坊ノ岬沖海戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坊ノ岬沖海戦(ぼうのみさきおきかいせん)とは、太平洋戦争の末期に沖縄へと向かった大日本帝国海軍の艦隊が、アメリカ海軍の艦載機による攻撃を九州坊ノ岬沖で受けたという海戦である。

概要[編集]

大日本帝国海軍にとって切り札的な存在となっていた戦艦大和が沈んだ海戦という事で有名。沖縄戦に参加する事は叶わなかった。

上空援護の戦闘機が無く、敵の雷撃機への対処が不足し大和を失う事になる、という事は帝国海軍自体が良く理解していた事だと思われる。しかし他に有効な手も無く、結果的にはマレー沖海戦の立場逆バージョンを強いられたような格好になってしまった。

参考動画[編集]

  • 日本の視点での動画
YouTube 動画リンク

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア坊ノ岬沖海戦の項目があります。
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達が坊ノ岬沖海戦を執筆しています。