オリジナル10

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがオリジナル10の項目をおカタく解説しています。

オリジナル10 (オリジナル・テン) とは、1993年日本プロサッカーリーグ (Jリーグ) 開幕当初から参加した10チームのことを指す。

概要[編集]

以下の10チームが該当する。

鹿島アントラーズ (旧:住友金属)

ここだけ日本サッカーリーグ2部からJリーグに加盟した。その加盟にあたっても紆余曲折あり[1]、初代チェアマン川淵三郎が関係者に対し、「住友金属さんの加盟は99.9999%無理ですよ」と言ったこともある。しかし茨城県が、カシマサッカースタジアムの建設を決めたこともあり逆転でアントラーズの加盟が決定したという背景がある。

浦和レッズ (旧:三菱自動車)

JSL時代は江戸川区で活動していたが、浦和市(当時)がプロサッカーチーム誘致を目指したため、Jリーグ加盟に際し、本拠地を移転した。

ジェフユナイテッド市原 (現:ジェフユナイテッド市原・千葉、旧:古河電工)

JSL時代の「丸ノ内御三家」の一角だった古河電工サッカー部に、創設間もないJR東日本が共同出資して発足。

ヴェルディ川崎 (現:東京ヴェルディ、旧:読売日本サッカークラブ)

クラブ発足は1969年であり比較的新しいチームではあったが、三浦知良ラモス瑠偉などの日本代表選手を多く抱えており、日本リーグ優勝・天皇杯優勝経験もある名門。

横浜マリノス (現:横浜F・マリノス、旧:日産自動車)

こちらもクラブ発足は1972年と比較的新しいが、読売クラブと同じく日本代表選手が多く所属しており、天皇杯などで読売とライバル関係を構築してきた。

横浜フリューゲルス (旧:全日空、1998年にマリノスと合併し消滅)

マリノスと対照的に、こちらは1964年横浜市の地域クラブとして発足。これが1984年全日本空輸が出資したことによりプロ化し、またJリーグ加盟にあたって佐藤工業からも出資を受けた。

清水エスパルス (旧:清水FC)

他の9クラブと違い、ここは地域リーグからいきなりJリーグに参戦した唯一のクラブ。

名古屋グランパスエイト (現:名古屋グランパス、旧:トヨタ自動車)

Jリーグ加盟と連動し、本拠地を静岡県裾野市から名古屋市に移転。

ガンバ大阪 (旧:松下電器産業サッカー部)

このガンバの前身となった松下は、ヤンマーディーゼルサッカー部の2軍にあたるヤンマークラブが解散した後に、ヤンマークラブの選手や監督 (に加え大卒選手などもいるが) などによりつくられたクラブである。加えて、当初は奈良県リーグからスタートしたクラブである。

なお、本来の1軍だったヤンマーディーゼルサッカー部も1995年セレッソ大阪としてJリーグに昇格している。

サンフレッチェ広島 (旧:マツダ)

オリジナル10の現状[編集]

2020年シーズンでは千葉と東京VがJ2リーグに、それ以外はJ1リーグに所属している。

2016年に名古屋がJ2リーグに降格したため、現在降格経験がないのは鹿島と横浜FMの2チームのみになった[2]。近年では日産スタジアムで開催される横浜FM対鹿島戦を、「The CLASSIC」のタイトルをつけて開催するようになった。

2012年の広島のJ1リーグ優勝を最後に[3]、オリジナル10の全クラブは (フリューゲルスも含めて) 国内三大タイトル (J1リーグ・Jリーグカップ天皇杯) のいずれかで優勝経験がある[4]

日本でAFCチャンピオンズリーグの優勝経験があるチームは鹿島・浦和・G大阪の3チームで、いずれもオリジナル10の一部である。

2021年、名古屋がJリーグカップで決勝進出を決めたことにより、フリューゲルス以外の9クラブはすべてJリーグカップの決勝進出経験を持つこととなった。

その他の用法[編集]

J2におけるオリジナル10[編集]

1999年J2リーグ発足時に、J2に参加した以下のの10チームを、同様に 「J2オリジナル10」 と呼ぶこともある[5]ジャパンフットボールリーグ (旧JFL) から昇格してきたチームが大半を占める。

コンサドーレ札幌 (旧:東芝堀川町サッカー部、現:北海道コンサドーレ札幌)
前年のJ1参入決定戦アビスパ福岡に敗退し降格したため、J2初年度に参加することとなった。
ベガルタ仙台 (旧:東北電力→ブランメル仙台)
モンテディオ山形 (旧:NEC山形サッカー部)
大宮アルディージャ (旧:電電関東→NTT関東サッカー部)
NTT関東時代、本来ならば1998年末をもって廃部となる予定だった。しかし関係者が本社の役員を説得したことにより、廃部からプロ化に変わることとなった。それにより、大宮アルディージャとしてプロ化の道を歩むこととなる。なお創設はさいたま市発足前である。
FC東京 (旧:東京ガスサッカー部)
JFL時代はJリーグ昇格資格を持たない中で上位に入ることが多かったため、Jリーグへの門番とされることがあった。なお昇格資格を持たなかったため、1998年の旧JFLで優勝したもののJ1に昇格することはできなかった。
川崎フロンターレ (旧:富士通サッカー部)
札幌と同じく、前年のJ1参入決定戦アビスパ福岡に敗退したため、J2初年度に参加することとなった。
ヴァンフォーレ甲府 (旧:甲府サッカークラブ)
アルビレックス新潟 (旧:アルビレオ新潟)
サガン鳥栖
かつては静岡県浜松市を本拠地とし、PJMフューチャーズという名前だった。それが1994年佐賀県に移転し、鳥栖フューチャーズに改名。経営難により1997年に一旦解散するが、多くの人から存続を求められたため、新たに発足したのがサガン鳥栖である。
大分トリニータ (旧:大分FC[6])

脚注[編集]

  1. 既に日立 (現:柏レイソル) 、ヤンマー (現:セレッソ大阪) 、ヤマハ (現:ジュビロ磐田) 、フジタ (現:湘南ベルマーレ) の中から1チームが加盟することが決定的な状況だった。
  2. 各クラブの降格歴は以下の通り。
  3. それ以前に広島は1994年のJリーグ1stステージで優勝したが、JリーグチャンピオンシップでV川崎に敗れ年間優勝を逃している。
  4. このうちJ1で優勝経験があるのが鹿島・浦和・東京V・横浜マ・名古屋・G大阪・広島。Jリーグカップで優勝経験があるのが鹿島・浦和・千葉・東京V・横浜マ・清水・G大阪。天皇杯で優勝経験があるのが鹿島・浦和・東京V・横浜マ・横浜フ・清水・名古屋・G大阪。
    なおJ1で優勝経験がない清水は、1999年の2ndステージで優勝しておりチャンピオンシップに出場経験がある。同じくJ1で優勝経験がない千葉は2005年のJ1優勝争いに最終節まで加わっていた。
    また広島はJリーグカップと天皇杯で優勝経験がないが、どちらも決勝に勝ち進んだことがある。
  5. このうちJ1で優勝経験があるのは川崎のみ。Jリーグカップで優勝経験があるのはFC東京・川崎・大分。天皇杯で優勝経験があるのはFC東京・川崎。
    なおタイトル獲得未経験チームのうち、札幌はJリーグカップの、仙台・山形は天皇杯の決勝にそれぞれ勝ち進んだことがある。
  6. 大分トリニティという愛称があった。