J1リーグ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 明治安田生命J1リーグ
日本
大陸連盟 アジア
開幕年 1993
チーム数 18[1]チーム
レベル 1部リーグ
下位リーグ J2リーグ
リーグ杯 Jリーグカップ (YBCルヴァンカップ)
オープン杯 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会
国際大会 AFCチャンピオンズリーグ
2021年優勝 川崎フロンターレ
最多優勝 鹿島アントラーズ(7回)
今年度 2021

J1リーグ日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグ。明治安田生命保険がタイトルパートナーにつき、 「明治安田生命J1リーグ」 の名称で開催されている。下位リーグにJ2リーグがある。

概要[編集]

1999年に2部制になった際にJリーグ・ディビジョン1 (J.LEAGUE DIVISION 1) の名称になり、Jリーグのタイトルパートナーに明治安田生命保険が就任した2015年以降は明治安田生命J1リーグ (MEIJI YASUDA J1 LEAGUE) が正式名称となっている。

J1優勝・2位・3位のチームに、翌年のAFCチャンピオンズリーグ (ACL) の出場権が与えられる[2]

レギュレーション[編集]

各カードともホームアンドアウェイの2回戦総当たり、年間34試合[3]の成績により順位を決める。

勝ち点は勝利チームに3点、敗北の場合は0点、引き分けの場合は両チームに1点が加えられる。勝ち点が同じだった場合、続いて得失点差→総得点→総失点→当該チーム間の直接対決の成績→反則ポイントの順に優劣が決められ、反則ポイントまでで順位が決まらない場合は抽選で決定する[4]

年間成績の上位3チームにACL出場権が与えられ、下位2チーム (基本的に17位・18位のチーム) はJ2に降格する。また下位1チーム (基本的に16位のチーム) はJ1参入プレーオフ決定戦でJ2のトーナメントを勝ち上がった上位1チームと対戦し、入れ替えか残留かを争う。

表彰[編集]

  • 優勝チーム - Jリーグ杯 (優勝シャーレ) ・明治安田生命杯・日本サッカー協会会長杯・チャンピオンフラッグ・賞金3億円・チャンピオンエンブレム (翌シーズンのユニフォームの、右袖のJリーグのマークがこれに置き換わる)
  • 準優勝チーム - Jリーグ杯 (準優勝シャーレ) ・賞金1億2000万円
  • 3位チーム - 賞金6000万円

2020年は新型コロナウイルス対策費用を捻出するため、賞金はいずれも50%減額となった。

2021年のチーム[編集]

本拠地の北から南の順に表示。ACL出場チームはチーム名の前に☆をつけている。▽はオリジナル10。◎は前年度優勝チーム。

歴代優勝チーム・得点王[編集]

得点王のカッコ内の数字はその選手の得点数。

優勝チーム MVP
1993 ヴェルディ川崎 ディアス (28)
1994 ヴェルディ川崎 オッツェ (30)
1995 横浜マリノス 福田正博 (32)
1996 鹿島アントラーズ 三浦知良 (23)
1997 ジュビロ磐田 エムボマ (25)
1998 鹿島アントラーズ 中山雅史 (36)
1999 ジュビロ磐田 ファン ソノン (24)
2000 鹿島アントラーズ 中山雅史 (20)
2001 鹿島アントラーズ ウィル (24)
2002 ジュビロ磐田 高原直泰 (26)
2003 横浜F・マリノス ウェズレイ (22)
2004 横浜F・マリノス エメルソン (27)
2005 ガンバ大阪 アラウージョ (33)
2006 浦和レッズ ワシントンマグノ アウベス (26)
2007 鹿島アントラーズ ジュニーニョ (22)
2008 鹿島アントラーズ マルキーニョス (21)
2009 鹿島アントラーズ 前田遼一 (20)
2010 名古屋グランパス 前田遼一・ケネディ (17)
2011 柏レイソル ケネディ (19)
2012 サンフレッチェ広島 佐藤寿人 (22)
2013 サンフレッチェ広島 大久保嘉人 (26)
2014 ガンバ大阪 大久保嘉人 (18)
2015 サンフレッチェ広島 大久保嘉人 (23)
2016 鹿島アントラーズ レアンドロ・ピーター ウタカ (19)
2017 川崎フロンターレ 小林悠 (23)
2018 川崎フロンターレ ジョー (24)
2019 横浜F・マリノス 仲川輝人マルコス ジュニオール (15)
2020 川崎フロンターレ オルンガ (28)
2021 川崎フロンターレ レアンドロ ダミアン前田大然 (23)

その他トピック[編集]

  • J1リーグは日本のサッカー界における最上位のリーグであることから、優勝チーム決定時は全国ニュースになることがほとんどである。優勝決定時にNHKでは速報テロップを表示し、番組の途中でもJ1優勝を知らせている。
  • 優勝チームに授与されるJリーグ杯 (優勝シャーレ) は、Jリーグ創設当初に事務局長を務めた久米一正がイギリスから調達してきたものである。2018年12月の久米の葬儀で、初代チェアマン・川淵三郎によって明かされた[6]

脚注[編集]

  1. 2021年のみ20チーム。
  2. 上位3チームのいずれかが同年の天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会でも優勝した場合 (同大会優勝チームにACL出場権が与えられる) 、繰り上がりでJ1リーグの4位のチームにも出場権が与えられる。
  3. 2021年のみ38試合。
  4. ただし抽選は優勝や降格などに決定する場合のみ。
  5. 2021年大会までは「FUJI XEROX SUPER CUP」。
  6. 故 久米一正 ㈱エスパルス取締役副社長兼ゼネラルマネージャー 葬儀のご報告 - 清水エスパルス

関連ページ[編集]