FC東京

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg FC東京
英字表記 F.C. TOKYO
本拠地 東京都
競技場 味の素スタジアム
創設年 1935年
監督 長谷川健太
所属リーグ Jリーグ
リーグ加盟年 1999年
2020 J1リーグ / 1位
クラブライセンス J1
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがFC東京の項目をおカタく解説しています。

FC東京 (エフシーとうきょう) は日本サッカーチーム。

概要[編集]

東京都内に本拠地を置く最初のJクラブ。1999年に加盟し、翌2000年には早速J1に昇格した。以降2011年以外はすべてJ1に所属している。

チーム名[編集]

  • 1935-1998 東京ガス
  • 1999-現在 FC東京

獲得タイトル[編集]

順位[編集]

過去の順位[編集]


エピソード[編集]

他クラブとの関係[編集]

川崎フロンターレ

多摩川を挟んで南側にある、神奈川県川崎市が本拠地の川崎フロンターレとはライバル関係にあり、2007年からは多摩川クラシコと銘打って試合やそれに付随するイベントを開催している。対戦成績ではフロンターレが勝ち越しているが、2009年ヤマザキナビスコカップ決勝戦で両チームが対戦したときはFC東京が勝利している[2][3]

非常に白熱する関係ではあるが、近年では合同で多摩川クラシコを盛り上げる映像を製作するなど、ピッチ外では交流がある。

応援スタイルなど[編集]

ユニフォームやレプリカTシャツの着用率よりも私服・タオルマフラーの着用率が高く、試合前に歌われる「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」(ユルネバ)の際はタオルマフラーが揚げられる。[4][5]。ユニフォーム等の着用率が低いゴール裏応援席では、スタンドを青赤に染める為に大旗を最前列では振らず、スタンド中段で振られている。(なお、アウェーでは最前列で振るサポーターもいる)[6]。2008年と2009年には会員で先着200名にフラッグを無償での貸し出しを行なった[7]。なおFC東京にはサポーター団体が存在しない[8](FC東京の応援は植田朝日を中心としたグループによって行われているが「サポーター団体」ではない)

  • 東京ガス時代から一貫して東京で活動してきたことから、サポーターには『首都東京のチーム』という意識が強く、応援の際にも東京のチームであることを強調している[8]。2010年に東京Vの練馬区移転の話題が挙がった際、「練馬に緑は要らない」という横断幕を出した。
  • 天皇杯ナビスコカップスルガ銀行チャンピオンシップなどの大会限定や一部のチーム戦用(東京V戦や外国チームとの試合)の応援歌がある。
  • ゴール裏からの相手に対するブーイングが強烈であるチームのひとつでもある[9]。相手に対するバッシングも強烈である。
    • 2001年の対C大阪戦でC大阪のJ2降格が決定した際に「さよなら セレッソ」コールを行なった。
    • 2005年の最終節にC大阪が優勝を逃した際にも「やっちゃった」コール他を行なった。
    • 2008年以降から東京Vに対して「ヴェルディ川崎」コールを行なっている [1]
    • 2011年の開幕戦の鳥栖戦では「飛ばない奴はサガン鳥栖」(福岡の応援歌)コールを行なった [2][3]
      • 更に2014年の対鳥栖戦(アウェイ)では上記の「飛ばない奴はサガン鳥栖」の他、対戦直前に監督が解任された事を受け「尹晶煥」コールを行った。
    • 相手チームの選手に対してエールを送ることもある(川口能活などの日本サッカーに貢献している選手に対して行なわれている)[9]
  • アウェイのスタジアムグルメを食い尽くす事から「」と呼ばれ、2011年7月24日に国立競技場にて開催されたロアッソ熊本戦では試合開始前に殆どの売店で食料が売切れ、クラブが謝罪する事態となった[10]

スタジアムBGM[編集]

  • 演出シーン別
    • 【アップ入場 (GK)】 『Take me to a game』 / チームオフィシャル
    • 【アップ (選手)】 『Follow the count』 / チームオフィシャル
    • 【アップ中】 『スタジアムへ行こう!』 / 東京スカパラダイスオーケストラ
    • 【ファンファーレ】 『Processional Fanfare』 / Philip Jones Brass Ensemble · Elgar Howarth
    • 【相手チームスタメン紹介】 『‘88 aka Come Down On Me』 / Lemon Jelly
    • 【自チームスタメン紹介】 『TECHNOFIRE』 / BUZZ CD:Dance Panic! vol.6 (型番VICP-61341、01年 ASIN: B00005HY13)
    • 【審判紹介】 45℃ / JIMSAKU 45℃ (型番POCH-1093、91年 ASIN: B00005MX5F)
    • 【選手入場前】 『You'll never walk alone』 / LIVERPOOL FC&SUPPORTERS (販売元:CHERRY RED DECORDS)
    • 【選手入場中】 『Knights on the field』 / チームオフィシャル
    • 【後半入場】 『I will follow』/U2
    • 【試合終了後 (勝ち)】 Your voices make the stadium go round / チームオフィシャル
    • 【試合終了後 (引き分け・負け)】 Opening goal / チームオフィシャル
  • オフィシャルCD「City Bred Two Colors」挿入曲
    • クラブ創設10周年を記念して2008年開幕戦よりスタジアムではクラブオリジナルBGMを使用している。使用曲はオフィシャルCDとして、クラブ名であるF・C・T・O・K・Y・Oの頭文字から始まる計7曲入りのCDを販売している。
      1. Follow the count [選手アップ登場時]
      2. City bred two colors [オフィシャルソング]
      3. Take me to a game [GKアップ登場時]
      4. Opening goal [試合終了後]
      5. Knights on the field [選手入場時]
      6. Your voices make the stadium go round [試合終了後]
      7. Outstanding [後半選手入場時]

脚注[編集]

  1. 決勝は2021年1月4日に開催された。
  2. このとき、試合後の表彰式でフロンターレの選手らの態度が悪かったが、これはまた別のお話である。
  3. 後の2020年大会でも、準決勝でFC東京がフロンターレ相手に勝利した。このあとFC東京は決勝戦でも柏レイソルを破り優勝した。
  4. J'sサッカー Vol.15(2008年5月販売)P44
  5. J'sサッカー Vol.3(2007年5月販売)P70・71
  6. J'sサッカー Vol.3(2007年5月販売)P70
  7. FC東京ゲータレードステーション
  8. 8.0 8.1 J'sサッカー Vol.3(2007年5月販売)P100
  9. 9.0 9.1 J'sサッカー Vol.3(2007年5月販売)P101
  10. 【年末企画】編集部が選ぶ!J'sGOAL的2011年10大ニュース! J's GOAL (2011.12.30)

関連ページ[編集]

Jリーグ - 2021
J1北海道コンサドーレ札幌 | ベガルタ仙台 | 鹿島アントラーズ | 浦和レッズ | 柏レイソル | FC東京 | 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | 清水エスパルス | 名古屋グランパス | ガンバ大阪 | セレッソ大阪 | ヴィッセル神戸 | サンフレッチェ広島 | 徳島ヴォルティス | アビスパ福岡 | サガン鳥栖 | 大分トリニータ
J2ブラウブリッツ秋田 | モンテディオ山形 | 栃木SC | 水戸ホーリーホック | ザスパクサツ群馬 | 大宮アルディージャ | ジェフユナイテッド千葉 | 東京ヴェルディ | FC町田ゼルビア | SC相模原 | ヴァンフォーレ甲府 | 松本山雅FC | アルビレックス新潟 | ツエーゲン金沢 | ジュビロ磐田 | 京都サンガF.C. | ファジアーノ岡山 | レノファ山口FC | 愛媛FC | ギラヴァンツ北九州 | V・ファーレン長崎 | FC琉球
J3ヴァンラーレ八戸 | いわてグルージャ盛岡 | 福島ユナイテッドFC | Y.S.C.C.横浜 | AC長野パルセイロ | カターレ富山 | アスルクラロ沼津 | 藤枝MYFC | FC岐阜 | ガイナーレ鳥取 | カマタマーレ讃岐 | FC今治 | ロアッソ熊本 | テゲバジャーロ宮崎 | 鹿児島ユナイテッドFC
J2リーグ歴代優勝チーム
1990年代1999: 川崎フロンターレ
2000年代2000: コンサドーレ札幌 | 2001: 京都パープルサンガ | 2002: 大分トリニータ | 2003: アルビレックス新潟 | 2004: 川崎フロンターレ | 2005: 京都パープルサンガ | 2006: 横浜FC | 2007: コンサドーレ札幌 | 2008: サンフレッチェ広島 | 2009: ベガルタ仙台
2010年代2010: 柏レイソル | 2011: FC東京 | 2012: ヴァンフォーレ甲府 | 2013: ガンバ大阪 | 2014: 湘南ベルマーレ | 2015: 大宮アルディージャ | 2016: 北海道コンサドーレ札幌 | 2017: 湘南ベルマーレ | 2018: 松本山雅FC | 2019: 柏レイソル
2020年代2020: 徳島ヴォルティス
関連項目:J1 - J3 - 天皇杯 - Jリーグカップ - ACL - スーパーカップ
1990年代1992: 日産FC横浜マリノス | 1993: 横浜フリューゲルス | 1994: ベルマーレ平塚 | 1995: 名古屋グランパスエイト | 1996: ヴェルディ川崎 | 1997: 鹿島アントラーズ | 1998: 横浜フリューゲルス | 1999: 名古屋グランパスエイト
2000年代2000: 鹿島アントラーズ | 2001: 清水エスパルス | 2002: 京都パープルサンガ | 2003: ジュビロ磐田 | 2004: 東京ヴェルディ1969 | 2005: 浦和レッズ | 2006: 浦和レッズ | 2007: 鹿島アントラーズ | 2008: ガンバ大阪 | 2009: ガンバ大阪
2010年代2010: 鹿島アントラーズ | 2011: FC東京 | 2012: 柏レイソル | 2013: 横浜F・マリノス | 2014: ガンバ大阪 | 2015: ガンバ大阪 | 2016: 鹿島アントラーズ | 2017: セレッソ大阪 | 2018: 浦和レッズ | 2019: ヴィッセル神戸
2020年代2020: 川崎フロンターレ
関連項目:J1 - J2 - J3 - Jリーグカップ - ACL - スーパーカップ
Jリーグカップ (ナビスコカップ/ルヴァンカップ) 歴代優勝チーム
1990年代1992: ヴェルディ川崎 | 1993: ヴェルディ川崎 | 1994: ヴェルディ川崎 | 1996: 清水エスパルス | 1997: 鹿島アントラーズ | 1998: ジュビロ磐田 | 1999: 柏レイソル
2000年代2000: 鹿島アントラーズ | 2001: 横浜F・マリノス | 2002: 鹿島アントラーズ | 2003: 浦和レッズ | 2004: FC東京 | 2005: ジェフユナイテッド千葉 | 2006: ジェフユナイテッド千葉 | 2007: ガンバ大阪 | 2008: 大分トリニータ | 2009: FC東京
2010年代2010: ジュビロ磐田 | 2011: 鹿島アントラーズ | 2012: 鹿島アントラーズ | 2013: 柏レイソル | 2014: ガンバ大阪 | 2015: 鹿島アントラーズ | 2016: 浦和レッズ | 2017: セレッソ大阪 | 2018: 湘南ベルマーレ | 2019: 川崎フロンターレ
2020年代2020: FC東京
関連項目:J1 - J2 - J3 - 天皇杯 - ACL - スーパーカップ