藤生明

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤生 明(ふじう あきら、1967年 - )は、朝日新聞記者。

埼玉県生まれ[1]。1991年、朝日新聞社に入社。初任地は本島等市長が右翼に銃撃された直後の長崎。長崎支局、筑豊支局など九州に10年半在籍した後、AERA編集部に10年半在籍。記者・デスクとして石原都政、右派言論、創価学会などの宗教を重点的に取材した。大阪社会部を経て、2014年から東京社会部で専門記者として「右派全般」を担当。右翼と宗教を中心に取材している。現在、編集委員[2][3]

AERA在籍時、日本会議日本青年協議会生長の家などに触れた記事を執筆していた[4]。2016年11月から12月にかけて朝日新聞東京本社夕刊に「日本会議をたどって」(2シリーズ・19回)を連載。AERA時代の取材記録などを参考に加筆した上で、2017年5月に新書として出版した。2018年10月には神社本庁に関する新書を出版した。

著書[編集]

  • 『ドキュメント日本会議』 筑摩書房(ちくま新書)、2017年5月
  • 『徹底検証 神社本庁――その起源から内紛、保守運動まで』 筑摩書房(ちくま新書)、2018年10月

脚注[編集]