佐藤寛行

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 寛行(さとう ひろゆき、1930年7月20日[1] - 1993年12月17日)は、政治評論家[2]、労働評論家[3]。筆名・関屋信太郎(せきや しんたろう)[1]民主社会主義研究会議常務理事、事務局長[4][2]

経歴・人物[編集]

山東省青島市生まれ[1]大分県出身[4]。1954年中央大学法学部法律学科卒業、日本社会党本部(右派)に勤務。1959年10月社会党本部を退職、1960年1月民社党の結党に参画。民社党本部教宣局長、新聞編集局長を経て、1969年9月末に同党本部を退職。この間、社会思想研究会理事・事務局長[2]労働教育研究所理事長[5]。のち民主社会主義研究会議(民社研)理事[5]、1981年事務局長。1993年12月17日、胃がんのため死去、63歳[2]

社会思想研究会第1世代の土屋清が自宅で開いていたゼミに参加していた。田久保忠衛早大在学中に友人の佐藤の紹介で土屋ゼミに参加した[6]。のち「佐藤寛行・冨山功ゼミ」を開き、社会思想研究会の第3世代を育成した[7]

著書[編集]

  • 『日本の政党綱領』(民主社会主義研究会議[民社研叢書]、1977年)
  • 『日本国憲法を考える』(西修共編、学陽書房[学陽選書]、1983年)
  • 『戦後・日本労働運動小史』(大場鐘作共著、再改訂版、日本生産性本部生産性労働情報センター、1991年)

追悼集[編集]

  • 佐藤寛行追悼集刊行会編『追想・佐藤寛行』(佐藤寛行追悼集刊行会、1994年)

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 日外アソシエーツ編『現代日本人名録 第2巻』日外アソシエーツ、1987年
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『改革者』第34巻11号(通巻403号)、1994年2月
  3. 全金同盟30年史編集委員会編『全金同盟30年史――民主的労働運動の構築と大金属産業組織への総結集』全国金属産業労働組合同盟、1982年
  4. 4.0 4.1 佐藤寛行、西修編『日本国憲法を考える』学陽書房、1983年
  5. 5.0 5.1 佐藤寛行 『日本の政党綱領』民主社会主義研究会議、1977年
  6. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(72)後継者編(3-3)(1/4ページ) 産経ニュース(2016年12月10日)
  7. 【湯浅博 全体主義と闘った思想家】独立不羈の男・河合栄治郎(7)沖縄返還前のころ(3/5ページ) 産経ニュース(2015年11月21日)