浜松市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はままつし
浜松市
日本国旗.png日本
地方中部地方
所属静岡県
人口795,350 人
面積1558.06 km2
人口密度510 人/km2
公式サイトwww.city.hamamatsu.shizuoka.jp
備考日本で2番目にデカい市町村
Wikipedia-logo.png浜松市

浜松市(はままつし)は、静岡県にある。静岡県西部の中心都市である。

特色[編集]

  • 浜名湖ではうなぎの生産が盛んなため、あちこちでうなぎ製品が売っている。その中でも有名なのは「うなぎパイ」。春華堂が販売しており、50年以上販売され続けているロングセラーとなっている。うなぎエキスが含まれており、男性の精機能改善に効果があるというジョークがまことしやかに語られる。
  • ヤマハによるピアノの生産も盛んであり、ピアノの出荷額は自治体別で日本一である。
  • トヨタ本社がある愛知県豊田市ほどではないが自動車製造業も盛んで、ダイハツ本社とスズキ本社がある。
    • あまり知られてないが旧雄踏町地域にホンダの部品製造工場もある。

概要[編集]

かつてこの地は浜名湖めぐりの拠点となっていた。同時に天竜川めぐりの拠点でもある。そのため、かつては「遠州路の旅」と言われていた。人口では静岡市を凌いで静岡県第一であり、県庁の無い都市としては全国第5位に当たる。さらに有数の工業都市である。

当地は歴史が古いのは蜆塚遺跡からも明らかであり、浜松の名が文献で確認できるのは平安時代の『倭内抄』においてである。ただし当時の表記は波万万津であった。ただ、当時の東海道の栗原の駅が当地に置かれたと推定され、もしそれならば交通上非常に重要な拠点と見なされていたことになる。鎌倉時代には引馬(ひくま)の宿と呼ばれていた。その後、戦国時代の永正年間に引馬城が築城されている。

やがて、当地は徳川家康が支配することになり、家康は新たな居城として当地に浜松城を築城すると、三河国岡崎城から浜松城に居城を移し、城下町を整備して現在の市に繋がる発展の基礎を築き上げた。

特産物[編集]

見どころ[編集]

おまけ・でかーい浜松市[編集]

浜松市は異様にBIGなのはパッと見てもお分かりだろう。浜松市は2005年6月30日まではそう大きくはなかった。しかし、その翌日、浜松は11の自治体と合併、超巨大になってしまった。従来256.88km²だった旧浜松は合併後6倍の大きさにまで膨れ上がり日本で2番目にデカイ市町村に。

人口も増えたので無理やり政令指定都市昇格。人口密度は4分の1になったが、実は天竜地区は合併しなくても政令指定都市になれた上、面積が浜松市全体の5分の3もあるため、天竜区浜松のお荷物と呼ばれている。