ペリリューの戦い

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペリリューの戦い(ペリリューのたたかい、英:Battle of Peleliu)とは、1944年9月15日から11月27日まで行われた、ペリリュー島を巡る大日本帝国アメリカの戦闘である。

概要[編集]

東洋1と謳われる飛行場がある日本が委任統治している島にアメリカ軍が上陸し、時間は掛かったがアメリカ軍占領した。

「アメリカ史上最悪の犠牲を払った戦い」「狂気戦場」「地獄の戦場」などと呼ばれる。

ペリリュー島の守備を任されていた中川州男陸軍大佐は、アメリカ軍を内陸へ誘い込んで徹底抗戦するゲリラ戦を展開し、かなりの死傷者をアメリカ軍に強いる事に成功した事で有名。

この島の日本軍の組織的抵抗は1944年11月27日で終わったが、残存兵が1947年4月22日まで潜伏していた。

日本軍と現地住民の関係は良好だったようで、戦闘前には島外に疎開が進められた模様。

参考動画[編集]

  • アメリカ側の視点での動画。
YouTube 動画リンク
  • 日本側の視点での動画。
YouTube 動画リンク

投入された主な車両[編集]

日本軍
アメリカ軍

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアペリリューの戦いの項目があります。
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまでペリリューの戦いの記事を執筆しています。