ベガルタ仙台

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg ベガルタ仙台
英字表記 Vegalta Sendai
本拠地 宮城県仙台市
競技場 ユアテックスタジアム仙台
創設年 1988年
監督 手倉森誠
所属リーグ Jリーグ
リーグ加盟年 1999年
2020 J1リーグ / 17位
クラブライセンス J1
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがベガルタ仙台の項目をおカタく解説しています。

ベガルタ仙台 (ベガルタせんだい) は日本サッカーチーム。

概要[編集]

1999年に加盟した、いわゆるJ2オリジナル10のひとつ。2001年2009年にそれぞれJ1昇格を果たしている。

3大タイトルの獲得経験はないが、2012年はJ1で2位 (準優勝) となりサンフレッチェ広島と優勝争いを繰り広げたほか、2018年には天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会で決勝戦まで勝ち進んだ。

エピソード[編集]

他クラブとの関係[編集]

モンテディオ山形

モンテディオ山形とはみちのくダービーで盛り上がる。

川崎フロンターレ

川崎フロンターレとはクラブ同士でも非常に仲が良く、以前からサポーター同士で綱引き対決など行うなど、試合以外の面でも盛り上がっていた。

2011年東日本大震災による中断期間を経て再開された初戦はこの2チームの対戦となったが (会場は等々力陸上競技場) 、その際に川崎サポーターからもベガルタに対し声援が送られ、試合自体も1対2でベガルタが勝利するなど非常に感動的なものとなった。以前からも仲が良かった両チームはこれを機に仲がもっと深まり、ついには両軍のサポーターの間の緩衝帯もこの両チームの対戦に限って設置されなくなるなど、友好関係は非常に強くなっているといえる。

チーム名[編集]

  • 1988-1994 東北電力
  • 1995-1998 ブランメル仙台
  • 1999-現在 ベガルタ仙台

順位[編集]

過去の順位[編集]


脚注[編集]

関連ページ[編集]

Jリーグ - 2021
J1北海道コンサドーレ札幌 | ベガルタ仙台 | 鹿島アントラーズ | 浦和レッズ | 柏レイソル | FC東京 | 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | 清水エスパルス | 名古屋グランパス | ガンバ大阪 | セレッソ大阪 | ヴィッセル神戸 | サンフレッチェ広島 | 徳島ヴォルティス | アビスパ福岡 | サガン鳥栖 | 大分トリニータ
J2ブラウブリッツ秋田 | モンテディオ山形 | 栃木SC | 水戸ホーリーホック | ザスパクサツ群馬 | 大宮アルディージャ | ジェフユナイテッド千葉 | 東京ヴェルディ | FC町田ゼルビア | SC相模原 | ヴァンフォーレ甲府 | 松本山雅FC | アルビレックス新潟 | ツエーゲン金沢 | ジュビロ磐田 | 京都サンガF.C. | ファジアーノ岡山 | レノファ山口FC | 愛媛FC | ギラヴァンツ北九州 | V・ファーレン長崎 | FC琉球
J3ヴァンラーレ八戸 | いわてグルージャ盛岡 | 福島ユナイテッドFC | Y.S.C.C.横浜 | AC長野パルセイロ | カターレ富山 | アスルクラロ沼津 | 藤枝MYFC | FC岐阜 | ガイナーレ鳥取 | カマタマーレ讃岐 | FC今治 | ロアッソ熊本 | テゲバジャーロ宮崎 | 鹿児島ユナイテッドFC
J2リーグ歴代優勝チーム
1990年代1999: 川崎フロンターレ
2000年代2000: コンサドーレ札幌 | 2001: 京都パープルサンガ | 2002: 大分トリニータ | 2003: アルビレックス新潟 | 2004: 川崎フロンターレ | 2005: 京都パープルサンガ | 2006: 横浜FC | 2007: コンサドーレ札幌 | 2008: サンフレッチェ広島 | 2009: ベガルタ仙台
2010年代2010: 柏レイソル | 2011: FC東京 | 2012: ヴァンフォーレ甲府 | 2013: ガンバ大阪 | 2014: 湘南ベルマーレ | 2015: 大宮アルディージャ | 2016: 北海道コンサドーレ札幌 | 2017: 湘南ベルマーレ | 2018: 松本山雅FC | 2019: 柏レイソル
2020年代2020: 徳島ヴォルティス
関連項目:J1 - J3 - 天皇杯 - Jリーグカップ - ACL - スーパーカップ