ハル・ノート

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハル・ノートとは、日本真珠湾攻撃に仕向けたと言われるアメリカ側からの外交文書。

概要[編集]

太平洋戦争の引き金を引いたのがこの「ハル・ノート」と言われる事がある。

内容としては「中国から手を引け」というもので、妥協案を提示していた当時の日本としては考えられないものだった。

ある意味、戦争は外交戦の最終手段という事が良く分かる。アメリカの大統領「フランクリン・ルーズベルト」といえども感情に流される事があると見える。

そういう意味では戦争は外交戦の「氷山の一角」と言えるのかもしれない。

参考動画[編集]

YouTube 動画リンク

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアハル・ノートの項目があります。
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達がハルノートを執筆しています。