ドナルド・トランプ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドナルド・トランプDonald John Trump1946年6月14日 - )は、米国(アメリカ合衆国)の第45代大統領である(在任:2017年 - )。政界に入る前は、ビジネスマンであり、テレビのテレビタレントであった。

経歴[編集]

1946年6月14日、ニューヨーク市クイーンズ区のジャマイカ病院[1]で生まれた。父は不動産業のフレデリック・クライスト・トランプ、母はメアリー・アン・マクレオである。トランプはクイーンズ区のジャマイカ・エステーツで育ち、キュー・フォレスト・スクール[2]に幼稚園から13歳まで通った。トランプが許可なくニューヨークにたびたび抜けだすことを両親が発見したため、13歳でニューヨーク・ミリタリー・アカデミー(私立全寮制の寄宿学校)に移った。

1964年フォーダム大学に入学したが、2年後にペンシルベニア大学ウォートン校に入学した。ウォートン校の在学中に家族経営の会社エリザベス・トランプ・アンド・サンで働いた。1964年に経済学士を得て卒業した。1968年ベトナム戦争の期間中は、骨棘の診断を受けて徴兵されなかった。

卒業後は父親のビジネスにフルタイムで従事した。

1983年、ニューヨーク中心部に超高層ビル「トランプ・タワー」を建設した。

1987年、自伝「ジ・アート・オブ・ザ・ディール」を出版し、ベストセラーになる。

1988年、ニューヨークの超高級ホテル「プラザホテル」を買収する。

2004年、テレビ番組「アプレンティス(見習い)」のホスト役を務め、「お前はクビだ」のセリフが流行した。

2012年大統領選挙の共和党候補で2019年1月3日に米上院議員に就任するミット・ロムニーに対し、「チームプレーヤー」になるよう呼び掛けた。ロムニーはワシントン・ポスト紙の論説でトランプ大統領が、人格という点で資質不足であると指摘した[3]

米下院は2018年12月21日、つなぎ予算案を可決せず22日正午(日本時間23日午前2時)まで休会に入り、米政府の暫定予算は21日で期限切れとなった。米政府機関の一部は22日午前0時(日本時間同日午後2時)から閉鎖された。この閉鎖は連邦政府の職員80万人に影響し、うち38万人が一時帰休となった。さらに42万人が無給で働くことになった[4]

2019年1月4日、米政府機関の閉鎖は3週目に入り、ペロシ下院議長は政府機関再開を目指し、下院で再開のための措置を採決する考えを表明した[5]

大統領選挙[編集]

2000年大統領選挙[編集]

アメリカ合衆国改革党から予備選挙に出馬したが、2000年2月に撤退した。2005年になって、ジョージ・H・W・ブッシュに投票したと明かした。

2012年大統領選挙[編集]

2012年はミット・ロムニーを支持して予備選挙には出なかった。

2016年大統領選挙[編集]

2015年6月16日にニューヨーク・マンハッタンのトランプタワーで共和党の大統領候補として予備選挙に出馬すると表明した。 2016年5月3日、トランプ以外のすべての候補が撤退し、大統領候補指名獲得が確実になり、2016年7月の共和党予備選挙で正式に共和党の大統領候補に指名された。 2016年11月8日、トランプは306人の代議員を獲得し、232人のクリントン候補に勝った。 2017年1月20日、就任式を経て、第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。

人物[編集]

  • アルコールを飲まず、タバコも吸わない。兄の一人がアル中で早世したことの反動である。
  • ステーキの焼き方は超ウェルダンを好む[6]

参考文献・注釈[編集]