沖縄戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖縄戦(おきなわせん、英:Battle of Okinawa)とは、1945年3月26日から6月23日まで行われた、沖縄本島とその周辺海域での大日本帝国アメリカの戦闘である。

概要[編集]

太平洋戦争における地上戦の最終局面に相当し、「近代史上最悪の戦い」とか「挽肉製造機」とか言われる事もあるくらい壮絶。犠牲者は3ヶ月で25万人に登り、両軍ともに最高死傷率を記録した。

その驚異的な損害ゆえにアメリカが日本に原子爆弾を落とす気になったとされている。

10万人以上の日本兵、15万人以上の沖縄県民、1万4千人の米兵が死亡したとされている。

地上[編集]

上陸作戦の規模は第二次世界大戦で最大規模とかノルマンディー上陸作戦を上回ったとか言われている。

地上戦では5月12日から18日にかけて行われたシュガーローフの戦いが特に激戦となり、6日間だけで死傷者2662名・戦闘疲労患者1289名の損害がアメリカ側に出た模様。日本軍側の損害は日本軍側も米軍側も記録していなかったのか不明とされているが、たぶん数千人くらい?と推定されている。

沖縄の住民は日本軍に招集されて斬り込みに使われたり、住民に変装した日本軍と疑われて米軍から攻撃される事もあった。

海上[編集]

海上のアメリカ艦艇は日本軍機の連日に渡る特別攻撃により、34隻が沈没、368隻が損傷、9,000人以上の犠牲者を出し、「死の海」と化した。

参考動画[編集]

  • アメリカの視点での動画
YouTube 動画リンク
  • 日本の視点での動画
YouTube 動画リンク

題材作品[編集]

映画
ハクソー・リッジ

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク