謎の惑星ナッシング

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

謎の惑星ナッシング』(なぞのわくせいナッシング)は、NHK教育テレビ天才てれびくんMAX』で2010年1月12日から2010年2月23日までにコーナー「天てれ9分劇場」として放送されたミニドラマである。全6話。

あらすじ[編集]

舞台は100年後の地球。地球総合警備本舗の優秀な社員、スズチン・セガールは、入社三年目の冬のある日、惑星ナッシング調査メンバー代表に任命された。本来そこは会社で役に立たなくなった者が行くところであり、スズチンは会社専属のロボット、ヴァンダムとしぶしぶその地へ向かう。するとミー、ナガエル、マクアといった他の星のエリートなメンバーが次々と現れ、誰が惑星ナッシングの基地を所有するかでもめてしまう。そうしていると宇宙人イヤーンが現れて、この星にある神秘の力を狙うと宣言する。さらに他の星のメンバー同士で仲良くしていこうと忠告していくが、みんなてんでバラバラであった。

用語解説[編集]

地球総合警備本舗
名前のとおり、地球を危機から守る会社である。スズチンやヴァンダムはここに所属している。
惑星ナッシング
名前のとおり、人も資源も何もかもない惑星だが、神秘の力が眠っていると言われている惑星。かなりもろく、スズチンのため息一つで地震が起きるほどである。
石盤
第2話で地面から現れた。神秘の力が眠っている。しかし、その力を呼び覚ますには、穴があいた5つの部分を埋めなければならない。この穴を埋める石盤のかけらは、イヤーンが派遣した宇宙人に優しさを見せることで宇宙人に変わって現れるものである。

キャスト[編集]

惑星ナッシングの基地の仲間たち
地球総合警備本舗で働いているメンバーの一人。所属している課は警備管理課。100年前、環境の悪化で滅亡寸前だった地球を蘇らせた科学者のひ孫。かなり能力は優秀で、社長から何回も表彰されるほどである。好きな食べ物はスルメイカ。
地球総合警備本舗所属のロボット。2110年基準ではとても古いタイプである。充電式。必殺技は後ろ回し蹴り。
  • ミー(演:鈴木美知代)
モエタマ星からやってきた。アニメ声で話す。出身星の慣習により、ご飯に砂糖をかけて食べる。そのため3話でお玉とレンゲの作った「スイーツ丼」を食べた時も、他のメンバーが嫌がって食べない中、おいしく食べていた。
エンジェル星からやってきた。出身星の慣習により、みそしるをストローで飲む。
ゴスロリ星からやってきた。出身星の慣習により、ご飯を食べるときは顔を隠して食べる。ギギという飼い猫を飼っている。
イヤーンと派遣された宇宙人
イヤーンに派遣された宇宙人は他の人の優しさに触れると石盤のかけらになる。
トウモロコシの格好をしている宇宙人。惑星ナッシングに眠っている「神秘の力」を手に入れようとしている。
  • ヒトデ・ザ・セイラマーン(演:渡辺青來)
第2話に登場。必殺技はとても下手な歌で相手を苦しめるヒトデ・ザ・セイラマーン恐怖のヒットメドレー。ナガエルの優しさにより石盤のかけらになった。
第3話に登場。2人は姉弟で、お玉が姉、レンゲが弟。キッチン星から派遣された。イヤーンにまずい料理を出して相手を苦しませるように指示された。ミーの優しさに触れて石盤のかけらになった。
第4話に登場。ジゴロ星から派遣された。藤井は男装して役を演じていた。イヤーンに基地の女性メンバーのハートを射止め、仲間割れをさせるように指示された。マクアの優しさに触れて石盤のかけらになった。
第5話に登場。バクショー星から派遣された。一磨がボケで拓巳がツッコミを担当している。イヤーンに世界一面白い漫才を披露して笑い死にさせるように指示された。スズチンの素直な気持ちに触れて石版のかけらになった。
  • アカリング(演:長谷川あかり)
最終話に登場。正体はイヤーン。鼻のほくろが弱点。
その他
  • クレイマー
地球総合警備本部の代表。
石版の穴を全て埋めた時に現れた。願いを叶える力を持つ。

放映リスト[編集]

話数 放送回 サブタイトル 脚本 放送日 備考
1 1 『集められたエリートたち』 アサダアツシ 2010年01月12日
2 2 『石盤』 01月19日
3 3 『禁断の料理』 01月26日
4 4 『マクア、恋に落ちて…』 02月09日 BGMにはMTK『愛のトライアングル』を使用。
5 5 『笑いのココロ』 02月16日
6 最終話 『わたしのヴァンダム』 02月23日