伊藤博文

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤博文(いとうひろぶみ、1841-1909)は、初代内閣総理大臣

生涯[編集]

1841年長州(現在の山口県)に生まれる。松下村塾で学び、幕末は尊皇攘夷運動に携わる。明治時代になり、岩倉使節団に副使として参加した。1885年には初代内閣総理大臣に就任した。1888年には辞任し、枢密院の初代議長となった。その後、初代韓国統監も歴任したが、1909年中国[1]ハルビンで暗殺された。合計4回、内閣総理大臣を務めた。

人物像[編集]

  • 金銭的に純真で、賄賂を受けることはなかった。
  • 芸者好きだった。
  • 明治天皇に信頼されていた。
  • 女好きだった。
  • 当時は辛亥革命前なので清朝