可視光線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

可視光線(かしこうせん)とは、電磁波のうち、人の目に光として感知できる色のこと。色の波長ともいう。可視光線の波長の単位はnm(ナノメートル)で表す。色を感じる領域は380nm~780nm。可視光線に相当する波長は短いものは紫、長い者は赤である。可視光線の両端は紫と赤である。波長の短い側から順番に、紫、青、青緑、緑、黄緑、黄色、オレンジ、赤となる。その色の並ぶものを、スペクトルという。なお、波長の定義は一定しない。可視光線には赤紫はないため、これは虹色と全く同じだ。赤紫はスペクトルにある色の混色によって作ることが出来る。波長には存在しない赤紫を加えると、色相と等価になる。

サンプル[編集]

波長 (nm) カラーコード 色名 色相の角度
700nm #FF0000
640nm #FF0000
615nm #FF4000 朱色 15°
605nm #FF8000 オレンジ色 30°
593nm #FFBF00 ゴールデンイエロー山吹色 45°
584nm #FFED00 黄色 55°
580nm #FFFF00 ウェブカラー黄色=レモン色みたいな色 60°
555nm #80FF00 黄緑 90°
520nm #00FF00 120°
505nm #00FF80 エメラルド色 150°
495nm #00FFCC 青緑色 168°
485nm #00DFFF 水色、シアン 187°
460nm #0040FF 225°
450nm #0000FF 群青色 240°
380nm #A406D0 濃い紫 286°

虹の色[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの項目があります。

太陽光が空気中の水滴により分離して発生するは、人間では大抵以下の7色とされる。

← 波長が短い  波長が長い →

 

関連項目[編集]

← 波長が短い(周波数が高い) 波長が長い(周波数が低い) →
γ線X線紫外線可視光線)~ 赤外線電波
関連周波数