出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紫色のミヤコ様

(むらさき、英:purple)とは、こんな色。基本色彩語の一つであり、色相の中間に位置する色。RGBの比率で表すと、3︰0:4。RGB色相角度の値は285°。カラーコードは#BF00FF。日本では紫草の根=紫根から作られる染料の色。英語のpurpleの語源は、プルプラ貝から採取される染料に由来する。また、英語のpurpleは、ちょっと赤みがかった紫(マゼンタに近い色)も含む。古くは高貴で神秘的な色であり、歴史上としては冠位十二階で王位や最上位の色とされ、手に入りにくい色であった。西洋でも同様である。最も吸収波長が短い色である。色のイメージとしては上品、優雅、高貴、不吉。

世界の国旗には使われていない。


実際の定義
  • 紫…
  • パープル…の2種類

関連項目[編集]