長崎市への原爆投下

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが長崎市への原子爆弾投下の項目をおカタく解説しています。

長崎市への原爆投下(ながさきしへのげんばくとうか)とは、この記事が作成されたちょうど73年前(昭和20年(1945年8月9日午前11時2分)に起こった原子爆弾の投下である。広島県広島市と並んで2回目の原子爆弾投下であり、プルトニウム型爆弾が使用された。

概要[編集]

昭和20年(1945年)8月9日午前11時2分、アメリカ軍のB29爆撃機「ボックスカー」によってプルトニウム型原子爆弾が投下され、長崎市の上空およそ500メートルの地点において炸裂した。爆心地は長崎県長崎市松山町である。この原子爆弾の投下により、長崎市街の3分の1が廃墟となり、7万3884名の命が爆風や熱線、火災などで一瞬にして奪われた。最終的には14万人(24万人とも)余りに上る犠牲者を出している。これは当時の長崎市の人口のおよそ3分の2に当たる。爆発した際の爆心地付近の地表温度は3000度から4000度に達したとされている。

現在、長崎市では8月9日は長崎原爆の日と定められ、原爆投下時刻には黙祷を捧げることになっている。

原爆投下ゆかりの施設[編集]

原爆公園[編集]

原爆落下中心碑

爆心地には原爆投下を記念するために「原子爆弾落下中心地之標」が立てられている。

長崎原爆資料館[編集]

原爆公園から徒歩で5分の地にある。旧長崎国際文化会館を被爆50周年を機に改称して、平成8年(1996年)に新しくオープンした。原爆被害の実相コーナーやモニターテレビによる映像資料、原爆記録映画の上映などが行なわれ、核兵器の恐ろしさや戦争の悲惨さを訴えている。

平和公園・平和祈念像[編集]

爆心地の北側一帯が平和公園となっている。公園の北側には平和祈念像が立っている。「平和は長崎から」のスローガンのもとに、長崎市民や日本各地、諸外国から浄財を集め、原子爆弾投下から10周年にあたる昭和30年(1955年8月に完成した。この像は神の愛と仏の慈悲を象徴するブロンズの男性像であり、高さは9.7メートル、重さは30トンの姿を、およそ4メートルの台座にどっしりと構える形で建立されている。製作者は北村西望であり、北村は「天を指差した右手は原爆の脅威を示し、水平に伸ばした左手は地上に永遠なる平和を願い、軽く閉じた眼は犠牲者の冥福を祈っている」のをイメージして建立したのだという。

外部リンク[編集]

長崎市によるWebページ[編集]

その他[編集]

報道機関・連載特集[編集]