東京メトロ銀座線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
銀座線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア東京メトロ銀座線の項目があります。

銀座線(ぎんざせん)とは、東京地下鉄の路線。日本初、及び東洋初の地下鉄である。

概要[編集]

今では渋谷駅から浅草駅までのひとつの路線だが、1941年までは新橋駅を境に浅草方面が 「東京地下鉄道」 、渋谷方面が 「東京高速鉄道」 、と会社も違う2つの路線に分かれていた。最古なゆえに第三軌条方式である。

日本初の地下鉄であり、1927年12月30日に営業を開始した。営業開始時には上野と浅草間の2.2キロほどが開通しただけで、東京地下鉄道の車両は120人乗りの1両編成。運賃は10銭であった。なお、この前日には皇族をはじめとした各界の著名人およそ2000人が試乗している。営業開始当日には午前中からおよそ4万人が詰めかける騒ぎになった。

駅一覧[編集]

  • 駅番号はB線方向(渋谷から浅草の方向)に増加。
  • 駅所在地はすべて東京都内。
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線 所在地
G-01 渋谷駅 - 0.0 東京地下鉄Z 半蔵門線 (Z-01)・F 副都心線 (F-16)(改札外乗り換え)[* 1]
東日本旅客鉄道JY 山手線 (JY20)・JA 埼京線 (JA10)・JS 湘南新宿ライン (JS19)
東京急行電鉄TY 東横線 (TY01)、DT 田園都市線 (DT01)[* 1]
京王電鉄IN 井の頭線 (IN01)
渋谷区
G-02 表参道駅 1.3 1.3 東京地下鉄:C 千代田線 (C-03)・Z 半蔵門線 (Z-02) 港区
G-03 外苑前駅 0.7 2.0  
G-04 青山一丁目駅 0.7 2.7 東京地下鉄:Z 半蔵門線 (Z-03)
都営地下鉄E 大江戸線 (E-23)
G-05 赤坂見附駅 1.3 4.0 東京地下鉄:M 丸ノ内線 (M-13)・Y 有楽町線 (永田町駅:Y-16)・Z 半蔵門線 (永田町駅:Z-04)・N 南北線 (永田町駅:N-07)
G-06 溜池山王駅 0.9 4.9 東京地下鉄:N 南北線 (N-06)・M 丸ノ内線 (国会議事堂前駅:M-14)・C 千代田線 (国会議事堂前駅:C-07) 千代田区
[* 2] 
G-07 虎ノ門駅 0.6 5.5 東京地下鉄:H日比谷線 (虎ノ門ヒルズ駅) 2020年開業予定[1] 港区
G-08 新橋駅 0.8 6.3 都営地下鉄:A 浅草線 (A-10)
東日本旅客鉄道:JY 山手線 (JY29)・JK 京浜東北線 (JK24)・JT 東海道線上野東京ライン〉(JT02)・JO 横須賀線 (JO18)
ゆりかもめU 東京臨海新交通臨海線 (U-01)
G-09 銀座駅
松屋三越前)
0.9 7.2 東京地下鉄:M 丸ノ内線 (M-16)・H 日比谷線 (H-08)
地下通路で東銀座駅日比谷駅有楽町駅に連絡[* 3]
中央区
G-10 京橋駅
明治屋前)
0.7 7.9
G-11 日本橋駅
高島屋前)
0.7 8.6 東京地下鉄:T 東西線 (T-10)
都営地下鉄:A 浅草線 (A-13)
G-12 三越前駅 0.6 9.2 東京地下鉄:Z 半蔵門線 (Z-09)(改札外乗り換え)
東日本旅客鉄道:JO 総武線(快速)(新日本橋駅:JO20)
G-13 神田駅 0.7 9.9 東日本旅客鉄道:JY 山手線 (JY02)・JK 京浜東北線 (JK27)・JC 中央線 (JC02) 千代田区
G-14 末広町駅 1.1 11.0  
G-15 上野広小路駅
松坂屋前)
0.6 11.6 東京地下鉄:H 日比谷線 (仲御徒町駅:H-16)(改札外乗り換え)
都営地下鉄:E 大江戸線 (上野御徒町駅:E-09)
東日本旅客鉄道:JY 山手線 (御徒町駅:JY04)・JK 京浜東北線 (御徒町駅:JK29)[* 4]
台東区
G-16 上野駅 0.5 12.1 東京地下鉄:H 日比谷線 (H-17)(改札外乗り換え)
東日本旅客鉄道:新幹線 東北新幹線・北海道新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・上越新幹線・北陸新幹線
JY 山手線 (JY05)・JK 京浜東北線 (JK30)
JU 宇都宮線(東北本線)・高崎線 (JU02)・JJ 常磐線(快速)(JJ01)・上野東京ライン
京成電鉄KS 本線 (京成上野駅:KS01)
G-17 稲荷町駅 0.7 12.8  
G-18 田原町駅 0.7 13.5
G-19 浅草駅 0.8 14.3 都営地下鉄:A 浅草線 (A-18)
東武鉄道TS 伊勢崎線(東武スカイツリーライン) (TS-01)
  1. 1.0 1.1 渋谷駅では銀座線と半蔵門線は別の駅として扱われる。そのため、銀座線と東急田園都市線の乗り換えは公式には同一ホームで半蔵門線と乗り換えが可能な表参道駅を案内している。一方、銀座線と副都心線を乗り換える時は改札外に出ることになるが、30分の乗り換え時間が設けられている。
  2. 駅所在地は千代田区とされているが、銀座線のホームは港区にある。
  3. 東銀座駅・日比谷駅・有楽町駅との連絡業務は行っていない。
  4. 御徒町駅との連絡業務は行っていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]