(2021年度)ではそのまと萌衣と、「古墳にコーフン! レッツ墳活!!」では照太と萌衣と、それぞれ共演している[14][15][16]

坂上風花の雷キャについては「雷キャ」を参照

ゲストキャラクター[編集]

ユウマ編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

茂木淳一
第51回に初登場。「ダンス・オブ・スカイ(DOS)」の大会の実況者。桜川と大会の実況を務める。
DOSのゲーム内音声実況も担当している。
古代文明(こだいふみあき)
演 - マツモトクラブ
月刊「モー」の男性編集長。悠真の名前が「UMA」(Unidentified Mysterious Animalの略で、未確認生物を指す)に通じることに気づき、彼と意気投合する。

ギュナイ編[編集]

佐々木信一(ささき しんいち)
演 - 浅川琉生
ギュナイと同じクラスの男子児童で、周囲には「佐々木くん」と呼ばれている。「最新流行トレンドクラブ」のメンバー。受験勉強に勤しんでいる。好きな色はピンク。
ギュナイの担任
演 - 熊木翔
信一の母によるクレーム対応に追われる。
ギュナイの同級生
演 - 石井心咲咲希松藤史恩
ギュナイが部長を務める「最新流行トレンドクラブ」のメンバー。
信一の母
演 - 並木愛枝
いわゆる教育ママ。息子とは対照的に白黒の物が好き。最終的に息子の好みを理解する。
大橋(おおはし)
ギュナイの同級生の男子。
用務員
演 - 和田まんじゅう(ネルソンズ
ギュナイの学校の用務員。
遠藤先生
演 - もう中学生
ギュナイの中学校で「映画を作る部」(読みは「えいがをつくる」)の顧問をしている男性教員。ギュナイと詩子に映写機で8ミリフィルムと昔の映画の編集のやり方を教えた。
館山(演:古舘緩樹)
「映画を作る部」の部長。ギュナイと詩子にパソコンを使った映画の編集のやり方を教えた。
桜庭
演 - 坂井心
「映画を作る部」の副部長。眼鏡をかけている。
足立詩子
演 - 松尾瑠莉
ギュナイと共に「映画を作る部」に入部した女子生徒。忍者映画を作るのが夢。

マウナ編[編集]

眞生の母
演 - 饗場詩野[注 4]
眞生の担任
演 - 吉岡睦雄
眞生にダンスの大会を紹介する。
眞生の同級生
演 - 川村瑠泉高木龍之介内山そうた
赤い服の男子、大柄な青い服の男子、眼鏡をかけた黄色い服の男子の3人組。眞生をいじめていたが、それをやめたのか、ダンスをする眞生を遠くから見守っていた。
絵を描いていたクラスメイト
名前は不明。中盤からはいじめっ子3人組のいじめの標的にされてしまう。終始絵を描くのに集中し続けていたため、劇中では眞生のデンリキが唯一効かなかった。
声 - 諏訪結衣
眞生が幼い頃から飼っているペット。名前は付けていない。餌を食べなくなった矢先、眞生のデンリキで話すことができるようになる。過去にタイムスリップした眞生に「生命の泉」へと連れていってもらい、泉の中へと消えていった。その後眞生が目覚めた際には小亀となっていた。
動物病院の院長
演 - 寺十吾
借金取りに追われているらしく、眞生が亀を連れて訪ねてきた際には居留守を使っていた。
公園にいた男性
演 - 本多晋
眞生に泉の所在について訊ねられた。
スーパーの女性
演 - 高橋佳代
公園にいた男性の知り合い。
眞生A、悠真A、ソニアA、そのまA、みやぞんA、あどミンA
付け髭を付け語尾が「〜でござる」の世界の住人。この世界ではソニアAのマンモスは眞生Aには壊されていない。悠真Aは眞生にパラレルワールドについて教えた。
眞生B、悠真B、ソニアB、そのまB、みやぞんB
動物のカチューシャを付け語尾がその人の名前になっている世界の住人。この世界で眞生Bが壊したマンモスの持ち主はそのまBである。逐一語尾に名前をつけて喋るため眞生からはうるさがられた。その後ソニアBは眞生に酢昆布を与えたが、「あどミンの好物」と眞生が言った際には何のことか分かっていない素振りを見せたため、この世界にあどミンは存在しない。
悠真C、ソニアC、そのまC
眞生が最終的に辿り着いた世界で放映されている「天才てれびくんhello,」の出演者。この3人以外のてれび戦士メンバーは一般人である。公園を訪れた眞生にインタビューをした。
眞生C
てれび戦士ではなくパラレルワールドを研究している一般人。カラフルなゴムで髪を2つにまとめている。自身の研究が周囲に理解されず天涯孤独だった模様。ワープホールを元の世界に開けず一度は自棄を起こして眞生を突き放してしまうが、後にテレビ上で彼が言ったダジャレに笑う。その勢いでコーヒーをパソコンのキーボードにこぼしてしまったが、拭き取る時にキーに触れていたことで正しいワープホールを開くことができた。最終的に眞生と和解しお互いに別れを告げた。
芹奈C、紅緒C、照太C
てれび戦士ではなく一般人。「天才てれびくんhello,」を見ていた。
並行世界の男性
演 - NOPPO
「天才てれびくんhello,」がテレビ番組として放送されている並行世界の住人。眞生に「天才てれびくんhello,」の事を教えてあげたが、眞生は彼がクリプトオンズに見える幻覚に陥ってしまう。
中里萌
眞生の学校の理科教師。
伊藤和志
演 - 伊東一人
眞生の学校の体育教師。

レイ編[編集]

礼の母
演 - 小橋めぐみ
ニューヨークに単身赴任中でいつ帰国できるかもわからない状況のため、1日1回娘とビデオ通話をしている。
その後日本へ帰国。
2035年の礼
演 - 生越千晴
デンリキの使いすぎにより、25歳になってしまった礼。肉体は立派な大人だが中身は年相応で、一人称は「礼」のままである。未来では会社員。
後藤課長
演 -
2035年における礼の上司。タイムスリップした直後の礼に電話をかけ、遅刻を咎めた。しかしこの時の礼の精神は子供のままだったため面識はあるはずがなく、彼女からは「変な花のおじさん」と呼ばれた。
2035年のギュナイ
演 - 斎藤アリーナ
2035年のソニア
演 - メロディー・チューバック
ギュナイはシンガーソングライターとなっていて、礼からは「綺麗なお姉さんになってる」と評された。ソニアはモデルになり、現在と同じく会話に度々英語が混じる。
なおこの時代の流行なのか、2035年の人々は全員耳に草花のような装飾をつけている。
2035年の悠真
演 - 千葉一磨
大学で超心理学の研究をしているが、ダジャレ好きな面は今と変わらない。唯一礼の話を信じ、彼女を元の時代へ帰すために尽力する。毎日左手の甲に「電」の字を書き続けたため、2085年でも礼のことを覚えていた。
2085年の悠真
演 - 大槻修治
老人になった悠真。毎日左手の甲に「電」の字を書き続けたため、2085年でも礼のことを覚えていた。
礼の父
演 - 山本周平
自宅に隣接する酒屋で酒と煙草を売っている。
清水誠
演 - 土屋壮
礼が母に紹介された家庭教師の1人。
リコ
演 -
礼と同じダンス教室に通っていて、彼女とダンスの発表会のチームを組んでいるが、3人1組で出なければならないためあと1人を探している。礼にチョコレートを勧めた。最終的にサチとアンナのチームに引き抜かれてしまう。
サチ
演 -
アンナ
演 -
礼と同じダンス教室に通っている。礼のことをダンスが得意だとは思っておらず、リコをダンスチームに引き抜こうとしている。
後藤美佐子
演 - 安齊舞
礼が雇った2人目の家庭教師。勉強中の礼ではなく動画ばかり見ているなど、家庭教師としては問題がある人材だが性格は優しい。高校ではダンス部で部長を務めていた経験がある。
アイコ
演 -
マリン
演 -
礼と同じダンス教室に通っている。リコがサチとアンナのチームに移ってしまったところを見ていて、礼を自身のチームに誘った。
礼を低評価するサチやアンナとは異なり、失敗も受け入れ、出来た時は素直に褒めてくれる優しい性格。

ベニオ編[編集]

紅緒の父
演 - 高木三四郎
のんびりとした性格。得意料理はカレーライス。
紅緒の母
演 - 秋山恵
紅緒や彼女の父とは対照的に非常にせっかちで、何でもてきぱきとこなす。いつも紅緒が取り分ける前におかずを全て食べてしまう。
紅緒の姉
演 - 田口華
紅緒の母に似た性格。いつも紅緒が取り分ける前におかずを全て食べてしまう。
サトウ先生
演 - 岩井七世
紅緒の担任。
ヨシヒコ
演 -
紅緒のクラスメイト。
ドラマティック・ドリーム・タイムのリポーター
演 -
50mを2.8秒で走った紅緒の噂を聞きつけ、スクープを撮影するために彼女にベン・カールボルトとの試合を勧める。
ベン・カールボルト
演 -
50m走の世界最速記録保持者。紅緒と勝負することとなる。
名前の元ネタはベン・ジョンソンカール・ルイスウサイン・ボルト
ピーター・パン
演 - 髙橋郁哉
紅緒が入り込んだ本「ピーター・パン」の登場人物。
フック船長
演 - 吉田メタル
紅緒が入り込んだ本「ピーター・パン」の登場人物。
将軍様
演 - ぶう(えんそく
紅緒が入り込んだ本「一休さん」の登場人物。
紅緒の同級生
演 - 高木龍之介、森美理愛、築地ひより
紅緒の同級生達。高木が演じる同級生はランチョンマットを母親にプレゼントしようと考えていた。森が演じる同級生の名前はミキ。縄跳びが得意で、紅緒と共に行動している。
そろばん教室の教師
演 -
紅緒が通うそろばん教室の教師。クロスワードパズルにはまっている。紅緒は母の能力をコピッペして代わりに解いた。

イク編[編集]

高橋(たかはし)
演 -
生の友人である男子生徒。惚れっぽく思い込みの激しい生に呆れている。また、ビビりな生をよく背後からクラッカーで驚かせてからかう。
望月(もちづき)
演 -
生と同じ学校の男子生徒。周囲の女子にモテるため、生からは嫉妬されている。
園田(そのだ)
演 -
生と同じ学校の女子生徒。
松沢(まつざわ)
演 -
生と同じ学校の女子生徒。
生の母
演 -
生からは「マミー」と呼ばれている。
ダンサー
演 - 吉岡睦雄折笠慎也
公園でダンスをしていたところ、片方(吉岡)がデンリキを無意識に発動させた生と入れ替わった。入れ替わっていたことには気づかず、「俺が2人いる」と驚いていた。

ソノマ編[編集]

ドラゴンポット
演 - 吉野琉生森英汰羽田心結[17]
第51回に登場。「ダンス・オブ・スカイ」の決勝戦でゆら・悠真・そのまのチーム・アラスカを荒らすかと対戦した相手のダンスチーム[17]。ノンクレジット。
そのまの祖母
演 - 鈴木ひろみ
そのまのことは「ソノちゃん」と呼ぶ。魚の干物や煮物といった和食ばかり作っているため、彼女からは肉料理なども作ってほしいと思われている。ただそのまは祖母の気持ちを考えているのかその事について言及していないため、食事を食べようとしない彼女を心配している。道場との直接対決を控えたそのまに肉じゃがの作り方を教えた。
道場
演 - 梅垣然太
SNSで評判の天才料理少年。そのまの料理を酷評し、料理対決を持ちかける。
名前の元ネタは道場六三郎
猫本先生
演 - まりゑ
そのまと遥斗の学校の図書委員会の先生。猫が好きで、職員室のデスクには猫グッズを大量に置いている。
黒服の男たち
演 - 杉山ひこひこ、荒岡流星
スパイ風の服を着た、普通体型(杉山)と太り気味(荒岡)の男2人組。そのまと遥斗の学校に潜入し、そのまと遥斗をしつこく付け狙う。その正体はハロプラの運営責任者で、みやぞの博士に依頼されてハロプラに搭載された人工知能と同型のAIであるあどミンを探していた。

ソニア編[編集]

マイ
演 - 鈴木硫那
ソニアのクラスに在籍する女子児童。非常にクールな性格で、常に他の児童と話さず本ばかり読んでいる。
ショウ
演 - 入江環太
マイが想いを寄せる男子児童。しかし当の本人はマイに対して興味はなく、ソニアのことが好き。
ソニアの母
演 - 小川麻琴
登校しようとしているソニアに育てている夜顔が蕾をつけた事を報告した。その後ソニアの家についてきたラッキーをホームステイさせた。なお彼女もソニア同様流暢な英語を話せる。
ソニアの先輩
演 - 久住健斗辻晴仁
毎朝テニスコートでテニスをしている。久住が演じる先輩はソニアが恋心を抱いているが、ラッキーとの試合に負けただけで泣き出してしまうほどの泣き虫である。辻が演じる先輩はラッキーと久住の試合の審判をしていた。
ラッキー
演 - アナベル・メイ
ソニアがバス停で出会った、英語とドイツ語を話す女性。日本語は話せないようで、ソニア及びソニアの母とは英語で会話する。なお、「ラッキー」という名前はソニアの母がつけた名前で本名は不明。彼女がバス停のベンチで寝ていたところをソニアに目撃され、その直後「Verweile doch! Du bist so schön.」(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ作:ファウスト 第一部の一節。意味は「時よ止まれ、お前は美しい」)と叫んだため、ドイツ語が理解できるソニアに「デンリキが使える」と勘違いされた。
帰りの飛行機が飛ばなくなってしまったことからソニアの家にホームステイすることになる。その後、ソニアが寝落ちしている間に飛行機が動いたらしくさっさと帰ってしまった。その後、彼女がソニアに送ったと思われる絵手紙が確認できる。
SNS上で絶大な人気を誇るインフルエンサー。一人称は「アチキ」。

リオン編[編集]

片関聡子(かたぜき さとこ)
演 - 三坂知絵子
理音と元太が招待された山荘の管理人を務める女性。黒い衣装に身を包み、眼鏡を掛けている。一人称は「わたくし」。
林田保(はやしだ たもつ)
演 - 田中理来
山荘に招待された男子大学生。めぐみが消えた際、何故か彼女のことを「みゆき」と呼んだが、「元カノと間違えた」と主張した。
有沢めぐみ(ありさわ めぐみ)
演 - 鈴川琴音
山荘に招待されたモデルの女性。初対面の理音と元太のことを「かわいい」と称していた。
大河原耕造(おおかわら こうぞう)
演 - 荒川大三朗
山荘に招待された国会議員秘書の男性。めぐみに「おじさん」呼ばわりされた際には怒っていた。
芹奈の祖母
演 -
芹奈におはぎを作ってくれた女性。ただしデンリキを発動させた理音の頭に浮かんだ回想のみの登場。ノンクレジット。
「カゲヤマ亭」の店主(カゲヤマていのてんしゅ)
演 - 鈴木真之介
ユウマ編にも登場した「ジュエルシュー」で人気の洋菓子店「カゲヤマ亭」の店主。兄である「ビストロかげやま」の店主が失踪したため、理音に助けを求める。実は勘違いをしていただけだった。
「ビストロかげやま」の店主(ビストロかげやまのてんしゅ)
演 - 高橋英希
「カゲヤマ亭」の店主の兄。数日前から失踪していたが、実は彼女のミサトにプロポーズしていた際に腰を痛め入院していただけだった。
広川ミサト(ひろかわ ミサト)
演 - くれみわ
「ビストロかげやま」の店主の彼女。

セリナ編[編集]

芹奈の祖父
演 - 角田明彦
梅田流忍術教室の師範。すぐ調子に乗る割には修行に本腰を入れない孫に手を焼いている。
芹奈のダブル
演 - 矢野まなみ
芹奈がデンリキで召喚した分身。芹奈本人(及び視聴者)には芹奈のお面と全身緑色のタイツを身に付けた人物にしか見えないが、他人には芹奈そっくりに見えている。本人とは違い無口だが一応喋ることは可能で、声は非常に低く太い。芹奈に修行の代わりをさせられたり雑用を頼まれていたりしていたが、知らぬ間に自我を身に付け、芹奈本人に成り代わろうとしてしまう。手裏剣投げ対決本番では全ての的に手裏剣を当てたが、本気で練習をしてきた本物の芹奈を認め、言うことを聞くようになった。しかし本当に実力で勝ちたい芹奈と共に崩し将棋対決をすることになる。最終的に本物の芹奈に敗北し消滅した。
第85回では再び芹奈に呼び出され、一緒に手裏剣を投げてバックドアーズを退治した。
成島悠介(なるしま ゆうすけ)
演 - 矢部昌暉
芹奈の隣のクラスに赴任してきた教育実習生。サッカーが得意でイケメンのため、芹奈を含め女子生徒たちからは憧れの的になっている。実は教員になりたいわけではなく、大人になってしまったことに悩んでいて、まだ子供のままでいたいと思っている。そのためそれを知った芹奈はかなり驚いていた。
成島の部屋にやってきた女性
演 - 鎮西寿々歌
成島の家を訪れた女性。成島のことは「悠介」と呼んでいる。本名は不明だが、芹奈には成島の彼女だと認識されていた。現在就活中だが、中々内定が貰えず苦戦している模様(本人曰く、20社ほど面接を受けたが全て落ちているらしい)。彼女も成島と同様に子供時代を懐かしく思っていた。

ショウタ編[編集]

バク太郎
演 - 大水洋介
照太が出会った売れないお笑い芸人。照太のツッコミを気に入り、彼とコンビ「バクショウズ」を結成する。
ソト子と会話しているシーンでは津軽弁を使用していたが、大水は青森県出身(ソト子役の崎乃も同様)である。
飛長飛男
演 - 飛永翼
テレビ番組「爆笑オワライブ」と「お笑い新人王決定戦」のプロデューサー。ライブで成功を収めたバクショウズをスカウトする。
ソト子
演 - 崎乃奏音(CYNHN
バク太郎の彼女。
浜崎容子
演 - 浜崎容子(アーバンギャルド
バクショウズがゲスト出演したテレビ番組「容子の部屋」の司会者。
飯島緋梨
テレビ番組「お笑い新人王決定戦」のリポーター兼司会者。バク太郎にインタビューをしていた。
清掃員
演 - 松永天馬(アーバンギャルド)
照太に「お笑い新人王決定戦」のスタジオの場所を尋ねられたが、廊下を走り去っていった彼に注意した。
BGMは松永が『Let's天才てれびくん』で超次元帝国清掃課地球係の天馬係長で出演時のものが使用されていた。
ノボル
演 - 瀬下豊(天竺鼠
アカリ
演 - 枝元萌
照太の両親。社宅に住んでいるが、転勤のため引っ越しを目前に控えている。照太が夜中に聞いた音をオバケ扱いしていた際には、どんな種類のオバケか討論していた。だらしない性格で、よく食べ物を床にこぼしている。
ミリン
演 - 増田笑理
照太の家の炊飯器の裏に住み着いていた小人(照太曰く「小さいオバケ」)の少女。生まれも育ちも照太の自宅で、外の世界を見たことがないため最初は照太と共に引っ越すことを嫌がっていた。照太にベランダからの景色を見せられたことで思い直すが、突如失踪してしまう。実はその間に木の実を拾ってきていて、そのことで照太一家がいなくても生きていけることに気づいた。家にある瓶が反射した虹を照太に見せたが、照太のデンリキが電キャに吸収されたことにより姿が見えなくなってしまった。
チリペッパー
演 - 今里真
ローズマリー
演 - 藤本静
ミリンの両親。照太の両親の食べこぼしを夜中に拾って生計を立てている。そのため照太の一家が引っ越してしまうと食べ物を得られなくなってしまう危機を迎えていた。
田中小春
演 - 中村守里
照太と同じ折り紙教室に通う女子学生。照太は彼女に思いを寄せている。2年連続で大会に優勝するほどの実力者。
藤原
演 - 岡部尚
照太と小春が通っている折り紙教室の講師。

ゲンタ編[編集]

元太の先輩
演 -
元太の学校の漫画部の部長。
シュン
演 - 川村瑠泉
元太の幼馴染みである男子生徒。
「フランドル」の主人
演 - 吉岡睦雄
元太行きつけの文房具屋「フランドル」を経営している男性。
サヤカ
演 - 五味未知子
「フランドル」のアルバイトの女性。元太の絵を楽しみにしている。
森像太郎(もりぞう たろう)
演 - 五頭岳夫
生物学の権威。ノーベル賞を受賞したと主張しているものの、実際は受賞していない。
名前の元ネタはモリゾー
元太の父
演 - 寺十吾
スーパーマーケットに勤務している。
元太の母
演 - 山田キヌヲ
元太の父に小遣いを増やすようにお願いされていた。
やっちゃん
演 - 土田諒
デンリキを使った元太が出会った、昭和時代を生きる少年。
子供時代の元太の父親。
かずき
演 - 川口和空
元太の同級生。家が裕福で豪邸に住んでいる。

ユラ編[編集]

ゆらの母
演 - 葉山いくみ
娘が周囲に気を遣いすぎて疲れていることを見抜いた。
バッケ
声 - 宮田幸季
ゆらのデンリキで喋り出した水色のバケツ。元々はドラムのソロパートを練習していた際に使っていたもので、ゆらが無自覚にデンリキを発動させたことにより会話できるようになった。語尾は「〜バッケ」「〜バケ」。ゆらは勢いでスティックを紛失してしまったが取り戻し、お互いへ感謝の言葉を伝え元のバケツに戻った。
カリン
演 - 篠原麻里
バッケを持ち出してドラムを演奏していた女性。バッケと共にソロパートに挑戦するゆらを応援した。
土居加代子(どい かよこ)
演 - 島かおり / 宮崎紬(幼少期)
たい焼き屋の客の一人で、ゆらと紅緒が出会った初老の女性。
竹子(たけこ)
演 - 伊藤翠
加代子の友人で、花の髪飾りをつけた少女。若くして亡くなっている。

ハカイシャ編[編集]

天空寺の場所を教えた男性(てんくうじのばしょをおしえただんせい)
演 - 坂口候一
生と元太が出会った男性。

ソラ編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

研究員[18]
演 - 長坂星璃[19]三好彩加[19]増井祥太郎[19][18]
第91回に登場[19]
テレビリポーター
演 - 奥咲姫[19][20]
第91回に登場[19]
バードウォッチャー
演 - チャド・イアン・マレーン
空と一緒に鳥を見ていた外国人男性。彼にノスリについて豆知識を教えた。
カイ
演 - 岡島遼太郎
高校生の空の兄で、勅使河原家の三兄妹の長男。父のタカシや妹のハナからは「カイ兄」と呼ばれている。
ハナ
演 - 木村日鞠
幼稚園児の空の妹で、勅使河原家の三兄妹の長女であり末っ子。ままごとが好き。カイが言いたいことを読み上げさせた携帯電話の音声を聞く度に爆笑している。
タカシ
演 - テイ龍進
クミコ
演 - 小林麻子
空・カイ・ハナの両親。スマホいじりに現を抜かすカイに呆れており、携帯電話のプラン変更を求められても断り続けている。
ヨリ
演 - 稲川実代子
勅使河原家の近所に住んでいる、空・カイ・ハナの祖母。

マリア編[編集]

まみ
演 - 玉城理桜
麻理亜の友人。
マーシャ
声 -
スマホや卓上端末に搭載されているAI。話しかけると会話をしてくれる。定期的に行われるメンテナンス中は使用できない。同じ人工知能だからか、あどミンには露骨に敵視されている。
「マーシャ」(ロシア語: Маша)とは「マリア」(Maria)のロシア語読み。

メイ編[編集]

トクマル
演 - 金子鈴幸
萌衣のデンリキで実体化した、戦国時代をモチーフにしたカードゲームの雑魚キャラの足軽。
織田信長
声 - 木村昴
デンリキ「クルクルブショーン」で萌衣と入れ替わった戦国武将にして史実の織田信長その人。本能寺の変で死亡するまでの記憶と人格を有している。
萌衣の父
演 - 松村邦洋
萌衣の母
萌衣(の肉体の信長)が「敦盛」を舞っていたのを見て盛り上がっており、萌衣の父は徳川家康の物真似をしていた。
伊達政宗
演 - 香月萌衣
2022年度第3話で萌衣がデンリキ「クルクルブショーン」で呼び出した武将。2021年度146回から148回までに登場したものと違い、こちらは史実の伊達政宗その人である。

フウカ編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

家電量販店の店員
演 - 中村あやの
桜川が訪れた家電量販店の店員。家電に話しかける桜川に困惑していた。
中村有沙
ロンの秘書を務める女性。
悠真が暗号化についてロンに問いただしていた最中、ライデェンにハッキングされ豹変。声が変化し、DOSの会場に暗号化を引き起こしてしまう。最終的にあどミンに攻撃され正気に戻ったが、自身が暴走したことは覚えていなかった。
藍染カレン西井万理那
コンビを組んでいる女性ヤンキー。風花に喧嘩を売ろうとするが、ライリキ・クリアルウォールによって名前を奪われてしまう。
伊達政宗
演 - 伊達武将隊(ノンクレジット)
ライデェン陣営についた萌衣の電キャがデンリキ「カードデダース」で召喚した、史実の伊達政宗のコピー。てれび戦士に襲いかかるも元太のデンリキ「イッツショウワタイム」で昭和時代に飛ばされた。

ミオ編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

ハルト編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

テッショウ編[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

電空の住人[編集]

デントリールーム
電空にログインした際に最初に来ることになるエリア。バグに取り憑かれたナビヒコがセキュリティを厳重にし過ぎてしまい、当初てれび戦士たちはここにしか入ることが出来なかった。
ナビミ
声 - 阿澄佳奈
てれび戦士が最初に出会った電空の住人でナビヒコの妹。兄が暴走してしまい悠真と礼にSOSを出した。最初はデントリールームを訪れた2人に怯え逃げ惑っていたが、兄を救う決心を固める。バグモンスターと化した兄と対峙するが、そこで兄は自分を守りたかっただけだったということを知った。
ナビヒコ
声 - 阿澄佳奈
ナビミの兄で電空の案内役の男性。ナビミを大切にするあまりバグに憑依され、悠真・礼・ナビミが彼の元に辿り着いた際には既にバグモンスターに変貌していた。礼により「妹を守りたい」が大切な言葉だと見抜かれ、悠真によりデバッグされた。その後は3人に謝罪し、電空へと繋がるゲートを開けた。

用語[編集]

電空
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達が電空を執筆しています。
モニターから繋がる独自の空間であり[21]、子供だけがログインできる電脳空間。
オープニングなどに出てくる「シンボル星」が中枢部で空間中に様々な物が浮かんでおり、「チョウ〇〇」と各エリアの名前が表示される。生放送で出てくるエリアは、基本的に実在の土地をモデルにしている。
2020年度版では何らかの原因で壊れて入ることができなくなり、人々の記憶からも存在自体が失われている(そのまのように覚えている一般人も極稀にいる)。案内役の電空の住人・ナビヒコをデバッグしたことにより入れるようになったが、30分の時間制限がある。あどミンがそのまのデンリキを食べた際、「現実世界は危険なため、子供達が安全に冒険できる楽園として電空が作られた」ということを思い出した。暴走したあどミンがついに電空を解放するが、デントリーした子供たちは依存するかの如く電空にのめり込んでしまった。終盤で一度消滅したが、何らかの原因ですぐに復活した。
2021年度版では原因不明の暗号化現象が発生したが、当初はバグだと思われていた。
電キャ

電キャ」を参照

デンリキ

デンリキ」を参照

雷キャ

雷キャ」を参照

ライリキ

ライリキ」を参照

電印
読みは「でんじるし」。てれび戦士の左手の甲に出現する「電」の漢字で、てれび戦士であることの証。普段は見えないが、デンリキが発現した時やデンリキを使用する時などに浮かび上がり光る。あどミンは誰かの電印が光るとそれを察知することができる(誰のものかは把握不能)。
雷印
読みは「らいじるし」。電印に似たマーク。雷キャを持つ者、ライデェンの両手首、クリプトオンズの手の甲に現れる。雷キャを持つてれび戦士の証でもある。普段は見えないが、ライリキが発現した時やライリキを使用する時などに浮かび上がり光る。
hello,
そのま以外のてれび戦士達がかくれガレージに召集された際に、自動的に各自の携帯電話にインストールされていたアプリ。てれび戦士同士やかくれガレージとの連絡を行うテレビ電話機能や、目標物を指し示す地図機能が備わっている。圏外の場合は使用不可能。
安全ブレーカー
第76回から登場。それと同時にてれび戦士全員のスマートフォンにアプリが自動的にインストールされた。このアプリを起動させるとてれび戦士各々に最初に得たデンリキにまつわる課題が出され、全員が達成することができれば安全ブレーカーが出現する。
第78回終盤で再起動させられたものの、消えていたあどミンの記憶が戻りあどミンが暴走を始めてしまう。
リバース・コンバーター
第82回に初登場。みやぞの博士の発明品の1つで、彼が開発した武器に取り付けて使用する。あどミンからデンリキを取り戻すことができる。
第85回でそのまが使用。少なくとも8つのデンリキ[注 5]がてれび戦士たちの元へと戻った。
電空の住人
ナビヒコなどゲームコーナーや生放送に登場する電空内のキャラクター。基本的に饅頭型の体に顔があり、体の下に2本の細い脚があって円錐形の帽子とヘッドホンをつけたような外見で、これに加えキャラクターによる幾分かの個体差がある[注 6]。胴体や脚が縦に長く伸びることがある。ゲームコーナーに登場する個体は甲高い鳴き声をあげるだけである。
バグモンスター
電空のバグに侵され、黒い立方体型の姿[注 7]へと変貌してしまった電空の住人[注 8]。前兆として性格が本来から豹変し、体中に黒いノイズが走る。顔のような模様がある前面はモニターになっている。この状態でもクイズ好きな本質は変わっていないようで、クイズ攻撃を仕掛けてくる。デンリキで「大切な言葉」を思い出させることにより、デバッグして元の姿へと戻すことが出来る。
2020年度2学期以降はリモコンとテレビを組み合わせたような見た目の新型バグモンスターが登場する。テレビ画面には元になった電空の住人の姿が表示されている。
エンジ
電空のエンジニア。制服は色とりどりのオーバーオールで、あらゆる物をスキャンして複製する傘のようなマシーンを所有している。
かくれガレージ
みやぞんエンジが所有する秘密基地。てれび戦士の活動拠点でもあり、休憩室やゲームルームなどの部屋がある。てれび戦士がかくれガレージ内に入ると自動的にてれび戦士の衣装に変わり、外に出ると私服に戻る[注 9]。とある公園の地下にあるらしく、公園の滑り台が秘密の出入り口になっている。また、任意で出入り口を出現させる場所を変えることも可能[注 10]
第79回で暴走したあどミンに攻撃され崩壊し、占領されてしまった。
2021年度では後述の電キャんぷベースに改築された。
かくれガレージ・オリジン
第81回から第85回までに登場。電空のプロトタイプとして作られた場所で、てれび戦士達の新たな拠点。
電キャんぷベース
2021年度からの拠点。かくれガレージを改装して作られた。そちらよりも部屋が広くなっているほか、出入り口を変える扉も大きくなっている。所在地は電空星のセントラル島にある。
雷キャんぷベース
くろミン、ライデェンの拠点。上記の電キャんぷベースと酷似しているが、此方は色は黒を基調としている。てれび騎士の拠点でもあった。所在地は裏電空。
電空アリーナ
電空が壊れた後に出現した、電空内では唯一生身で入ることが可能なエリア。ここではデンリキの使用が禁止されている。2020年度2学期から開催されている「電空コロシアム」の会場。
本作品には第132回(2021年度)より登場している。
モンロウ重工
ロン・モンロウがCEOを務める企業。何の業務を行っているかは不明だが、DOSの大会のスポンサーを務めている。
第126回ではみやぞの博士に依頼され調査をしていたそのま・麻理亜・萌衣が辿り着き、元太・照太・空が暗号の発生源として見つけた場所として当社の工場が登場した。第132回では第85回で電空を復活させたことが判明した。
ダンス・オブ・スカイ
第49回に初登場。通称「DOS」。三人一組でプレイするバトル形式のダンスゲーム。画面中央に表示された動きを連続で成功させるとゲージが溜まっていき、満タンになると相手に攻撃ができる。逆にミスをするとポイントが減少し、ポイントが0になると脱落してしまう。相手全員を脱落させるか相手チームのアバターのHPを0にした方が勝利。
後に電空を開発したみやぞの博士が開発に関わっている。
なおプレイする際に画面にアバターが表示されるのだが、アバターは全て前作「天才てれびくんYOU」に登場したもじもんである[注 11]。基本的にアバターはもじもんの姿にしかならないようで、第51回では自身のチームのアバターとして表示された悠真の電キャを見た悠真・元太・紅緒が驚いていた。この世界にもじもんの概念があるかは不明。
七不思議
第143回 - 第145回に登場。悠真達の住む街に伝わる都市伝説。悠真がみやぞんエンジと眞生に語って怖がらせたが、否定するような態度を彼に馬鹿にされた眞生は正体を突き止めるための調査に出掛けることとなる。その結果大半は説明が付く現象だったことが判明し、悠真は落胆してしまうことになった。内訳は以下の通り。
池を飛びまわる人魂
デンリキを発動させた眞生によって、鳥避けのCDの光がそう見えていただけと暴かれた。
トンネルから聞こえる呪文
正体は漫才の練習をしていた照太だった。
神社から聞こえる少女の悲鳴
正体は手裏剣投げの練習をしていた芹奈だった。
音楽室の悪魔の口笛
デンリキを発動させた眞生によって、窓からすきま風が鳴っていただけと判明した。
さまよう人体模型
正体は中里先生が片付けをしていただけだった。
窓に生える足
正体は逆立ちの練習をしていた伊藤先生だった。
家庭科室の人喰い妖怪
眞生達は正体を知る前に逃げ帰ってしまったが、正体は酢昆布を調理していたあどミンだった。
ハロープラネット
第158回 - 第160回に登場。地球の周囲を周回している人工衛星。通称「ハロプラ」。しかし何らかのトラブルが発生し、行方不明となってしまう。
タマ電Q
第168回に初登場。電空のエネルギーで、その名の通り電球のような形状をしている。現実世界に散らばっていて、てれび戦士達はこれを守らなければならない。くろミンに食べられると電空の区画が停電してしまう。逆にあどミンが食べると電空の区画の電力が元に戻る。
Qマーク
てれび戦士の手の甲に現れるマーク。タマ電Qが近くにあると出現する。

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

国際あやとり協会公式サイト2020年12月14日付のあやとりトピックスでは、2020年8月31日 - 9月2日・9月7日 - 9月9日・11月9日 - 11月11日の第25回 - 第30回・第49回 - 第54回のソノマ編において、てれび戦士達がドラマ撮影の合間にあやとりに夢中になっていたそうで、ドラマ内外で、あやとりがてれび戦士達の体や心を動かす存在となったようだと掲載している[1]

放映リスト[編集]

サブタイトルには「,」(コンマ)を使用しているところがあるが、第155回・第157回は使用していない。

2020年度[編集]

サブタイトル 放送日 脚本 主演
1 第1話 ハロー,てれび戦士 2020年04月06日 佐藤大 坂上悠真
2 第2話 ふしぎな力,デンリキ 04月07日
3 第3話 あどミン探しと,変な男 04月08日
4 第4話 デンリキの,使いみち 04月13日 福島直浩
5 第5話 ボクと妹,ひゃっくりカエル!? 04月14日
6 第6話 あどミンの,食べもの 04月15日
7 第7話 ピンク,にしちゃえ↑ 04月20日 古澤健 ギュナイ滝美
8 第8話 ピンク,はやめよう↓ 04月21日
9 第9話 ピンク,の空♥ 04月22日
10 第10話 ダンスは,もうやめた 05月25日 池田亮 稲毛眞生
11 第11話 みんな,思いどおり 05月26日
12 第12話 ボクが,やりたいこと 05月27日
13 第13話 時をめくる,レイ 06月01日 今野恭成 筧礼
14 第14話 めくりすぎた,ミライ 06月02日
15 第15話 めくるめく,イマ 06月03日
16 第16話 アレハ,ナンダ!? エピソードA 06月08日 宮本亮 特別編
17 第17話 アレハ,ナンダ!? エピソードB 06月09日
18 第18話 アレハ,ナンダ!? エピソードC 06月10日
19 第19話 ノロマと,よばないで 07月06日 渡辺謙作 大谷紅緒
20 第20話 スピード,出しすぎ注意 07月07日
21 第21話 デンリキvs世界最速, 07月08日
22 第22話 オレは,モテたい 07月13日 関田育子 冨士原生
23 第23話 モテ期,来た! 07月14日
24 第24話 不器用,だけど 07月15日
25 第25話 ソノマ,あらわる 08月31日 福島直浩 坂上悠真
松尾そのま
26 第26話 プラネタリウム,すれちがい 09月01日
27 第27話 デンリキ,使ったのはだれ? 09月02日
28 第28話 ソノマを,おいかけろ 09月07日 佐藤大
29 第29話 ソノマの,しるし 09月08日
30 第30話 ソノマの,やりかた 09月09日
31 第31話 心の中を,のぞいてみたら 09月14日 小林雄次 ソニア
32 第32話 気になる,あの子 09月15日
33 第33話 恋の,キューピッド作戦 09月16日
34 第34話 名探偵,リオン 09月21日 向田邦彦 谷川理音
35 第35話 リオン,推理する 09月22日
36 第36話 そして,だれもいなくなった 09月23日
37 第37話 ニンジャ,ナンジャ 09月28日 宮本亮 芹奈
38 第38話 ナンダカンダ,ニンジャ 09月29日
39 第39話 バイバイ,ダブル 09月30日
40 第40話 笑う門には,デンリキきたる 10月05日 田辺茂範 阿比留照太
41 第41話 お笑いデンリキ,スター誕生 10月06日
42 第42話 もう一度,笑わせたい 10月07日
43 第43話 スラスラ,楽勝? 10月12日 古澤健 溝口元太
44 第44話 うそつき,ゲンタ? 10月13日
45 第45話 ゲンタの絵は,ホンモノ? 10月14日
46 第46話 ドラムと,バケツ 10月19日 渡辺謙作 佐々木ゆら
47 第47話 バッケを,さがせ! 10月20日
48 第48話 ワガママ,言っちゃえ 10月21日
49 第49話 ダンス,オブ,スカイ 10月26日 福島直浩 坂上悠真
松尾そのま
50 第50話 助っ人は,どこに? 10月27日
51 第51話 決戦は,水曜日 10月28日
52 第52話 ソノマの,たくらみ 11月09日 佐藤大
53 第53話 ふたつの,デンリキ 11月10日
54 第54話 ソノマ,てれび戦士 11月11日
55 第55話 しゃべってよ,カメ 11月16日 片桐絵梨子 稲毛眞生
56 第56話 マウナとカメの,ちいさな旅 11月17日
57 第57話 生命の泉へ,風にのって 11月18日
58 第58話 なんで,でんりき,きゅうち 11月23日 向田邦彦 ギュナイ滝美
59 第59話 ちこく,くるしみ,みっしつ 11月24日
60 第60話 つながり,りもーと,ともだち 11月25日
61 第61話 本が,だいすき 12月07日 田辺茂範 大谷紅緒
62 第62話 ベニオ,本の中 12月08日
63 第63話 めざせ,めでたし×2 12月09日
64 第64話 なぞの,ハカイシャ 12月14日 佐藤大 坂上悠真
筧礼
65 第65話 てれび戦士,漂流記 12月15日
66 第66話 ハカイシャ,ハカイ作戦 12月16日
67 第67話 尊敬,されたい 2021年01月04日 池田亮 冨士原生
68 第68話 アドミン,コワセ 01月05日
69 第69話 みんなを,守る 01月06日
70 第70話 名探偵リオン,ふたたび 01月11日 向田邦彦 谷川理音
71 第71話 暗号を,とけ! 01月12日
72 第72話 ホントの,犯人 01月13日
73 第73話 ユラと,たいやき 01月25日 宮本亮 佐々木ゆら
74 第74話 かみかざりの,思い出 01月26日
75 第75話 親友に,会わせたい 01月27日
76 第76話 父からの,おくりもの 02月01日 福島直浩 坂上悠真
松尾そのま
77 第77話 安全アプリ,起動! 02月02日
78 第78話 めざせ,安全ブレーカー 02月03日
79 第79話 よみがえる,電空 02月15日 鈴木洋介
80 第80話 夢の楽園,電空 02月16日
81 第81話 ハカイシャの,正体 02月17日
82 第82話 ハカイ,ハカセの記憶 02月22日 佐藤大
83 第83話 リバース・コンバーターは,どこ? 02月23日
84 第84話 それぞれの思い,決戦へ 02月24日
85 完結編SP 最後まで,ハローハロー 03月15日
一気見
サブタイトル
1 01-03 みやぞん&てれび戦士出会いの物語!
2 04-06 ユウマとみやぞんフシギな物語!
3 07-09 ギュナイとみやぞんポップなSF物語
4 10-12 マウナとみやぞんSF物語!
5 13-15 時をめくるレイ
6 16-18 てれび戦士とナゾの物体!
7 19-21 ベニオとみやぞんドタバタSF!
8 22-24 イクとみやぞんモテモテSF
9 25-27 ナゾの転校生ソノマあらわる
10 28-30 敵か味方か?あやしいあの子
12 34-36 名探偵リオン 犯人はだれだ?
13 37-39 セリナのニンジャナンジャ
14 40-42 ショウタのドッゲラカーン
15 43-45 電空にモンスターあらわる!?
17 49-51 ダンス,オブ,スカイ
18 52-54 「なぞの転校生」ソノマの正体が!
19 55-57 マウナと不思議なカメのロードムービー
20 58-60 しりとりで何でもお取りよせ!
21 61-63 本の世界へ冒険の旅!
22 64-66 電空になぞのハカイシャあらわる!
23 67-69 イクの「ガチャガラポン」!
26 76-78 電空のヒミツが明かされる!?

2021年度[編集]

サブタイトル 放送日 脚本 主演
86 第1話 あどミンに,アイタイ 2021年04月05日 鈴木洋介 坂上悠真
87 第2話 あどミンは,ドコ? 04月06日
88 第3話 あどミン,タスケル 04月07日
89 第4話 ソラの,ディスタンス 04月12日 今野恭成 勅使河原空
90 第5話 シュルシュル,みんな 04月13日
91 第6話 2人の,ディスタンス 04月14日
92 第7話 マリアと,マーシャ 04月19日 池田亮 布施麻理亜
93 第8話 トウメイな,わたし 04月20日
94 第9話 ふたりの,ピアノ 04月21日
95 第10話 デンリキは,カードから 04月26日 福島直浩 香月萌衣
96 第11話 ブショー,たるもの 04月27日
97 第12話 メイが,みつけたもの 04月28日
98 第13話 扉の,むこう 05月10日 関田育子 溝口元太
99 第14話 家出,やっちゃんと 05月11日
100 第15話 家路,やっちゃんと 05月12日
101 第16話 時間が,たりない 05月17日 片桐絵梨子 ソニア
102 第17話 ラッキーと,いっしょ 05月18日
103 第18話 時よ,とまれ 05月19日
104 第19話 できないこと,あるのはイヤだ 05月24日 古澤健 大谷紅緒
105 第20話 できないこと,なくしちゃおう 05月25日
106 第21話 できないこと,ない人なんていない 05月26日
107 第22話 移る,ココロ 06月07日 向田邦彦 芹奈
108 第23話 先生の,タオルに 06月08日
109 第24話 また,明日 06月09日
110 第25話 見える,ポイント 06月14日 渡辺謙作 筧礼
111 第26話 わたしの,ポイントは? 06月15日
112 第27話 ポイント,なんか…! 06月16日
113 第28話 ヘンシュウ,わたしの人生 06月21日 横浜聡子 ギュナイ滝美
114 第29話 ヘンシュウ,で,思いどおり 06月22日
115 第30話 ごみ箱の,中には 06月23日
116 第31話 床の,音 07月05日 今野恭成 阿比留照太
117 第32話 小さい,おうちで 07月06日
118 第33話 さよならの,音 07月07日
119 第34話 マウナ,マウナ 07月12日 宮本亮 稲毛眞生
120 第35話 マウナ,マウナマウナ! 07月13日
121 第36話 バイバイ,マウナ 07月14日
SP SP モテたいゲンタ,ものがたり 08月30日 喜安浩平 溝口元太
122 第37話 おいしく,しちゃえ 09月06日 田辺茂範 松尾そのま
123 第38話 料理の,天才 09月07日
124 第39話 おいしさの,かくし味 09月08日
125 第40話 電空,不吉な前ぶれ 09月13日 鈴木洋介 坂上悠真
松尾そのま
126 第41話 はなればなれの,追跡 09月14日
127 第42話 見えぬものこそが,真実 09月15日
128 第43話 こわれた,友情 09月27日 福島直浩 江原風花
129 第44話 みんな,ヒミツ 09月28日
130 第45話 仲直りの,方法は? 09月29日
131 第46話 ユウマの作戦,フウカの雷キャ 10月04日 佐藤大 坂上悠真
江原風花
132 第47話 電空復活のシンジツ, 10月05日
133 第48話 電キャの声,自分のチカラ 10月06日
134 第49話 いつまで,だまっているんだろう 10月18日 古澤健 勅使河原空
135 第50話 どっちが,ホントのお兄ちゃん? 10月19日
136 第51話 言いたいことは,大きな声で 10月20日
137 第52話 ハシレ,マリア 10月25日 宮本亮 布施麻理亜
大谷紅緒
138 第53話 ハシレ,ベニオ! 10月26日
139 第54話 ハシレ,ハワイマデ! 10月27日
140 第55話 水たまりの,音はなに? 11月08日 今野恭成 筧礼
141 第56話 水たまりは,楽しい? 11月09日
142 第57話 いっしょなら,もっと 11月10日
143 第58話 不思議なんて,大きらい 11月15日 福島直浩 稲毛眞生
144 第59話 七不思議を,解きまくれ 11月16日
145 第60話 デンリキ探偵団,危機一髪! 11月17日
146 第61話 戦国武将,だれにする? 11月29日 向田邦彦 香月萌衣
147 第62話 信長って,どんな人? 11月30日
148 第63話 天下,統一? 12月01日
149 第64話 スマホの,中へ 2月06日 久保寺晃一 ソニア
150 第65話 ソニアの,なりたいすがた 12月07日
151 第66話 もっと,広いセカイ 12月08日
152 第67話 オリガミの,女神 12月13日 鈴木洋介 阿比留照太
153 第68話 ビリビリの,真実 12月14日
154 第69話 折り重なる,気持ち 12月15日
155 第70話 桜川のバースデー 12月20日 田辺茂範 芹奈
156 第71話 セリナ,秘密の写真 12月21日
157 第72話 サプライズパーティー 12月22日
158 第73話 迷子の,ハロプラ 2022年01月17日 佐藤大 松尾そのま
159 第74話 放課後の,ハロプラ捜索 01月18日
160 第75話 みんな,ツナガル 01月19日
161 第76話 雷キャ,ふたたび 02月07日 福島直浩 坂上悠真
江原風花
162 第77話 きょうだいゲンカの,はてに 02月08日
163 第78話 黒いアバターの,野望 02月09日
164 第79話 ユウマの,ダジャレ 02月21日 鈴木洋介 坂上悠真
勅使河原空
165 第80話 電キャの,気持ち 02月22日
166 第81話 デンリキ!ヒャックリカエル! 02月23日
167 最終話拡大版 決戦,壁のむこうに 02月28日 村山功

2022年度[編集]

この年度より話数が付けられている。

サブタイトル 放送日 脚本 主演
168 第1話 てれび騎士,あらわる 2022年04月04日 佐藤大 坂上悠真
盛武美音
169 第2話 タマ電Qを,まもれ 04月11日
170 第3話 ハルトは,ヒーロー? 04月18日 福島直浩 大野遥斗
松尾そのま
171 第4話 電キャVS.雷キャ, 04月25日
172 第5話 出会った,ふたり 05月09日 鈴木洋介 丸山煌翔
阿比留照太
173 第6話 ヒミツの,友情 05月16日
174 第7話 ホットケーキ,あるいはタマ電Q 05月23日 今野恭成 筧礼
盛武美音
175 第8話 タカラモノは,だれのもの 05月30日
176 第9話 うらない大作戦,タマ電Qを手に入れろ! 06月13日 村山功 稲毛眞生
大野遥斗
177 第10話 うらなえない,終わりかた 06月20日
178 第11話 モヤモヤ,てれび騎士 07月04日 福島直浩 香月萌衣
盛武美音
179 第12話 本当の,なかま 07月11日
180 第13話 すれちがう,2人 09月05日 佐藤大 松尾そのま
盛武美音
181 第14話 てれび戦士,だから 09月12日
182 第15話 ココロ,いれかえる 09月26日 和賀博史 江原風花
坂上悠真
181 第16話 見えぬものこそ,シンジツ 10月03日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. みやぞんとあどミンのオープニングトーク、アイキャッチで時間調整。オープニングタイトル15秒を含めると10分45秒となる。
  2. 番組最後のミニコーナー「やるぞんカプセル」と「みやぞんくじ」がてれび戦士への質問コーナーに変更されている、「ピクセルの採掘場」で進行やデータ放送上のキャラがチコちゃんに叱られる!とのコラボレーションでチコちゃんに変わっている、「電空リサーチ」や木曜生放送のルール説明であどミンの声が流れるパートがナレーションの木村昴の声に差し替えられているなど。
  3. 人物紹介の表記は「悠真の妹 風花」。NHKアーカイブスのNHKクロニクルでは役名をフウカ[8][9]、ユウマの妹[10]、ユウマ妹[11]と表記。
  4. 番組表では饗詩野と誤表記されていた
  5. 「ヒャックリカエル」「チャランピッカリンコ!」「ヒソヒソヒアリング」「テレテレポート」「ブンシンダブルーン」「ドッゲラカーン」「カオカオスッポカン」「デリシリトリヨッセン」
  6. ピンク色で帽子の代わりにリボンをつけている女性、髭が生えている老人など
  7. 修復前の電空のエリアと同じような見た目、個体差はない
  8. 超宇都宮の餃子のビーナスや超大間の巨大マグロなど、電空の住人以外のゲストキャラクターがバグモンスターと化す回もある。
  9. ただし第19回から第21回までの紅緒と第70回から第72回までの理音と元太、回想シーンの芹奈は外のシーンでもてれび戦士の衣装のままだった。理由は不明。
  10. 第19回では紅緒が自宅の近所にある「阿底野トンネル」へと出入り口を繋げた。また、第40回では照太がこの機能を使いライブ会場に移動した。第64回では電空のハカイシャの攻撃によって壊され、直後に飛び込んだゆら・悠真・礼・理音、及び第65回でバックドアーズに追いかけられて逃げようとした残りメンバーは無人島にワープしてしまった。
  11. 第49回で悠真・風花・そのまがプレイしていた際には機のもじもん・からくりこんと真のもじもん・まねしんぼうが、ゆら・紅緒・みやぞんエンジがプレイしていた際には勇のもじもん・いさましうすと防のもじもん・ぼうてるが、第51回では決勝戦の相手チームのアバターとして動のもじもん・どぅーろんが登場していた。

出典[編集]

  1. a b c d e f g h NHK Eテレ「天才てれびくんhello,」”. あやとりトピックス. 国際あやとり協会 (2020年12月14日). 2021年2月12日確認。
  2. 江原 風花(えばら ふうか) NHK Eテレ1 「天才てれびくんhello,」に出演します!”. Sugar & Spice|シュガー&スパイス. What'sNew. シュガーアンドスパイス (2020年8月31日). 2021年5月11日確認。
  3. “ヨルシカ、『天才てれびくん hello,』番組テーマ第2弾も担当”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年5月28日. https://www.oricon.co.jp/news/2194957 2021年6月29日閲覧。 
  4. “ヨルシカn-bunaが「天てれ」に再びテーマ曲提供、DISH__矢部昌暉出演の番組内ドラマで初公開(コメントあり)”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年5月28日. https://natalie.mu/music/news/430173 2021年6月29日閲覧。 
  5. この番組について”. NHKオンライン. 天才てれびくんhello,. 日本放送協会. 2021年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月29日確認。
  6. この番組について”. NHKオンライン. 天才てれびくんhello,. 日本放送協会. 2021年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月14日確認。
  7. ABOUT US”. s**t kingz. ABOUT US. s**t kingz. 2021年4月20日確認。
  8. a b c d 天才てれびくんhello, ▽昆虫とあそぼう!電空物語・ナゾの少女ソノマ - NHKクロニクル
  9. a b 天才てれびくんhello, ▽ドラマ一気見!「なぞの転校生」ソノマの正体が! - NHKクロニクル
  10. 天才てれびくんhello, ▽おサルさんショー成功なるか?チコちゃん参上! - NHKクロニクル
  11. a b c d 天才てれびくんhello, ▽新シリーズ開始!みやぞん&新てれび戦士あつまれ! - NHKクロニクル
  12. 天才てれびくんhello, ▽メイにデンリキ!?/ヒゲじい&みやぞんコラボ - NHKクロニクル
  13. 天才てれびくんhello, ▽犬とトモダチになろう!新作ドラマ・ナゾの転校生 - NHKクロニクル
  14. 天才てれびくんhello, ▽ソノマ・フウカ・メイの三陸鉄道旅 - NHKクロニクル
  15. 天才てれびくんhello, スペシャル ▽ソノマ・フウカ・メイの三陸鉄道旅 - NHKクロニクル
  16. 天才てれびくんhello, ▽コーフン!古墳探訪▽お墓にかくされたスゴ技 - NHKクロニクル
  17. a b NHK Eテレ「天才てれびくんhello,」出演!!”. EXPG STUDIO. お知らせ. EXPG (2020年11月3日). 2021年3月1日確認。
  18. a b おっち(増井祥太郎)はInstagramを利用しています_「「天才てれびくんhello,」に出演します👀 . . 情報解禁されたのでお伝えします!✨ NHK教育番組で人気の「#天才てれびくんhello…」”. Meta (2021年4月10日). 2021年6月27日確認。
  19. a b c d e f お知らせ一覧 奥咲姫 長坂星璃 三好彩加 増井祥太郎 出演情報 出演番組 天才てれびくんhello,「霜降り明星と動物スゴロク(2)/ソラの電空物語」4/14放送予定。”. 芸能プロダクション 株式会社テロワール. お知らせ. テロワール (2021年4月9日). 2021年6月27日確認。
  20. 奥咲姫2021年5月4日のツイート
  21. 子どもたちに人気の3番組が集結するクリスマスイベントを開催! みんなでバーチャル! NHKクリスマスショー”. NHKオンライン. NHK PR. 日本放送協会 (2020年12月17日). 2020年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月26日確認。

外部リンク[編集]

天才てれびくん
シリーズ無印 - ワイド - MAX - 大! - Let's - YOU - hello,
舞台設定メディアタワー - メディアステーション - メディア砂漠 - パラレルワールド - エエカゲンニ星 - イカサンダル王国 - ハイパーキングダム学園(HK学園) - プラズマ界 - ユゲデール王国 - ナンダーMAX - 天てれ学園 - 大天才テレビジョン - 国立異次元獣対策センター - 守守団 - 電空
出演者・登場キャラクター
年度別一覧1993 - 1994 - 1995 - 1996 - 1997 - 1998 - 1999 - 2000 - 2001 - 2002 - 2003 - 2004 - 2005 - 2006 - 2007 - 2008 - 2009 - 2010 - 2011 - 2012 - 2013 - 2014 - 2015 - 2016 - 2017 - 2018 - 2019 - 2020 - 2021 - 2022
てれび戦士初代 - 2代目 - 3代目 - 4代目 - 5代目 - 6代目 - 7代目 - 8代目 - 9代目 - 10代目 - 11代目 - 12代目 - 13代目 - 14代目 - 15代目 - 16代目 - 17代目 - 18代目 - 19代目 - 20代目 - 21代目 - 22代目 - 23代目 - 24代目 - 25代目 - 26代目 - 27代目 - 28代目
CGキャラクターてっちゃん - 玉三郎 - てつまろ - TKくん(→TKくん2) - TK子ちゃん - エバラン - モンゴ - サキ - ブッチョー部長 - タマ部長 - ラビ(4.8号/55号/88号/07B号/06S号/Dr.∞号) - おんつくん - おんつ8世 - みみぃ - びびん★ - もんじ - どちゃもん - もじもん - あどミン - 電キャ - 雷キャ - くろミン - ライデェン
グループクリス with CHU-CHU-くらぶ - クリマカーユ - ストロベリーパフェ - TTK Dance Project - m-ist - ナンダーMAX - Dream5 - HI's★cream - てれびちゃん - てれび騎士
コーナー
年度別一覧1993 - 1994 - 1995 - 1996 - 1997 - 1998 - 1999 - 2000 - 2001 - 2002 - 2003 - 2004 - 2005 - 2006 - 2007 - 2008 - 2009 - 2010 - 2011 - 2012 - 2013 - 2014 - 2015 - 2016 - 2017 - 2018 - 2019 - 2020 - 2021 - 2022
分野別生放送 - 音楽 - ゲーム - クイズ - スポーツ - 挑戦 - 教養 - トーク
ドラマ枠
世界観天才てれびくんシリーズのストーリー - こちらHK学園笑芸部! - ドラマ プラズマ界 - ユゲデール物語 - 新ユゲデール物語 - 大迷宮冒険記 - 日付変更船プッカリーノ - ドラマ 大天才テレビジョン - 電空物語
その他天才てれびくんシリーズのドラマ - T.T.K. DRAMA SPECIAL転校生マオ/ミステリーの館/悪夢の王 - 天てれドラマ天ドラ/天てれドラマ (天才てれびくんの2005-2008年度)/ミラクルシャッター/ゴルフBOY/よみきりっ!/忍者スピリット/いとしのスシガール〜SUSHI girl my love〜 - 天てれ9分劇場GOGO!ヌードル・ファイブ/江戸松原次郎左衛門一家/ダーリンは11さい?!/戸井商事物語/謎の惑星ナッシング - ドラまちがい - 天てれ第2部東京特許許可局/念力家族
バーチャルアニメ - バーチャル3部作 - 恐竜惑星 - ジーンダイバー - 救命戦士ナノセイバー
アニメ枠天才てれびくんシリーズのアニメコーナー - アリス探偵局 - アリスSOS - スージーちゃんとマービー - へろへろくん - 探偵少年カゲマン - ベイベーばあちゃん - ちび☆デビ! - ズモモとヌペペ - 黒魔女さんが通る!! - 天てれ第2部超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ - くつだる。 - おまかせ!みらくるキャット団 - どちゃもん じゅにあ - 探偵チームKZ事件ノート - 少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん - ねこねこ日本史 - ブレーカーズ - ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 - 宇宙なんちゃら こてつくん
人形劇枠天才てれびくんシリーズの人形劇 - ドラムカンナの冒険
お笑い枠天てれ第2部わらたまドッカ〜ン
特別企画一覧 - 短期企画 - イベント - 運動会 - 1000回記念 - 10周年スペシャル - アニメじゃん - 大!天才クエスト - 祝20周年バンザイ! - てんカケ - 三陸 魅力さがし鉄道の旅!
派生番組宇宙船ソフィア号の冒険 - どちゃもん あさめしまえ - マーヴェラスTVジム - リモコンWARS
関連番組ミッキー&舞ちゃんの夢と魔法のクリスマス - NHK紅白歌合戦第44回第66回) - ETV50 - ABUアジア子どもドラマシリーズ(2009年) - とどけ!みんなの元気パワー
関連項目日本コロムビア - アマゾンラテルナ - NHKエデュケーショナル
天才ビットくん
ビットワールド
シリーズ天才ビットくん - ビットワールド
物語舞台ビットランド - ビットワールド - ビットラボ - ビッコロ - 夢世界 - エリアB - ビットキャッスル - ロボコ - メガ校
出演者天才ビットくん - ビットワールド
グループThe Bittles
アニメ枠ワンダーベビルくん - 魔法少女隊アルス - おでんくん - ヒゲぴよ - ソッキーズ フロンティアクエスト - 秘密結社鷹の爪 - あはれ!名作くん - 100秒でわかる名作劇場
関連項目DIRECTIONS - STUDIO 4℃ - AC部 - トイズファクトリー
日本放送協会 - NHK Eテレ番組一覧) - ティーンズゾーン - お願い!編集長 - NHK文化祭 - 渋谷DEどーも
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典