サガン鳥栖

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg サガン鳥栖
英字表記 Sagan Tosu
本拠地 佐賀県鳥栖市
競技場 駅前不動産スタジアム
創設年 1987年
監督 川井健太
所属リーグ J1リーグ
2021 J1リーグ / 7位
クラブライセンス J1

サガン鳥栖日本のプロサッカーチームである。

チーム名[編集]

  • 1987-1994 PJMフューチャーズ
  • 1995-1996 鳥栖フューチャーズ
  • 1997-現在 サガン鳥栖

順位[編集]

過去の順位[編集]


チームの特徴[編集]

  • ホームゲームで相手チームのスタメンを発表する際に、フェアプレーの一環として相手チームに敬意を払うべく、スタジアムDJの呼び掛けのもと鳥栖サポーターが全員立ち上がって相手チームに対し拍手を送ることが恒例となっている。
  • 背番号において、2004年以降各クラブ欠番を設定できるようになってから、大半のクラブはサポーターへの敬意を払うべく12番を欠番としている場合が多い[1]が、サガン鳥栖だけは17番を永久欠番としている。これは制定当時の出場可能人数が16人だった (現在は18人まで登録可) ことに加え、クラブ設立に尽力した坂田道孝の命日が1月7日であることにも因んでいる。
債務超過と主力選手の大量放出

サガンの運営会社である株式会社サガン・ドリームスは、2020年度の決算の純損益が約7億1513万円に上り、約6億9362万円の債務超過となることを2021年4月28日の株主総会で発表した[2]。2020年度は新型コロナウイルスの影響でどのクラブも大幅な収入減になった[3]が、サガン・ドリームスは特定の親会社を持っていない[4]ことが債務超過に追い打ちをかけた。

2021年は前年まで残留争いをしていたチームとは思えないほど序盤から上位争いを繰り広げ、途中失速もあったがJ1リーグを7位で終え、エドゥアルドが優秀選手賞に選ばれた。しかし、そのシーズン終了後には以下の選手が一気に移籍することになった (カッコ内は移籍先) 。

このほか高橋義希が現役を引退し、白崎凌兵の期限付き移籍期間が満了となったため、シーズン終了後に8人が鳥栖を去ったことになる。当然ながら金明輝監督の退任などの事情もあるが、それでも債務超過との関連性も否定できず、シーズン開幕前どころか2021年12月の段階から早くも降格を危惧する声が上がっている。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ただし浦和レッズはこのような欠番を行ったことがない。
  2. J1鳥栖が約7億円の債務超過 竹原前社長が保有する株を譲渡、食品会社が筆頭株主に - 西日本スポーツ
  3. 例えば、リモートマッチ (無観客試合) 開催に伴う入場料収入のゼロや、スポンサー企業の減収に伴う撤退など。
  4. 例えば横浜F・マリノスにおける日産自動車ガンバ大阪におけるパナソニックなど。

関連ページ[編集]

Jリーグ - 2023
J1北海道コンサドーレ札幌 | 鹿島アントラーズ | 浦和レッズ | 柏レイソル | FC東京 | 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | アルビレックス新潟 | 名古屋グランパス | ガンバ大阪 | セレッソ大阪 | 京都サンガFC | ヴィッセル神戸 | サンフレッチェ広島 | アビスパ福岡 | サガン鳥栖 |
J2ブラウブリッツ秋田 | モンテディオ山形 | ベガルタ仙台 | いわきFC | 栃木SC | 水戸ホーリーホック | ザスパクサツ群馬 | 大宮アルディージャ | ジェフユナイテッド千葉 | 東京ヴェルディ | FC町田ゼルビア | ヴァンフォーレ甲府 | 清水エスパルス | 藤枝MYFC | ジュビロ磐田 | ツエーゲン金沢 | ファジアーノ岡山 | レノファ山口FC | 徳島ヴォルティス | V・ファーレン長崎 | ロアッソ熊本 | 大分トリニータ
J3ヴァンラーレ八戸 | いわてグルージャ盛岡 | 福島ユナイテッドFC | YSCC横浜 | SC相模原 | 松本山雅FC | AC長野パルセイロ | カターレ富山 | アスルクラロ沼津 | FC岐阜 | 奈良クラブ | FC大阪 | ガイナーレ鳥取 | カマタマーレ讃岐 | 愛媛FC | FC今治 | ギラヴァンツ北九州 | テゲバジャーロ宮崎 | 鹿児島ユナイテッドFC | FC琉球