伊倉愛美

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本のアイコン.png この記事は全体が[ソース求む!]の状態のようです。
情報源をご存知の方は是非紹介してください。(強制ではありません。)
いくら まなみ
伊倉 愛美
伊倉 愛美
プロフィール
愛称まなみん
生年月日1994年2月4日
現年齢27歳
出身地日本国旗.png日本 埼玉県
血液型AB型
毛髪の色
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重152 cm / kg
スリーサイズ77 - 57 - 83 cm
靴のサイズ23.0 cm
活動
デビュー1995年
ジャンル女優タレント
モデル内容一般
備考ももいろクローバーメンバー
クリィミー・パフェメンバー
モデル: テンプレート - カテゴリ

伊倉 愛美(いくら まなみ、1994年平成6年)2月4日 - )は、日本女優タレントである。

埼玉県出身[1]。フリーランス。

略歴[編集]

  • 成城学園高等学校青山学院女子短期大学現代教養学科卒業[2]
  • 1995年(平成7年) - 赤ちゃんの雑誌のモデルなどとして、芸能活動を始める。翌年、『いないいないばあっ!』の虫さん役で出演によりTVデビュー。
  • 1997年(平成9年) - クレヨンからファイブ☆エイトへ移籍。
  • 2000年(平成12年)4月 - 『ひとりでできるもん!』に主人公・今田まい(3代目まいちゃん)役としてレギュラー出演。
  • 2002年(平成14年) - 以前所属していたクレヨンに再度移籍。歯並びを安定させる目的もあり、芸能活動を減らしていた。
  • 2004年(平成16年) - 『天才てれびくんMAX』にてれび戦士として3年間出演。
  • 2007年(平成19年) - スターダストプロモーションに移籍。翌年、同プロモーションのアイドルユニット「ももいろクローバー」を結成し、活動を開始。
  • 2008年(平成20年)12月29日 - 同グループを卒業すると同時に、伊倉を含めた3人(伊倉、藤白すみれ春日南歩)で新アイドルユニット「クリィミー・パフェ」を結成、活動を開始。
  • 2009年(平成21年)12月27日 - 「クリィミー・パフェ」の活動休止を発表し、同月29日を最後に同グループの活動を休止した。
  • 2010年(平成22年)6月 - スターダストプロモーションを退社。同年10月25日、アメーバブログで「いくらなんでもまなみんみん日記」を開始。同年12月5日、ブログで太田プロダクション移籍を発表[3]
  • 2011年(平成23年)8月31日 - GREEで公式ブログを開始[4]。同年9月14日、アメーバブログでオフィシャルブログとして登録され、タイトルが「いくらちゃんねる」となる[5]
  • 2012年(平成24年)12月6日 - Facebookを開始。
  • 2015年(平成27年)3月9日 - 愛知県のNAGOYA CLUB QUATTROにて行われた、ももいろクローバーZ高城れにのソロコンサート「高城の60分4本勝負・第二部」に飛び入り参加し、歌声を披露[6]
  • 2016年(平成28年)11月18日 - 青山月見ル君思フにて、初のソロワンマンライブ「イクラのフライデーナイトライブ! 略してイクラフライ」開催。公演ではかつての事務所の同僚である和川美優藤白すみれもゲスト出演し[7]、クリィミー・パフェのオリジナル曲「恋するオトメゴコロ」を歌唱した[8]
  • 2019年(令和元年)5月31日 - 太田プロダクションを退社しフリーランスになる[9]

人物[編集]

  • 左利きである。
  • 憧れの女優は柴咲コウ
  • 本人は自身を「負けず嫌い」と話している。

作品[編集]

シングル[編集]

  • 2001年 運動会用CD ビバ!キッズ体操〜ミッキーマウス・マーチ〜(2001年)
  • 2001年 はっぴょう会・おゆうぎ会用CD1 てちてちまーち(2001年)
  • 2002年度用 運動会用CD4 FUNK大漁節(2002年)
  • 2002年 はっぴょう会・おゆうぎ会用CD2 じょんがらまつり(2002年)

アルバム[編集]

  • タンタタ・タウンへチックタック!(2000年)
  • NHKひとりでできるもん!ベスト60(2001年)
  • NHKひとりでできるもん!(2001年4月21日)
  • NHKひとりでできるもん!(2001年10月20日)

映像作品[編集]

  • 17すまいる(2011年9月24日、竹書房
  • Manami X(2013年6月28日、エスデジタル)
  • あなただけに(2015年3月20日、イーネットフロンティア)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • LIVING ADV「STEINS;GATE」(2013年10月12日 - 10月20日)フェイリス・ニャンニャン役

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 1.0 1.1 公式プロフィール”. 太田プロダクション. 2018年8月27日確認。
  2. 伊倉愛美 (2014年3月22日). “卒業式”. オフィシャルブログ「いくらちゃんねる」. 2014年4月2日確認。
  3. いくらなんでもまなみんみん日記 (2010年12月5日). “決意。”. 2011年11月23日確認。
  4. アメーバブログと内容はほぼ同じである。
  5. 伊倉愛美 (2011年9月14日). “オフィシャル〜!!”. オフィシャルブログ「いくらちゃんねる」. 2011年11月23日確認。
  6. 当日の事を伊倉の公式ツイッターにて「ももクロのれにのソロコンサートの2部に飛び入り参加してきました!!すごく楽しかった〜♪そしてれに推しの方々が本当にあったかかったです(T ^ T)ありがとうございましたっ!」と綴っている。この日は高城とデュエットで「ももいろパンチ」を歌った。尚、シングル曲のジャケット写真に伊倉は写っていないが、実際は伊倉の歌声が収録されていることを明かした。そのため、高城とデュエットした際にはシングルCD同様、2サビをソロで歌った。最初は観客として行く予定だったが、前日に高城と電話をした際、「YOU、出ちゃいなYO」と高城に半ば強引に誘われ、急いで高城のイメージカラーである紫の服を探し出したとステージ上で語っている。ステージには紫(実際は薄紫)のニットで出演。
  7. 伊倉愛美 (2016年10月18日). “ワンマンライブのスペシャルゲスト♡”. オフィシャルブログ「いくらちゃんねる」. 2016年11月30日確認。
  8. 伊倉愛美 (2016年11月20日). “#イクラフライ ありがとうございました!”. オフィシャルブログ「いくらちゃんねる」. 2016年11月30日確認。
  9. 伊倉愛美 (2019年6月1日). “【ご報告】”. オフィシャルブログ「いくらちゃんねる」. 2019年8月2日確認。

外部リンク[編集]

テンプレート:ももいろクローバーZ

天才てれびくん
1993年(平成5年)度
1994年(平成6年)度
クリスティ1 - 須山彩 - 栗山祐哉 - 清野努 - 小林一裕 - 山口美沙 - ジェニファー・ハースト - 田原加奈子 - 中條慎太郎
1995年(平成7年)度クリスティ1 - 須山彩 - 漆野友美 - 栗山祐哉 - 小林三義 - 清野努 - 三星眞奈美 - 阿部七絵 - 小林一裕 - 山口美沙 - ウエンツ瑛士 - 斉藤拓実 - 田原加奈子 - 中條慎太郎 - ジェニファー・ハースト - 渋谷桃子 - 相ヶ瀬龍史
1996年(平成8年)度栗山祐哉 - 鈴木愛可 - 保里優紀 - 阿部七絵 - 生田斗真 - 大塚清華 - 佐藤北斗 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - 坂田慎一郎 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 棚橋由希 - 相ヶ瀬龍史 - 饗場詩野
1997年(平成9年)度阿部七絵 - 生田斗真 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 相ヶ瀬龍史 - 海道亮平 - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野
1998年(平成10年)度ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 海道亮平 - ジェームス・マーティン - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野 - 安藤奏 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - 山元竜一
天才てれびくんワイド
1999年(平成11年)度石部里紗 - ウエンツ瑛士 - 大沢あかね - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 橋田紘緒 - ジェームス・マーティン - 福田亮太 - 饗場詩野 - 有紗2 - 佐久間信子 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - 須田泰大
2000年(平成12年)度伊藤俊輔 - 石田比奈子 - 逵優希 - 橋田紘緒 - 福田亮太 - 饗場詩野 - エバンス太郎 - 熊木翔 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 俵有希子 - 松下博昭 - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 須田泰大
2001年(平成13年)度エバンス太郎 - 熊木翔 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 竪山隼太 - 俵小百合 - 松井蘭丸 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 中村有沙 - 八木俊彦 - 豕瀬志穂
2002年(平成14年)度熊木翔 - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 松井蘭丸 - 飯田里穂 - 堀江幸生 - マイケル・メンツァー6 - 村田ちひろ4 - ローブリィ翔 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 八木俊彦
天才てれびくんMAX
2003年(平成15年)度岩井七世 - 山元竜一 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 堀口美咲 - Mikey6 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 桜井結花 - 八木俊彦 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2004年(平成16年)度白木杏奈5 - 井出卓也 - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - バーンズ勇気 - 篠原愛実 - ジョアン7 - 中村有沙 - 伊倉愛美 - 髙橋郁哉 - チアキ・レイシー10 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2005年(平成17年)度飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - 近藤エマ - チアキ・レイシー10 - 藤本七海 - 笠原拓巳 - 樹音8 - ライアン11
2006年(平成18年)度コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 大木梓彩 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 藤本七海 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - ライアン11 - 細田羅夢 - 加藤ジーナ
2007年(平成19年)度一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 藤田ライアン11 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 吉野翔太 - ベンジャミン12 - 松尾瑠璃
2008年(平成20年)度笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 重本ことり - 島田翼 - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 山田樹里亜 - 吉野翔太 - 伊藤元太 - 田中理来 - 中村あやの - 水本凜 - ベンジャミン12 - 木村遼
2009年(平成21年)度笠原拓巳 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 齊藤稜駿 - 重本ことり - 鈴木美知代 - 鍋本帆乃香 - メロディー・チューバック - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 中村あやの - 平田真優香 - 水本凜 - 渡辺青來 - 上妻成吾 - 木村遼 - 鈴木純一朗 - 鎮西寿々歌 - 長江崚行 - 白坂奈々
2010年(平成22年)度上原陸 - 齊藤稜駿 - 當山優奈 - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 風戸蘭七 - 木島杏奈 - 野村翔 - 松岡美羽 - 水本凜 - 三井理陽 - 矢部昌暉 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 中村嘉惟人 - 浅野優惟 - 小川向陽 - 金子凜太朗 - 斎藤アリーナダイアナ14 - 白坂奈々 - 田代ひかり - 岡田結実 - 椋木ホセマルティン15
大!天才てれびくん
2011年(平成23年)度木島杏奈 - 矢部昌暉 - 浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - ファデン咲美亜 - 岡田結実 - 勝隆一 - 島田太一 - 椋木ホセマルティン15 - 延命杏咲実
2012年(平成24年)度浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 山田陶子 - 延命杏咲実
2013年(平成25年)度金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 中里萌 - 野田真哉 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 中尾美晴 - 山田陶子 - 相澤侑我 - 延命杏咲実
Let's天才てれびくん
2014年(平成26年)度
2015年(平成27年)度
赤崎月香 - 齋藤茉日 - 辻村晃佑 - 瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 小西憧弥 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 笹原尚季 - 杉本瑛
2016年(平成28年)度瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 久保みのり - 胡内奏芽 - 辻晴仁
天才てれびくんYOU
2017年(平成29年)度原田明莉 - 小澤竜心 - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 齋藤泰世 - 船越夏子
2018年(平成30年)度小澤竜心 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 齋藤泰世 - 船越夏子 - ギュナイ滝美
2019年(平成31年・令和元年)度久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 小田菜乃葉 - 川岸釈天 - 齋藤泰世 - 岸蒼太 - ギュナイ滝美 - 筧礼
天才てれびくんhello,
2020年(令和2年)度佐々木ゆら - 冨士原生 - 芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 谷川理音 - 松尾そのま
2021年(令和3年)度芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 勅使河原空 - 布施麻理亜 - 松尾そのま - 香月萌衣
1クリスティはてれび戦士名、クリスティー・コーサル。
2有紗はてれび戦士名、ダーブロウ有紗。
3安斎舞は2000年度途中で芸名・てれび戦士名を安齊舞に変更。
4村田千宏は2001年度に芸名・てれび戦士名を村田ちひろに変更。
5白木杏奈は2004年度卒業直前に杏奈に芸名変更。
6マイケル・メンツァーは2002年度途中でMikey(マイキー)に芸名変更。
7ジョアンはてれび戦士名、ジョアン・ヤマザキ。
8樹音はてれび戦士名、川﨑樹音(かわさき じゅね)。2007年度にてれび戦士名のものに芸名変更。
9コウタ・レイシーはてれび戦士名、洸太レイシー(こうた レイシー)。
10チアキ・レイシーはてれび戦士名、千秋レイシー(ちあき レイシー)。
11ライアンはてれび戦士名、藤田ライアン。2006年度途中でてれび戦士名のものに芸名変更。
12ベンジャミンはてれび戦士名、ミッチェル・ベンジャミン。
13あかりはてれび戦士名、寺田朱里エステル(てらだ あかり エステル、2010年度)、寺田朱里(てらだ あかり、2011年度から2012年度)。
14斎藤アリーナダイアナはてれび戦士名、斎藤安里奈ダイアナ(さいとう アリーナ ダイアナ)。
15椋木ホセマルティンは2011年度にてれび戦士名を椋木マルティンに変更。
16ニイナはてれび戦士名、長谷川ニイナ(はせがわ ニイナ)。
17林タケルはてれび戦士名、林武尊(はやし たける)。
18芹奈はてれび戦士名、梅田芹奈(うめだ せりな)。
19ソニアはてれび戦士名、マウスソニア。
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典