火星

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

火星(かせい)とは、太陽系の第4惑星太陽から平均約2億3000万km離れたところを公転し、軌道の外側には小惑星帯がある。赤い色をしている。約2年2か月に一度、地球に接近する。

探査[編集]

探査は数多くの探査機が行ってきた。日本ものぞみを打ち上げたが、失敗に終わった。2030年代には有人での探査が計画されている。

衛星[編集]

衛星はフォボスダイモスの二つがあり、フォボスのほうが大きく、火星に近いところを公転している。

火星人[編集]

火星人が存在すると述べる地球人が存在する[1]。「我思う、故に我在り」という哲学である。

火星のテラフォーミング[編集]

火星に移住して人が住めるようにするには、地球上で別の大陸に渡って住む事に比べてもかなり問題が多く、「ひどく骨の折れる作業」になる事が判明しており、その状況に人間が耐えられるか地球でシミュレーションする必要があり、地球上に火星に似せた環境を作ってそこに住む必要があり、火星のテラフォーミングの前に地球のテラフォーミング?が必要になるが[2]、それならそんな事せずに普通に住める地球に住んでいた方がマシである。[Jokeこの一文には冗談が含まれています。真に受けるかどうかはあなた次第です。]

脚注[編集]

  1. 【秘密公開】火星の記憶をもつ少年”. NAVERまとめ (2018年12月2日). 2019年1月31日確認。
  2. 「火星に基地を作る」ことがいかに最悪のアイデアで大きな可能性を持つのかをアニメーションで解説”. Gigazine (2019年2月5日). 2019年2月6日確認。

関連項目[編集]

恒星太陽
惑星
地球型惑星
内惑星水星 - 金星
地球
外惑星火星
外惑星
木星型惑星木星 - 土星
天王星型惑星天王星 - 海王星
準惑星冥王星 - ケレス - エリス - マケマケ - ハウメア
小天体
小惑星小惑星帯 - 流星 - パラス - ベスタ - ヒギエアなど
彗星ハレー彗星 - シューメーカー・レヴィ第9彗星 - ベールホップ彗星 - ホームズ彗星 - パンスターズ彗星 - ラブジョイ彗星 - アイソン彗星など
太陽系外縁天体エッジワース・カイパーベルト天体セドナ - クワオアー - オルクスなど) - 内オールトの雲 - オールトの雲
衛星 - フォボス - ダイモス - ガリレオ衛星 - タイタン - エンケラドス - ミランダ - アリエル - トリトン - カロンなど
その他天体衝突 - プラネット・ナイン (推測の惑星) - ヘリオシース - ヘリオポーズ - バウショック