北見市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北見市(きたみし)とは、北海道オホーツク総合振興局管内に存在するである。北海道において最も広い公共団体である。その広さは岐阜県高山市静岡県浜松市栃木県日光市に次いで日本で4位である。

概要[編集]

平成18年(2006年3月に旧北見市、端野町留辺蕊町常呂町が合併して誕生した市である。合併時の市の面積は1427.41平方キロ。
かつてはハッカが特産で昭和14年(1939年)の時点で世界の7割を生産していた。現在ではタマネギインゲンの生産量、及びホタテの水揚げ量が日本一を誇る。

オホーツク総合振興局管内で最多の人口で、合併時は12万8664名を誇ったが、過疎化が進んで、平成30年(2018年2月28日の時点では11万8623名に減少している。オホーツク総合振興局の本庁は置かれていないが、北海道警察北見方面本部などオホーツク地域を管轄する官公署が置かれている。

外部リンク[編集]

行政

産業

観光