広島市への原爆投下

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア広島市への原爆投下の項目があります。

広島市への原爆投下(ひろしましへのげんばくとうか)とは、太平洋戦争末期の昭和20年(1945年8月6日午前8時15分に、アメリカ軍のB29爆撃機エノラ・ゲイウラン型原子爆弾リトルボーイ広島県広島市に投下し、同市中心部の広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)付近の上空およそ600メートルで爆発し、強烈な熱線や爆風、放射線で市内の広範囲が瞬時に壊滅した。広島市の推計によると、当時の人口約35万人のうち、同年末までに約14万人が死亡したとされ、現在も多くの被爆者が放射線の影響によるや病気などの健康不安によって苦しめられている。

1945年9月3日、原爆投下後の状況をオーストラリアジャーナリストであるウィルフレッド・バーチェットが世界に打電し、イギリス紙のデーリー・エクスプレスに大きく掲載された。爆風で無傷の被爆者放射能で犠牲になってゆくその様子を当時は「原爆病」という言葉で表現した。

現在、広島市では8月6日は原爆の日に指定され、原爆投下時刻に黙祷を捧げ、核兵器と訣別し、平和を祈る日とされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

子供向け説明[編集]