イスラム教

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

イスラム教(いすらむきょう)は、唯一神教の宗教。預言者ムハンマドによるコーランの教えを信じる宗教。

概要[編集]

キリスト教に次ぐ世界で2番目に多い宗教人口。世界三大宗教に数えられている。イスラム教徒のことはムスリムと呼ぶ。イスラム教のことは、イスラームイスラーム教とも表記されることがある。宗教という意味合いの強い「教」を取り去って「イスラーム」と呼ぶべきだという声もある。

宗派[編集]

シーア派スンニ派がよく知られているが、同じ宗派の中でもイスラム教への考え方は異なっている。

偶像崇拝[編集]

イスラム教では基本的に偶像崇拝を禁止している。ただ、宗派によって何が偶像崇拝になっているのか異なっているため、イスラム教全体で具体的に何が禁止という統一基準はない。スンニ派は、「コーラン」の教えを厳格に適用して偶像崇拝を禁止して肖像画を掲示することは禁止されている。一方で、シーア派は、預言者ムハンマドの偶像崇拝などは禁止されてはいるもののそこまで厳格ではない。イラン・イスラム共和国では聖者(イマーム)の肖像が掲げられていたり、墓参りのようなことも行われている。このように、宗派によって偶像崇拝をどこまで厳格に適用するのかはばらつきがある。

歴史[編集]

ムハンマド[編集]

西暦610年にムハンマドは神の啓示を受けたとした。少数による宗教であり、630年代には多数のイスラム教徒が集まることとなった。

スンニ派とシーア派[編集]

ムハンマドの死後は内紛も起こるようになっていく。4代目カリフとなったアリーに反発した勢力により、アリーは息子共々殺害される。

この事件によって4代目以降のカリフを認めるかどうかで宗派が分かれることになる。アリーと子孫のみが指導者たりえるという主張(シーア派)と、シーア派を認めないスンナ派に分かれた。

カリフ乱立[編集]

スンニ派とシーア派の分裂以降も、イスラム帝国の間では内紛が続く。反面、イスラム教の信徒数は増えていくのだった。

イスラム世界には、カリフを名乗るものが何人も乱立することがあった。

ムスリムの人物[編集]

イスラム教とキリスト教[編集]

  • 聖典に聖書が含まれ、同じヤハウェを唯一神としているという共通点はあるものの、基本的にイエス・キリストをヤハウェの子として認めていないようで、互いに相容れない存在とされている[1]

脚注[編集]

  1. ヨハネの第一の手紙(口語訳)2章22節”. ウィキソース (2019年3月25日). 2019年5月5日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ