特別攻撃

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。
特別攻撃を受けるバンカー・ヒル (空母)のイラスト

特別攻撃(とくべつこうげき、英:Special Attack)とは、己の生還を度外視した特別な攻撃である。

概要[編集]

太平洋戦争にて日本軍が多用し、少なくない戦果を上げた事で世界的に有名になり、それを模倣したのが自爆テロである。

自殺行為や無駄死にや犬死にと言われる事もあるが、キリスト教的には復活があるのでそんなの関係ねぇ

イエス・キリストは「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」[1]と言っているので、ある意味キリスト教的なのかもしれない。

特に沖縄戦ではアメリカの太平洋艦隊司令長官ニミッツ大将に「もう持ち堪えられない」と言わせる程の戦果を上げた[2]

しかし飛行技術が不足しているパイロットを起用した特攻は、ほとんど戦果を挙げられなかった模様。国民の戦意を高めるために特攻隊員は利用されていたという意見もある[3]

参考動画[編集]

YouTube 動画リンク

脚注[編集]

  1. ヨハネによる福音書(口語訳)15章13節”. ウィキソース (2018年2月10日). 2018年12月23日確認。
  2. 沖縄戦#沖縄戦での特別攻撃隊”. ウィキペディア (2019年1月1日). 2019年1月10日確認。
  3. 特攻 歪められた戦果 ~元兵士 戦後70年の証言~”. youtube (2015年3月2日). 2019年8月12日確認。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア特別攻撃隊の項目があります。