ウクライナ危機 (2022年)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

ウクライナ危機とは、ロシアウクライナに対する懸念が強まったことにより発生した、国際的な緊張状態のことである。なお、この記事では2021年から2022年にかけて発生した危機をいう。2014年のウクライナにおける緊張状態は、2014年クリミア危機を参照。

背景[編集]

ウクライナは過去にソビエト連邦としてロシアに帰属していた。その頃からウクライナ国内では、圧政により反露感情が高まる傾向があった。1991年ソ連が崩壊した後、ソ連がそれまで緩衝地帯としてきたルーマニアブルガリアバルト三国などが次々とNATOに加盟したことで、ロシア内部にこの地域に核ミサイルが設置されるのではないかといった軍事的脅威を不安視する声が上がり、懸念が強まっていた。

ウクライナのNATO加盟路線[編集]

ウクライナのゼレンスキー大統領はNATO加盟を支持していたため、ロシアのプーチン大統領は以前より警戒を強めていた。