天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会
日本
大陸連盟 アジア
開幕年 1921年
チーム数 88チーム
リーグ J1リーグ
J2リーグ
J3リーグ
日本フットボールリーグ
サッカー地域リーグ
リーグ杯 Jリーグカップ
国際大会 AFCチャンピオンズリーグ
2020年優勝 川崎フロンターレ
最多優勝 横浜F・マリノス(7回)
今年度 2015

天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会 (てんのうはいJFAぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい) は日本サッカーのオープンカップ。

特徴[編集]

Jリーグ発足後は、プロチームとアマチュアチームが共に戦う大会となっており、プロ野球[1]大相撲にない特徴となっている。

決勝は1月1日国立競技場で行われるのが通例で、3大タイトルでは最後に優勝チームが決まる[2]。ただしAFCチャンピオンズリーグFIFAクラブワールドカップなどの国際試合の兼ね合いもあり、近年では決勝を12月中[3]に開催する年もある。

表彰[編集]

  • 優勝チーム - 天皇杯・ドイツ杯・JOC杯・FAシルバーカップ・表彰状・NHK杯・共同通信社杯・JFA杯・チーム強化費 (賞金)
  • 準優勝チーム - 表彰状・NHK杯・共同通信社杯・チーム強化費

優勝チーム[編集]

過去の優勝チーム[編集]


脚注[編集]

  1. ちなみに野球では東京六大学野球リーグの優勝校に天皇杯が授与されている。
  2. ただし2020年はJリーグカップの決勝が11月7日から2021年1月4日に延期されたため、シーズンの一番最後にJリーグカップの決勝が行われた。
  3. 概ね、Jリーグが終了した1~2週間後の週末。

関連ページ[編集]

1990年代1992: 日産FC横浜マリノス | 1993: 横浜フリューゲルス | 1994: ベルマーレ平塚 | 1995: 名古屋グランパスエイト | 1996: ヴェルディ川崎 | 1997: 鹿島アントラーズ | 1998: 横浜フリューゲルス | 1999: 名古屋グランパスエイト
2000年代2000: 鹿島アントラーズ | 2001: 清水エスパルス | 2002: 京都パープルサンガ | 2003: ジュビロ磐田 | 2004: 東京ヴェルディ1969 | 2005: 浦和レッズ | 2006: 浦和レッズ | 2007: 鹿島アントラーズ | 2008: ガンバ大阪 | 2009: ガンバ大阪
2010年代2010: 鹿島アントラーズ | 2011: FC東京 | 2012: 柏レイソル | 2013: 横浜F・マリノス | 2014: ガンバ大阪 | 2015: ガンバ大阪 | 2016: 鹿島アントラーズ | 2017: セレッソ大阪 | 2018: 浦和レッズ | 2019: ヴィッセル神戸
2020年代2020: 川崎フロンターレ
関連項目:J1リーグ - J2リーグ - J3リーグ - Jリーグ杯 - スーパー杯 - AFCチャンピオンズリーグ