Jリーグ・ディビジョン1-2013

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Jリーグ・ディビジョン1-2013

概要[編集]

18チームが参加。J2リーグからヴァンフォーレ甲府湘南ベルマーレが自動昇格し、また前年より導入されたJ1昇格プレーオフで優勝した大分トリニータも昇格した。

9年ぶりの優勝を狙う横浜F・マリノスが開幕6連勝と絶好のスタートを切り、まずは第1節から第7節まで首位に立った。しかし第8節で、前シーズン終盤からの好調を維持していた大宮アルディージャが横浜FMをかわし、クラブ史上初の首位に浮上。大宮は第10節まで無敗(8勝2分け)で、前シーズンと合わせて21試合連続無敗のJリーグ新記録を樹立し、第16節まで首位をキープした。

前半戦の折り返しとなる第17節、夏場に入って調子を上げてきた前年王者・サンフレッチェ広島がシーズン初の首位に浮上。一時は独走しかけた大宮は、第15節までに11勝(3分け1敗)を挙げながら、第16節以降は一転して2度の8連敗を含む3勝16敗と極度の不振に陥り、最終的には14位に終わった。広島は第20節まで首位をキープするが、第21節で横浜FMが再度首位に浮上。第22節で再び広島が首位に立ったが、第23節で横浜FMが奪還。優勝争いはこの横浜FMと広島に加え、開幕以降常に2位-4位を維持してきた浦和レッズ、若干離れて鹿島アントラーズセレッソ大阪が追う形で終盤戦を迎えた。

横浜FMは第28節で一度広島に首位を奪われるが、天王山となった第29節の直接対決で広島を下し、シーズン4度目の首位に浮上。以後2位以下を引き離し、第32節時点で2位の浦和に勝ち点4差をつけ、2試合を残してあと1勝すれば他チームの動向に関係なく優勝というところまでこぎ着けた。ところが迎えた第33節、横浜FMはホーム最終戦となったアルビレックス新潟戦に、Jリーグのリーグ戦では史上最多となる62,632人の観衆を集めたが、0対2で完封負けを喫する。同じく第33節で敗れた浦和、C大阪もここで脱落し、横浜FM、広島、鹿島の3チームが最終節に優勝の可能性を残した。

迎えた最終節、鹿島との直接対決を制した広島に対し、横浜FMは川崎フロンターレに痛恨の敗戦(これが2013年シーズン最初で最後の連敗だった)。広島が逆転で、史上4クラブ目となるJ1連覇を達成した。ACL出場権は広島と横浜FMに加え、最終節の勝利で3位に浮上した川崎が獲得。川崎は開幕6戦未勝利からの巻き返しを果たし、大久保嘉人が得点王を獲得した。また天皇杯の決勝に1位広島と2位横浜FMが進出が決定したため、最終節に浦和との対決に勝ち4位に浮上したC大阪も繰り上げでACL出場権を獲得した。

一方の残留争いでは、大分とジュビロ磐田の2チームが開幕から極度に低迷。共に第5節以降一度も降格圏から抜け出すことが出来ず、大分は6試合を残した第28節に、磐田は3試合を残した第31節に降格が確定した。大分はJ1ワースト記録を更新する年間わずか2勝で、史上初となるホーム未勝利を喫する等、4年ぶりのJ1で苦闘。磐田も総失点数56のうちおよそ3分の1にあたる19失点が75-90分に喰らうという終了間際の攻防の脆さを露呈し、年間4勝と苦しんで1994年のJリーグ参入以降初の降格となった。残る1つの降格枠は甲府、サガン鳥栖、湘南等による争いとなったが、後半戦に入り復調した甲府と鳥栖に引き離された湘南が、第32節に2試合を残して降格が確定。自動降格枠が3になった2009年以降、2試合を残して降格チームが全て決まるのは初めての事だった。。

結果[編集]

順位 チーム 備考
1 サンフレッチェ広島 34 19 6 9 51 29 63 優勝
2 横浜F・マリノス 34 18 8 8 49 31 62
3 川崎フロンターレ 34 18 6 10 65 51 60
4 セレッソ大阪 34 16 11 7 53 32 59
5 鹿島アントラーズ 34 18 5 11 60 52 59
6 浦和レッズ 34 17 7 10 66 56 58
7 アルビレックス新潟 34 17 4 13 48 42 55
8 FC東京 34 16 6 12 61 47 54
9 清水エスパルス 34 15 5 14 48 57 50
10 柏レイソル 34 13 9 12 56 59 48
11 名古屋グランパス 34 13 8 13 47 48 47
12 サガン鳥栖 34 13 7 14 54 63 46
13 ベガルタ仙台 34 11 12 11 41 38 45
14 大宮アルディージャ 34 14 3 17 45 48 45
15 ヴァンフォーレ甲府 34 8 13 13 30 41 37
16 湘南ベルマーレ 34 6 7 21 34 62 25 降格
17 ジュビロ磐田 34 4 11 19 40 56 23 降格
18 大分トリニータ 34 2 8 24 31 67 14 降格

関連ページ[編集]