幕府

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幕府(ばくふ)は、日本の中世及び近世における征夷大将軍などの武家の最高権力者をトップとする武家政権のことをいう。あるいはその武家政権の政庁、征夷大将軍の居館・居城を指す名称としても用いられる。武家の最高権力者にはいわゆる「武家の棟梁」である「源氏」を祖先に持っていないといけないというお約束事があった。

幕府とは中国で出征中の将軍の陣営を意味していた。日本では近衛府の唐名から転じて近衛大将及びその居館、のちに武家政権の首長である征夷大将軍およびその居館、さらに武家政権そのものを意味するようになった。歴史学上の用語としては抽象的に武家政権を意味し、鎌倉・室町・江戸の3幕府を一貫して把握するものとされる。従って政権の首長が征夷大将軍でない時期もその政権を幕府と称し、現在では首長の征夷大将軍の任命をもって幕府と成立とはしない考え方もある。

鎌倉幕府は源頼朝が挙兵して関東に地盤を築き上げた治承4年(1180年)に事実上成立している。また、鎌倉幕府の征夷大将軍(源氏将軍)が源実朝で断絶して次の将軍となる藤原頼経が就任するまで数年間の空位期間が存在するが、子の間も執権北条義時や姉で尼将軍北条政子により幕府は存続している。室町幕府は足利尊氏が鎌倉幕府滅亡後、建武政権の中で政権を掌握して既に事実上の将軍と見なされていた時期があり、また第13代将軍・足利義輝三好三人衆らによって暗殺されて次の将軍である足利義栄が就任するまで3年間の空位期間があったが、その間も幕府自体は存続していたと見なされている。

日本の幕府[編集]