神戸市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こうべし
神戸市
日本国旗.png日本
地方近畿地方
所属兵庫県
人口1,522,944 人
面積557.02 km2
人口密度2,734 人/km2
公式サイトwww.city.kobe.lg.jp
Wikipedia-logo.png神戸市

神戸市(こうべし)は、兵庫県の南南東に位置する市で、兵庫県の県庁所在地や政令指定都市でもある。人口は約152万人で川崎市についで国内7位。関西の自治体の中では大阪市に次ぐ2位(ただし3位の京都市も150万人弱の人口があり大差はない)

概要[編集]

一般的に知られる神戸は神戸ポートタワーがある地域で、美しい港町である。夜景の街としても有名であるが、神戸を代表する夜景スポットは、神戸の街だけでなく大阪平野が見渡せるのが普通であり、神戸の夜景というより関西の夜景を楽しむ適地としての神戸というのが実態に近い。

江戸時代、神戸は寒村に過ぎなかったが、明治政府は神戸を国際的貿易港似することを考えた。そこで財政難の明治政府が当時ただの寒村だった神戸を大貿易港へ育てるために、姫路を代表とする播磨の豊かな資本の活用や、但馬・丹波の絹織物という商品を神戸に集約させるなどの手段をとり、神戸港の発展につなげ、それが功を奏し現在の神戸市が存在するわけである。しかし、この現実を知っている神戸市民は少ないのが現状で、本来今の神戸市があるのは県内他都市のおかげであることを受け止めるべきであるが、実態はそうではない場面のほうが圧倒的に多い。また、神戸市の中部と東部は旧摂津の国、西部は播磨の国とわかれており、他の事例に倣えば前者は大阪府の一部になっていたはずである。神戸市の特別扱いが垣間見れる事実である。

北側(山側)から阪急神戸本線JR神戸線が走り、もっとも南側(海側)に阪神本線が走る。北側ほど高級な住宅地で東京や共通語を意識した富裕層が多く、南側ほど普通の住宅地でコテコテの関西人が多いと市民の多くが認識している。この3路線の間隔は約100メートルから約500メートルという狭い範囲であり、隣接する芦屋市西宮市まで続く全国的に見ても格差がはっきりしている地域でもある。一方で新神戸駅から六甲山を越えた地域や明石市に近い地域でも新興住宅地が広がっている[1]

行政区[編集]

垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される。 都道府県の境は、主に旧率両国に従っているのが一般的である。これを神戸市(兵庫県)にあてはめれば、中部および東部は旧律令国で摂津国に属する。一方、北区淡河町、須磨区須磨ニュータウン西部、垂水区、西区は播磨国となるる。他の府県境の区分けに従えば、神戸市は、旧摂津国である中部や東部は大阪府の一部となり、旧播磨国である西部は別の県になっていた可能性が高く、神戸市特有の事情(神戸を国際貿易港にする)がなければ、そもそも現在の神戸市が存在していたかどうかも疑問で兵庫県という存在自体どうなっていたか分からない。

沿革[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道
航空路
  • 市内にある神戸空港は本数は少ないながら、神戸の市街地とはポートライナーで18分ほどで結ばれアクセスに優れており、主に東京方面を中心に全国各地に就航している。ただし、関西の中心地といえる梅田を起点にすれば、梅田三宮間の新快速21分と乗り換え時間を加えればならないことは付け加えておく必要があり、神戸市の空港としては利便性は高くとも、関西の拠点となるにはアクセスが便利と断言するのは無理がある。
近距離都市間輸送
  • 神戸から大阪間は3つの路線が並行しているため所要時間や車内設備で争いがあるように見えるが、ただ通過するだけであれば現在ではJRがもっとも便利である。
航路

関連リンク[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]