J1リーグ-2022

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページでは、2022年J1リーグについてまとめる。

在籍クラブ・レギュレーション[編集]

前年度のJ1で17位~20位だった徳島ヴォルティス大分トリニータベガルタ仙台横浜FCが降格し、前年度のJ2で1位・2位だったジュビロ磐田京都サンガF.C.が昇格する予定。そのため、チーム数は前年度より2チーム減の18チームとなる。

2008年度以来14年ぶりに東北を本拠地とするJ1チームが不在になるほか[1]2010年度以来12年ぶりに関西を本拠地とする4クラブがすべてJ1に在籍することになる。また磐田のJ1復帰により、静岡ダービーが3年ぶりに復活する予定である。

レギュレーションは18チームによるホームアンドアウェイ2回総当たりの全306試合 (1チーム34試合) 。カタールワールドカップが11月から12月に開催される関係上、リーグ戦は11月5日までに全試合が終了する日程で開催される。また新国立競技場でのリーグ戦が3試合開催される予定[2]

試合中の選手交代は引き続き5名まで (ただし、ハーフタイムを除き3回まで) 認められる[3]ほか、昨年に引き続きみなし開催ルールも適用される。前後半それぞれ1回ずつの飲水タイムは、特定の条件を満たした場合のみに適用されるルールに変更された。

タイムライン[編集]

2021年11月[編集]

2021年12月[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

脚注[編集]

  1. 2009年度ベガルタ仙台はJ2在籍だったが、モンテディオ山形がJ1に昇格したため。なお、2010・2011年度に仙台と山形はJ1で対戦している。
  2. FC東京ホームのG大阪戦と京都戦、清水ホームの横浜FM戦。清水はクラブ創設30周年記念試合として開催。
  3. なお、国際サッカー評議会 (IFAB) はこの5人交代を恒久的なルールにする見込みである。
  4. 2021年までアルビレックス新潟の監督だったが、新潟時代の登録名は「アルベルト」だった。今回は本人の意向により「アルベル」で登録した、とのことである。
  5. 2021年まで大分トリニータの監督だった。
  6. 2021年までヴァンフォーレ甲府の監督だった。
  7. 2020年10月から2021年まではG大阪から磐田に期限付き移籍をしていた。
  8. 2021年は途中から横浜FMに期限付き移籍をしていた。
  9. 2021年は大分トリニータに期限付き移籍をしていた。