出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤く塗られた鳥居
赤色のミヤコ様
こんな色

(あか、英:red)とは、こんな色血液などの。食べ物ではトマトイチゴ唐辛子。色としては最も力強いエネルギーを与えるので、よく目立ちやすい。純色で強い印象を残す色である。色相で始まりの色とされ、色相の角度の最初の値である0°=360°を示す色である。最も吸収波長が長い色で、色のイメージとしては情熱陽気、強烈なエネルギー、危険、強い熱、強い警告、停止、キャンセル、不足、不可、禁止、NG、ミス、誤り・間違い。光の三原色の一つであり、暖色の一つでもある。信号機では「停止」を表す(シグナルレッド、赤信号)。また、JR九州のコーポレートカラー。色の三原色といった色材では、マゼンタ(赤みがかった明るい紫)と黄色を混ぜた色。


赤を連想させるもの[編集]

プロ野球チーム
プロサッカーチーム

関連項目[編集]