J1リーグ-2016

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

J1リーグ-2016

概要[編集]

18チームが参加。前年に続き2ステージ制での開催となり、Jリーグチャンピオンシップも行われた。

結果[編集]

順位 チーム 備考
1 浦和レッズ 34 23 5 6 61 28 74 チャンピオンシップ
2 川崎フロンターレ 34 22 6 6 68 39 72 チャンピオンシップ
3 鹿島アントラーズ 34 18 5 11 53 34 59 チャンピオンシップ
4 ガンバ大阪 34 17 7 10 53 42 58
5 大宮アルディージャ 34 15 11 8 41 36 56
6 サンフレッチェ広島 34 16 7 11 58 40 55
7 ヴィッセル神戸 34 16 7 11 56 43 55
8 柏レイソル 34 15 9 10 52 44 54
9 FC東京 34 15 7 12 39 39 52
10 横浜F・マリノス 34 13 12 9 53 38 51
11 サガン鳥栖 34 12 10 12 36 37 46
12 ベガルタ仙台 34 13 4 17 39 48 43
13 ジュビロ磐田 34 8 12 14 37 50 36
14 ヴァンフォーレ甲府 34 7 10 17 32 58 31
15 アルビレックス新潟 34 8 6 20 33 49 30
16 名古屋グランパス 34 7 9 18 38 58 30 降格
17 湘南ベルマーレ 34 7 6 21 30 56 27 降格
18 アビスパ福岡 34 4 7 23 26 66 19 降格

チャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップには以下の各チームが出場した。

  • 1stステージ優勝 - 鹿島アントラーズ
  • 2ndステージ優勝 - 浦和レッズ
  • 年間勝点1位 - 浦和レッズ
  • 年間勝点2位 - 川崎フロンターレ
  • 年間勝点3位 - 鹿島アントラーズ

今シーズンは年間勝点上位チームの優位性を維持するため、1回戦と準決勝は年間勝点上位チームのホームゲームとなり、また試合終了後同点の場合は年間勝点上位チームが勝ち抜ける (決勝の場合は優勝) ルールに変更された。

準決勝[編集]

決勝[編集]

関連ページ[編集]