明るさ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明るさ(あかるさ)とは、の量ないしは強度に関連して起こる視覚的な経験を言う。

brightness[編集]

brightness(ブライトネス)とは、光の明るさ。光の量の度合い。輝度。輝かしさ。光源色に属する明るさ。色相で明度を全く変えずに、色合いのよる明るさの違いを考慮したものでもある。色調補正やペイントの一種。luminanceとも書かれる。「PaintShop Pro」に記載されている。輝度が高いと明るい色になる。輝度を変えると色相は異なって見える。輝度を上げるとCMY(シアン・マゼンタ・黄色)の三原色の色相値に寄り、だんだん白っぽくなり、逆に輝度を下げるとRGB(赤・緑・青=群青色)の三原色の色相値に寄り、最終的には黒っぽくなる。光の三原色RGBは、ベースは黒で、色が加わればブライトネスが高くなる。

「水色は青から—をだいぶ上げた色」「レモン色は黄色から—を上げた色」「山吹色から—を下げると琥珀色」

lightness[編集]

lightnessとは、色の明るさ。色相を維持して、色の濃淡だけを変化させたもの。明度。色の明るさ・暗さの度合い。物体色に属する明るさ。明度が最も高い色は白で、最も低い色が黒になる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]