ダーリンは11さい?!

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダーリンは11さい?!』(ダーリンはじゅういっさい)は、NHK教育テレビ天才てれびくんMAX』で2009年9月15日から2009年11月24日までの奇数週にコーナー「天てれ9分劇場」として放送されたミニドラマである。全5話。

あらすじ[編集]

主人公の牧野マキは中学の同窓会に参加すると、片思いをしていた白鳥セイゴと再会し、恋に落ちた。一ヶ月後、セイゴの母、スワン子の反対を押し切り結婚。そして新婚旅行先のアラスカから帰った際、生徒への土産を入れたカバンに入っていた謎のランプをこすると、セイゴは11歳の時の姿に。その後、セイゴは私立スワン学園の生徒に、マキは同学園の先生として出発することになる。

マキとセイゴの結婚に納得できないスワン子は、調済子を派遣するなどして、2人の中を崩し、セイゴを自分のもとへ戻そうとする。さらに一磨呂先生はマキに惚れ、結婚を迫る。2人に大きなピンチが襲いかかるが、そのような中、セイゴは例のランプを手に入れたアラスカに。

そしてついに…。

キャスト[編集]

本作の主人公。売れっ子のファッションモデル。セイゴが子供の姿になっている間、私立スワン小学校5年1組の代理の担任になった。漢字が苦手で本の朗読が遅く、『走れメロス』を1ページ読むのに10分かかるほどである。また、教師としての指導力も乏しく、教科書を読むだけで問題演習をやらせることや、教科書以上のことを教えたりはしていない。好きな食べ物はカレー味のたこ焼き。
マキの結婚相手。私立スワン学園の教師で、5年1組の担任だったが、11歳の姿になった後は、牧野セイゴの名前でこの学園の5年1組の生徒となった。最終話で、アラスカのランプを手に入れた店に行き、元の姿に戻った。
セイゴの母であり、かつ私立スワン学園の理事長。自分より背が高いという理由でマキとの結婚に反対した。それでセイゴを自分のもとに戻そうと、済子を派遣するなどしてマキとセイゴの仲を崩そうとした。最終話で、例のランプをこすり、若返った。その姿は、木下優樹菜にそっくりである。
私立スワン学園の教師。体育教師風の服装をしている。熱血漢だが、多少空回りすることもある。登場ごとにYOUNG MAN (Y.M.C.A.)を歌っている。とても女性に惚れやすく、話の中ではマキの他、済子、若返ったスワン子に、「結婚してください」と頼んだ。
私立スワン学園5年1組の生徒。11歳の姿になったセイゴに恋心を抱いている。平玉とは仲が悪く、セイゴをめぐってよく喧嘩している。運動神経0であり、セイゴの歓迎会の時にチアリーダーの格好をしてダンスした時も、全く踊れていなかった。
私立スワン学園5年1組の生徒。11歳の姿になったセイゴに恋心を抱いている。ペッキーとは仲が悪く、セイゴをめぐってよく喧嘩している。
いずれも役名は不明。
2話より登場。マキとセイゴの隣の部屋に引っ越してきた。詮索好きで、イヤミな性格。3話より、スワン子の策略で、私立スワン学園5年1組の副担任となり、マキとセイゴの関係を崩そうとした。
第1話に登場。
第1話に登場。てれび戦士2009年度前期の衣装を着用していた。
  • アラスカの路上販売人(演:笠原拓巳)
最終話に登場。セイゴが手に入れたランプを売っていた。口上や着ている服は「男はつらいよ」の寅さんのパロディ。

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 放送日 備考
1 「愛の試練が11歳!?!」の巻 アサダアツシ 2009年09月15日
2 「歓迎会で大騒動!」の巻 10月06日
3 「マキ、教室で大ピンチ!」の巻 10月20日
4 「マキとセイゴが大げんか!」の巻 11月10日
5 「マキとセイゴ、新たなる・・・・?!」の巻 11月24日