Jリーグカップ-2004

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Jリーグカップ-2004

概要[編集]

16チームが参加し、FC東京が優勝した。

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループA[編集]

順位 チーム 備考
1 東京ヴェルディ1969 6 5 1 0 16 4 16 決勝T
2 横浜F・マリノス 6 3 1 2 5 6 10 決勝T
3 サンフレッチェ広島 6 2 1 3 6 8 7
4 セレッソ大阪 6 0 1 5 2 11 1

グループB[編集]

順位 チーム 備考
1 名古屋グランパスエイト 6 3 2 1 13 8 11 決勝T
2 ガンバ大阪 6 2 2 2 12 12 8 決勝T
3 アルビレックス新潟 6 1 3 2 7 9 6
4 ジュビロ磐田 6 1 3 2 7 10 6

グループC[編集]

順位 チーム 備考
1 浦和レッズ 6 4 0 2 12 7 12 決勝T
2 清水エスパルス 6 4 0 2 8 9 12 決勝T
3 ジェフユナイテッド市原 6 3 0 3 14 8 9
4 大分トリニータ 6 1 0 4 4 14 3

グループD[編集]

順位 チーム 備考
1 FC東京 6 4 1 1 10 6 13 決勝T
2 鹿島アントラーズ 6 3 1 2 8 5 10 決勝T
3 柏レイソル 6 1 3 2 4 5 6
4 ヴィッセル神戸 6 1 1 4 4 10 4

決勝トーナメント[編集]

準々決勝[編集]

チーム 結果 チーム
FC東京 4-1 ガンバ大阪
東京ヴェルディ1969 2-1 清水エスパルス
名古屋グランパスエイト 2-1 鹿島アントラーズ
浦和レッズ 3-2 横浜F・マリノス

準決勝[編集]

チーム 結果 チーム
名古屋グランパスエイト 1-4 浦和レッズ
FC東京 4-3 東京ヴェルディ1969

決勝[編集]

3年連続の決勝進出となった、前回優勝の浦和レッズと、初の決勝戦で初の3大タイトルを狙うFC東京が対戦。FC東京は前半29分にジャーンが2枚目のイエローカードで退場し、浦和は延長戦も含めた120分間で27本のシュートを放つも1得点も決められず、一方のFC東京も8本のシュートを放ちながらも無得点に終わった。延長戦終了後のPK戦をFC東京が4対2で勝ち越し、初優勝を決めた。

チーム 結果 チーム
FC東京 0-0(PK4-2) 浦和レッズ

関連ページ[編集]