遠藤保仁

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 遠藤保仁
選手情報
本名 遠藤保仁
英字表記 Yasuhito Endo
生年月日 1980年1月28日(41歳)
出身地 日本鹿児島県
身長 178 cm
体重 75 kg
ポジション ミッドフィールダー
クラブ情報
所属クラブ ジュビロ磐田
背番号 50
クラブチーム
1998
1999-2000
2001-2020
2020-
横浜フリューゲルス
京都パープルサンガ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田
代表チーム
2002-2015 日本
Wikipedia-logo.pngウィキペディア遠藤保仁の項目があります。

遠藤 保仁(えんどう やすひと、1980年1月28日 - )は日本サッカー選手。愛称は 「ヤット」 。

来歴[編集]

地元では有名な「桜島の遠藤三兄弟」の末っ子。次兄は横浜F・マリノスヴィッセル神戸に所属した遠藤彰弘である。

名門・鹿児島実業高校卒業後、1998年横浜フリューゲルスに入団するが、同年限りでクラブが消滅。1999年京都パープルサンガに移籍する。2001年、京都がJ2に降格したため、ガンバ大阪へ移籍。以降、チームの中心選手として活躍している。ガンバ移籍時(当時20歳)の移籍金は1億5000万円(1億2000万円、1億8000万円説あり)と言われている。

全盛期では非常に完成度の高いボランチとされるも、サッカー選手としてのピークを過ぎた現在、ポスト遠藤待望論が日本サッカー界では巻き起こっている。

2020年7月4日J1第2節・vsセレッソ大阪戦でJ1通算632試合出場を達成。楢崎正剛の631試合を抜き、歴代トップとなった。

人物・エピソード[編集]

  • スピードを生かしたプレーや突破は得意ではないが、その代わりに距離があってもしっかりとゴールマウスをとらえられるミドルシュートを持つため得点力もある。また、テクニックタイプの割にはボディーコンタクトが強くボールを失いにくい。
  • 一般のサッカーファンからは、プレイの質が派手でない上にポジショニングの良さなど評価されにくいプレイが多いため、どうしても批判の的になりやすいが、サッカーに関わっている人物からの評価は高い傾向にある。とりわけ日本代表で共にプレーした選手からの評価が高く、長谷部誠は「「ヤットさんは本物の存在感がある選手」、内田篤人は「サッカーの人すげえなって思うのはヤットさん(遠藤)。パス練習とかするんですけど、難しいボールとかがきて、なにげなくパッと止めて。ピタッて。俺とか、清武(弘嗣)とかがそれを見て、笑っちゃうんですよね。“うまぁ”って」と述べている。又、李忠成は初めて代表に呼ばれて驚いたこととして「ヤットさんが上手すぎる」「正確すぎるほど正確」と取材で述べている。
  • 2007年6月1日モンテネグロ戦(キリンカップ2007)で自身初の主将を務めた。これに関してはウォーミングアップ中にオシム監督に阿部勇樹と共に呼ばれ「どちらかがキャプテンマークをつけなさい」と言われ即答で申し出たという。また、この試合で中澤佑二の得点をアシストしている。
  • 2010 FIFAワールドカップグループリーグ初戦のカメルーン戦は、標高1700メートルを越える高地ヨハネスブルグという酸素も薄く慣れない環境の中での試合であったが、日本代表の中で1番長い距離を走り切りフル出場を果たしている[1]。岡田監督の下ではボランチとして使われることが多かったが、この試合ではトップ下として出場。W杯直前に変更されたチーム戦術にも完全に適応しており、決勝点をアシストした松井大輔へ鋭いパスを通すなど攻撃の起点となるとともに、前線からの守備で要所でパスカットをするなど、勝利に大きく貢献した。
  • この大会の公式ボール”ジャブラニ”は、当時世界的に流行っていた無回転シュート向けに特化した性質を持っていた。そのため、カーブ系の曲げる直接フリーキックを得意とするリオネル・メッシアンドレア・ピルロといった名選手たちは皆揃って悪戦苦闘する。そんな中で、ボールを曲げる直接FKでゴールを決めたのは遠藤ただ一人であった。尚、W杯で1試合2本のフリーキック成功は44年ぶりである[2]
  • 超低速のコロコロPKが持ち味のひとつ。一見楽に止められそうに見えるが、遠藤の助走はボールに近づくにつれて減速するため、大抵のGKは我慢できずにどちらかに飛んでしまう。プロになってから公式戦でPKを失敗したのは5回[3](2010年2月27日現在)で、それ以外ほとんどのPKを決めてきたことから、「PK職人」と言われている。2010年シーズン終了時点で、J1では現役最多の22得点(歴代最多得点は福田正博の27得点、成功率約7割)を決めており、リーグ戦での失敗は2回のみで成功率9割以上である。加えて、2008年のFIFAクラブワールドカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドとの対戦では、コロコロPKで元オランダ代表ファン・デル・サールからゴールを奪い、2010年のFIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でも1人目を任され、成功させた(ただし、この時はジャブラニがコロコロPKに合わないという理由で鋭く蹴った)など、代表での試合を含め国際大会においては未だに失敗をしたことがない。本人はかつてインタビューで「強く蹴れないのか?」「普通に蹴れないのか?」という質問に対し、「自然に身についたものなので」「あれ(コロコロPKのこと)が普通なので」と語っていた。しかし最近ではキーパーの動きを見てから蹴る動作は変わらないものの強いシュートを蹴り、ゴールネットを豪快に揺らす強烈なPKも見られるようになった。
  • 2010年6月の情熱大陸で取り上げられた際、ハーフタイム中に必ずシャワーを浴びることが紹介された。ロッカールームでの着替えシーンでは監督の指示をあまり聞いていないように見えたが本人は「ちゃんと聞いている」と語った。2010年のワールドカップのハーフタイムでもシャワーを浴びたという。
  • 2011年11月3日第31節、ガンバ大阪鹿島アントラーズの試合で、遠藤がまだ倒れているキム・スンヨンにパスを出したシーンがYouTubeで「ドSヤット」としてアップロードされ話題となった。
  • 2012年1月20日にNHK BS1で特集された特別番組『ドーハは悲劇だったのか~日本サッカー あの日からの18年~』において、元日本代表監督のハンス・オフトは今一番会いたい選手として遠藤を指名し、対談する。その席上にて「遠藤の素晴らしさを日本で理解している人はまだまだ少ない。君は選手として全ての才能を持つ。状況判断、技術、メンタル。全てだ」と賞賛した。また別の日にインタビュアーから「日本サッカーは何処を目指すべきか?W杯ベスト4か?それとも優勝か?」と問われ、「まずは日本は世界のベスト10を目標にするべき。それは遠藤のような選手を11人そろえれば必ずなれる」と、ここでも遠藤を賞賛していた。遠藤は「ここまで評価して頂いているとは思わなかった。監督をして欲しいくらい」と、喜びを表現していた。
  • 容姿が似ているため「ガチャピン」という愛称を持ち、スタジアムでガチャピンのイラストや人形を掲げて応援するサポーターも多い。2005年9月24日放送のフジテレビポンキッキーズ」に出演した際、本物のガチャピンと共演し、「僕に似てるって言われるでしょ」と質問をされ、「昔は良く似てるって言われてました」と答えた。2010年には所属するガンバ大阪やフジテレビKIDSで、遠藤とガチャピンのコラボグッズが発売された。さらには2018年エイプリルフールで、クラブ公式ホームページで遠藤の画像が1日だけガチャピンの画像に差し替えられた。
  • 岡田彰布とも顔がそっくり。
  • 夫人は高校時代の同級生で[4]、3人の子供(娘2人、息子1人)がいる[5]
  • 性格はマイペースでおっとりしている。中村俊輔いわく「プレッシャーをかけてもゆっくり」とのこと。本人は「緊張はしないし、慌てたりすることもない。ストレスは感じない方。人の話をあまり聞いてないところが欠点」と自己分析している。
  • 2007年、自身初となる写真集を発売。クラブのバンディエラ・宮本恒靖の退団後は名実ともにガンバ大阪の顔となっている。
  • 愛称の 「ヤット」 から、毎年8月10日を 「ヤットの日」 としている。

欧州移籍論[編集]

遠藤保仁は、黄金世代のメンバーだが小野伸二稲本潤一高原直泰が20代前半で欧州の舞台を経験。さらには中田浩二小笠原満男らが続いた。欧州挑戦を横目に見ながら、遠藤は一度たりともJリーグから飛び出さなかった。以下、本人のコメント「う~ん、ポルトガルやオランダ、スペインとかならお金が良くなくても行きたいって話はしてたけど、オファーがなかったのかな。やっぱりドイツ(ワールドカップ)で出れなかったのが大きかった。2010年のワールドカップ後に良い話はもらったけど、そのときは正直、イタリアには興味がなかったし、ガンバで不満もなかったからね。」

クラブチームの統計[編集]

年度 リーグ 試合 得点
横浜F リーグ
1998 J 27 16 1
通算 16 1
京都 リーグ
1999 J1 14 24 4
2000 14 29 5
通算 53 9
G大阪 リーグ
2001 J1 19 29 4
2002 30 30 5
2003 7 30 4
2004 7 29 9
2005 7 33 10
2006 7 25 9
2007 7 34 8
2008 7 27 6
2009 7 32 10
2010 7 30 3
2011 7 33 4
2012 7 34 5
2013 J2 7 33 5
2014 J1 7
通算 399 82
総通算 468 92

表彰[編集]

  • 最優秀選手賞 (2014年)

代表チームの統計[編集]

日本代表
試合 得点
2002 1 0
2003 11 1
2004 16 2
2005 8 0
2006 8 0
2007 13 1
2008 16 3
2009 12 0
2010 15 2
2011 13 0
2012 11 1
2013 16 2
2014 8 2
通算 148 14

脚注[編集]

  1. 平均7.8キロ、日本「走り勝ち」/W杯”. 産経 スポーツ2010年6月15日). 2010年6月14日確認。
  2. 本田は無回転、遠藤は高速回転…日本のFK分析読売新聞、2010年6月26日
  3. 5回のうち、2回は立石智紀によって防がれている。そのほかは徳重健太川島永嗣曽ヶ端準相手に1回ずつ失敗している。ただし曽ヶ端の時は枠を外したものによる。
  4. 遠藤保仁選手インタビュー 奥様GAMBA TV〜青と黒〜 インタビュー
  5. 遠藤保仁(プロサッカー選手) 毎日放送 情熱大陸、2010年6月6日放送

関連ページ[編集]

1990年代93: 三浦知良 (ヴェルディ川崎) | 1994: ペレイラ (ヴェルディ川崎) | 1995: ストイコビッチ (名古屋グランパスエイト) | 1996: ジョルジーニョ (鹿島アントラーズ) | 1997: ドゥンガ (ジュビロ磐田) | 1998: 中山雅史 (ジュビロ磐田) | 1999: アレックス (清水エスパルス)
2000年代2000: 中村俊輔 (横浜F・マリノス) | 2001: 藤田俊哉 (ジュビロ磐田) | 2002: 高原直泰 (ジュビロ磐田) | 2003: エメルソン (浦和レッズ) | 2004: 中澤佑二 (横浜F・マリノス) | 2005: アラウージョ (ガンバ大阪) | 2006: 田中マルクス闘莉王 (浦和レッズ) | 2007: ポンテ (浦和レッズ) | 2008: マルキーニョス (鹿島アントラーズ) | 2009: 小笠原満男 (鹿島アントラーズ)
2010年代2010: 楢崎正剛 (名古屋グランパス) | 2011: レアンドロ・ドミンゲス (柏レイソル) | 2012: 佐藤寿人 (サンフレッチェ広島) | 2013: 中村俊輔 (横浜F・マリノス) | 2014: 遠藤保仁 (ガンバ大阪) | 2015: 青山敏弘 (サンフレッチェ広島) | 2016: 中村憲剛 (川崎フロンターレ) | 2017: 小林悠 (川崎フロンターレ) | 2018: 家長昭博 (川崎フロンターレ) | 2019: 仲川輝人 (横浜F・マリノス)
2020年代2020: オルンガ (柏レイソル)
Jリーグアウォーズ(最優秀選手賞 - JB11 - 得点王 - JBYP賞 - JFP個人賞 - J2MEP - 功労選手賞 - 最優秀監督賞 - 最優秀主審賞 - JBP賞)