中村憲剛

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 中村憲剛
選手情報
本名 中村憲剛
英字表記 Kengo Nakamura
生年月日 1980年10月31日(40歳)
出身地 日本東京都
身長 175 cm
体重 66 kg
血液型 O 型
ポジション ミッドフィールダー
クラブチーム
2003-2020 川崎フロンターレ
代表チーム
2006-2013 日本
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが中村憲剛の項目をおカタく解説しています。

中村憲剛(なかむら けんご、1980年10月31日 - )は日本サッカー選手。

経歴[編集]

中央大学卒業後の2003年に川崎フロンターレに加入。クラブでの通算出場数はトップの546試合。

2020年11月、同年のシーズンをもって現役を引退することを発表した。

クラブチームの統計[編集]

年度 リーグ 試合 得点
川崎 リーグ
2003 J2 26 34 4
2004 14 41 5
2005 J1 14 29 2
2006 14 34 10
2007 14 30 4
2008 14 34 4
2009 14 32 4
2010 14 27 4
2011 14 30 4
2012 14 34 5
2013 14 29 7
2014 14
通算 354 53
総通算 354 53

表彰[編集]

  • 最優秀選手賞 (2016年)

代表チームの統計[編集]

日本代表
試合 得点
2006 3 1
2007 13 0
2008 13 2
2009 12 2
2010 11 0
2011 4 1
2012 7 0
2013 5 0
通算 68 6

関連ページ[編集]

1990年代93: 三浦知良 (ヴェルディ川崎) | 1994: ペレイラ (ヴェルディ川崎) | 1995: ストイコビッチ (名古屋グランパスエイト) | 1996: ジョルジーニョ (鹿島アントラーズ) | 1997: ドゥンガ (ジュビロ磐田) | 1998: 中山雅史 (ジュビロ磐田) | 1999: アレックス (清水エスパルス)
2000年代2000: 中村俊輔 (横浜F・マリノス) | 2001: 藤田俊哉 (ジュビロ磐田) | 2002: 高原直泰 (ジュビロ磐田) | 2003: エメルソン (浦和レッズ) | 2004: 中澤佑二 (横浜F・マリノス) | 2005: アラウージョ (ガンバ大阪) | 2006: 田中マルクス闘莉王 (浦和レッズ) | 2007: ポンテ (浦和レッズ) | 2008: マルキーニョス (鹿島アントラーズ) | 2009: 小笠原満男 (鹿島アントラーズ)
2010年代2010: 楢崎正剛 (名古屋グランパス) | 2011: レアンドロ・ドミンゲス (柏レイソル) | 2012: 佐藤寿人 (サンフレッチェ広島) | 2013: 中村俊輔 (横浜F・マリノス) | 2014: 遠藤保仁 (ガンバ大阪) | 2015: 青山敏弘 (サンフレッチェ広島) | 2016: 中村憲剛 (川崎フロンターレ) | 2017: 小林悠 (川崎フロンターレ) | 2018: 家長昭博 (川崎フロンターレ) | 2019: 仲川輝人 (横浜F・マリノス)
2020年代2020: オルンガ (柏レイソル)
Jリーグアウォーズ(最優秀選手賞 - JB11 - 得点王 - JBYP賞 - JFP個人賞 - J2MEP - 功労選手賞 - 最優秀監督賞 - 最優秀主審賞 - JBP賞)