柳沢敦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 柳沢敦
選手情報
本名 柳沢敦
英字表記 Atsushi Yanagisawa
生年月日 1977年5月27日(44歳)
出身地 日本富山県
身長 177 cm
体重 75 kg
ポジション フォワード
クラブ情報
所属クラブ ベガルタ仙台
背番号 13
クラブチーム
1996-2003
2003-2004
2004-2005
2006-2007
2008-2010
2011-2014
鹿島
サンプドリア
メッシーナ
鹿島
京都
仙台
代表チーム
1998-2006 日本

柳沢敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は日本サッカー選手。

特徴[編集]

オフ・ザ・ボールの動きに定評があるフォワードで、自らゴールを決めなくてもチームの勝利に貢献できる選手。一方で簡単なシュートをふかしてしまうこともあり、後述のQBKのほか、仙台時代にはあまりにシュートを外すことからチームメイトの角田誠に「柳沢を交代させろ」と言われたこともある。

QBK[編集]

FIFAワールドカップ-2006クロアチア戦では、ゴール前で加地亮からのパスを受けて決定期となったが、シュートを枠外に外した。試合後インタビューでこのプレーについて「急にボールが来たので足の内側でければよかったが、外側でけってしまった」とコメント。このコメントは「QBK」( Q ni Ball ga Kitanode)と呼ばれて主にネット上で揶揄され、現在でも柳沢の代名詞となってしまっている。

QBKの印象があまりにも強いが、一方で2001年の親善試合イタリア戦では難しいボレーシュートを決めており、Jリーグでは京都時代の2008年に日本人最多の14得点を決めるなど、必ずしも「点を取れないFW」ではない。

不祥事[編集]

1999年、オリンピック予選の代表から抜け出して深夜にタレントと密会していたことが発覚し、謹慎処分を受けた。

現役引退後鹿島のコーチとなるも、2018年、チーム遠征から抜け出して女性と密会していたことが発覚し、謹慎処分を受け、その後コーチを辞任した。

クラブチームの統計[編集]

年度 リーグ 試合 得点
鹿島 リーグ
1996 J - 8 5
1997 13 25 8
1998 13 32 22
1999 J1 13 26 9
2000 13 26 6
2001 13 26 12
2002 13 27 7
2003 13 8 2
通算 178 71
サンプドリア リーグ
2003/04 A 13 15 0
通算 15 0
メッシーナ リーグ
2004/05 A 20 22 0
2005/06 13 7 0
通算 29 0
鹿島 リーグ
2006 J1 13 23 4
2007 13 19 5
通算 42 9
京都 リーグ
2008 J1 13 32 14
2009 13 22 4
2010 13 31 3
通算 85 21
仙台 リーグ
2011 J1 30 17 1
2012 13 16 2
2013 13 20 3
2014 13
通算 53 6
総通算 402 107

代表チームの統計[編集]

日本代表
試合 得点
1998 2 0
1999 4 0
2000 10 4
2001 6 5
2002 9 0
2003 5 2
2004 8 2
2005 10 4
2006 4 0
通算 58 17

関連ページ[編集]