阪急電鉄

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
阪急から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ、英語:Hankyu Corporation)は、大阪府大阪市に本社を置く(登記上の本店は大阪府池田市)鉄道会社。大手私鉄のひとつ。略称は 「阪急」。神戸線系と宝塚線系と京都線系よりなる。

阪神急行電鉄の略と思われがちだが、1973年までの社名は京阪神急行電鉄であった。しかし、戦時中の(1943年)合併前は阪神急行電鉄という名の社もあったので、阪神急行電鉄の略と考えても、まあ差し支えない。

中吊り広告について、週刊誌系の中吊り広告は、週刊誌の広告にはごくまれに公共の場所にふさわしくない内容が含まれる場合があるため、一切断っている[1]

概要[編集]

鉄道と不動産開発をあわせて行い沿線イメージを向上するタイプの鉄道会社の先駆けである。宝塚などエンターテインメントなどレジャー施設にも積極的に取り掛かり映画で沿線の高級さを宣伝し物件を購入してもらい鉄道の使用や沿線の関連施設で買い物してもらい利益を上げるスタイルを確立。特に住む場所は家庭なら奥様側が選ぶ傾向が強いので女性に支持される、おしゃれで高級な雰囲気が鉄道会社の利益やイメージにつながっている。ただし阪急ブランドは関西のみで有効なもので、関西以外からは鉄道や土地に詳しい人以外には知られていない。似たスタイルは東急と小田急があるが、こちらのほうが有名である。

路線[編集]

神戸線[編集]

宝塚線[編集]

京都線[編集]

列車種別の表示[編集]

列車種別は先頭車両前面の通過標識灯種別表示器(方向幕)で識別できる。

正面の種別・行先表示は他社とは異なり、『行先』・『種別』と逆の表示になっている。

通過標識灯の点灯パターンは以下の通りである。

  • 正面から見て両側が点灯 - 特急・特急日生エクスプレス・通勤特急・快速急行・回送・臨時・貸切・試運転
  • 正面から見て右側が点灯 - 急行・通勤急行・快速・通勤準急・準急
  • 無点灯 - 普通

急行の点灯パターンは近畿日本鉄道と同じである。

方向幕は以下の通りである。

  • 赤地に白色 - 特急・通勤特急・臨時特急・快速特急・直通特急・回送・臨時・貸切・試運転
  • 橙地に黒色 - 快速急行・急行・通勤急行・臨時急行・臨時快速急行(「臨時快速急行」と表記。かつては京都本線での大晦日終夜運転などで掲示したことがあったが、現在は定期列車と同じく「快速急行」と掲示[2]
  • 緑地に白色 - 通勤準急・準急
  • 青地に白色 - 快速
  • 黒地に白色 - 普通・行き先
  • 白色 - 留置中など

歴史[編集]

提供番組[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

  • 阪急電車 - 有川浩の小説『阪急電車』が映画化されたもの。今津線(いわゆる今津北線・宝塚-西宮北口間)を舞台としている。

楽曲[編集]

  • 三国駅 - aikoの楽曲。阪急宝塚本線の三国駅が舞台である。
  • 始まりの場所 - 寿美菜子の楽曲。歌詞にある「あずき色した電車」とは阪急電車のことである
  • ホーム - aikoの楽曲。映画『阪急電車』の主題歌。上記の映画の項目を参照のこと。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本の主な鉄道
JR
JR旅客JR北海道 - JR東日本 - JR東海 - JR西日本 - JR四国 - JR九州
JR貨物
大手私鉄
関東地方東武鉄道 (東武) - 京成電鉄 (京成) - 西武鉄道 (西武) - 京王電鉄 (京王) - 小田急電鉄 (小田急) - 東急電鉄 (東急) - 京浜急行電鉄 (京急) - 東京地下鉄 (東京メトロ) - 相模鉄道 (相鉄) - 新京成電鉄 (新京成)
中部地方名古屋鉄道 (名鉄)
近畿地方近畿日本鉄道 (近鉄) - 京阪電気鉄道 (京阪) - 阪急電鉄 (阪急) - 阪神電気鉄道 (阪神) - 南海電気鉄道 (南海) - 北大阪急行電鉄 (北急) - 泉北高速鉄道 (泉北高速) - 山陽電気鉄道 (山陽) - 神戸高速鉄道 - 神戸電鉄 (神鉄) - 大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro)
九州地方西日本鉄道 (西鉄)
公営鉄道
東北・北海道地方札幌市営地下鉄 - 札幌市電 - 函館市電 - 仙台市営地下鉄
関東地方都営地下鉄 - 東京都電車 - 横浜市営地下鉄
中部地方名古屋市営地下鉄
近畿地方京都市営地下鉄 - 神戸市営地下鉄
九州地方福岡市営地下鉄 - 熊本市電 - 鹿児島市電